おすすめ家電

テレビの選び方・おススメ製品・電気代をご紹介

テレビはテレビジョンの略で、映像と音声を離れた場所に送り、再現する仕組み、およびその受像機器です。原理はFAXと似ていますが、眼の光に対する残像を考えて、1枚の絵を 1/50~1/60秒程度で送っています。

送信側では、分解走査、および光学像を時間的に連続した電気信号に変換しています。受信側では、時間連続を空間的配列に組み立てる組み立て走査、分解走査と組み立て走査との同期を保つ同期装置、電気信号を光学像へ転換する変換装置が必要です。

2012年に地上波のアナログテレビ放送は完全終了し,すべて地上デジタルテレビ放送に切り替わりました。地上波放送は、民間放送(民放)と国営放送(日本放送協会)の2種類です。

民間放送はスポンサーである企業のコマーシャル(CM)などを番組内に放送することで収益を得て、運営します。一方の国営放送は、コストを視聴者からの受信料で賄うことで運営を維持していて、NHKがこれに該当します。

ちなみにNHKという名称は日本放送協会の頭文字から由来するものです。これら地上波放送では「公共の電波」との認識が強く、放送法により厳しく放送規制がされているのが特徴です。

また視聴率やスポンサーの意向がその放送内容にダイレクトに影響を与えます。番組内容は豊富でニュースからバラエティ、スポーツ、ドラマと多様な番組を放送しています。有事の際や国にかかわる問題が起きた際はニュース速報等で視聴者に情報を伝える義務もあります。

衛星放送とは、人工衛星を用いてテレビ放送を行なうことです。赤道上空36,000kmに存在する人工衛星からの電波を中継地点でつなぎ、家庭まで届けることにより放送が可能となります。

これを受信し視聴するには、テレビ受信機の他にパラボラアンテナと専用チューナーが必要です。パラボラアンテナはベランダや屋根などに設置します。この衛星放送は、日本ではBS放送とCS放送の2種類があります。

BS放送は、BroadcastingSatelliteを略したもの、CS放送はCommunicationsSatelliteの略で、これらは用いる人工衛星によって分けられているのです。もともとBSが放送の目的であったのに対しCSは通信の目的として使用されていましたが、1989年(昭和64年)に放送法が改正され、現在はどちらも一般向けの放送が可能となりました。

BS、CS共に高画質でハイビジョンなのと、CSはスポーツや映画など専門性の高いチャンネルが揃っています。

おすすめのテレビをお探しの方は、下記の記事をご参考ください。

家電製品は高度経済成長期に入り、急速に一般家庭へ普及していき、生活を豊かにしてきました。今日では多様な企業が家電作りに参入、各々のメーカーにより開発が進められ、日進月歩で機能が洗練されております。当サイトでは、テレビを購入するうえでチェックするべきポイントを年度ごとに整理し、おすすめの製品をご紹介しております。

テレビの電気代について

家電製品の購入を検討するうえで、どのくらい電気を使い家計に負担をかけるのかは、重要な要素だと考えられます。下記にて、新電力ネット様による集計データに基づき、テレビの電気代に関する諸々の情報をご紹介いたします。

年間の電気代(目安):2227円

※テレビ10製品から平均値を算出
※経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

テレビの省エネ方法

テレビを利用するにあたり、少ない電気代で効率的に運用できる方法をご紹介いたしますので、宜しければご参考ください。

テレビを見ない時は消す。(液晶) 1日 1時間、液晶テレビを見る時間を減らした場合、年間約 450 円の節約になります(目安)
テレビを見ない時は消す。(プラズマ) 1日 1時間、プラズマテレビを見る時間を減らした場合、年間約1530 円の節約になります(目安)
画面は明るすぎないように(液晶) 液晶テレビ画面の輝度を最適(最大→中間)にした場合、年間約 730 円の節約になります(目安)
画面は明るすぎないように(プラズマ) プラズマテレビ画面の輝度を最適(最大→中間)にした場合、年間約 4100 円の節約になります(目安)

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、大幅に電気代を削減できます。2007年製から2013年製に買い替えると、 約61%の省エネになります。(目安)下図のように、2007年製(3900 円)から2018年製(1449 円)に買い替えると、-2451 円(-62.85 %)の電気代削減が期待できます。

年度 年間電気代の目安 削減額
2007年 3900 円 ーー
2018年 1449 円 -2451 円(-62.85 %)

※各年度毎にテレビ5製品から平均値を算出(2018年度の製品が製造されていない場合、直近年度の製品情報から算出)
、経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

大きさによる電気代

一般的に、大画面のテレビほど、電気代が高くなります。大迫力になるほど、テレビの電気代が高くなる傾向にあるといえます。

テレビのサイズ(インチ) 電気代(円)
12~20 990
22~32 1570
37~47 3038
48~60 4125
65~85 7099

※各サイズ毎にテレビ5製品から平均値を算出
※経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

システム・機能による電気代

一般的に、液晶テレビよりブラウン管テレビの方が電気代が高くなります。大迫力になるほど、テレビの電気代が高くなる傾向にあるといえます。

テレビの種類 電気代(円)
ブラウン管 2498
液晶 2046

※各システム・機能毎にテレビ5製品から平均値を算出
※経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

その他のおすすめ家電一覧

本サイトでは、様々な家電のおススメ製品をご紹介しております。もし購入を検討している家電がありましたら、記事が参考になりましたら幸いです。

キッチン家電 電気コンロフードプロセッサーヨーグルトメーカー電気圧力鍋かき氷機ホットサンドメーカー製氷機電気ケトル電気蒸し器電気フライヤーノンフライヤーフィッシュロースターホットプレートIHクッキングヒーターオーブントースターミキサーコーヒーメーカーホームベーカリー整水器冷凍庫食器洗い乾燥機電気ポット電子レンジ炊飯器冷蔵庫
生活家電 電動歯ブラシマッサージチェアロボット掃除機タオルウォーマくつ乾燥機足湯器電動自転車シュレッダーアイロンミシン生ごみ処理機ワインセラー高圧洗浄機衣類乾燥機掃除機洗濯機
暖房・空調機器 扇風機アロマ加湿器電気毛布オイルヒーターハロゲンヒーターセラミックヒーターファンヒーター遠赤外線ヒーター加湿器空気清浄機電気ストーブ石油ストーブガスストーブ床暖房電気こたつ電気カーペットエアコン
照明 シーリングライト電球形蛍光ランプ白熱電球
AV機器・カメラ デジタルカメラ浴室テレビコンポプロジェクターLEDランプテレビ
PC・周辺機器 プリンター
給湯器・住宅設備 温水洗浄便座
美容・健康家電 レディースシェーバー家庭用脱毛器フェイススチーマーカールアイロンストレートアイロンカールドライヤーメンズシェーバードライヤー
その他 電子ピアノスマートフォンデジタルフォトフレームインターホン

親指でんきで2000円分クオカード

Looopでんきと同じ価格のプランです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク

looopでんきで3000円分クオカード

ポイント等のオプションがなく、シンプルに価格が安いプランです。loopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で3000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。具体的なキャッシュバック方法は、こちらをご覧ください。

楽天でんきで1000円分クオカード

楽天ユーザーはポイントが貯まるのでオススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で1000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク