おすすめ家電

【2022年最新版】おすすめの家庭用脱毛器7選 実感!すべすべ美肌!

  • 2018/09/10 公開、2022/01/04 更新

家庭用脱毛器とは、家庭でエステと同じように毛の処理が行える機器です。医療脱毛とは違い、コストパフォーマンスの面で毛の処理に困っている多くの人から注目を浴びています。家庭用脱毛器は手軽さや安心して使用できることから、仕事で忙しい方や肌への負担が心配な方、全身の脱毛を手軽に実感したい方などには非常にお勧めです。今回は男女共に利用したくなるような家庭用脱毛器を紹介します!

家庭用脱毛器とサロン専用脱毛器の違い

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は安全性の配慮や誰にでも使える汎用性の高さから照射パワーが医療用脱毛器に比べ弱めに設定されており、何度でも使用できます。また、照射パワーが弱いため、照射後の肌への負担を軽減できるといった特徴があります。そのため、敏感肌の方などでも安心して利用できるといった特徴があります。複数回行う必要がありますので、時間はかかりますが肌の負担少なく脱毛できます。一方で家庭用脱毛器は照射パワーの弱さ故、永久脱毛はできません。本格的に脱毛したい方には不向きと言えます。しかし、所持していれば半永久的に使えるため、照射を継続すればムダ毛の処理などを容易にできます。

医療用脱毛器

医療用脱毛器は照射パワーが強いため資格を有した医師のみ使用できます。また、照射パワーが強いため、永久脱毛も期待できます。値段は張りますが、高価格に見合った脱毛効果が期待できます。また、1日の施術で強力な脱毛効果を得られるので、短い時間で脱毛できます。一方、1回あたりの照射パワーが極めて強いため、どうしても数日間は赤みが出てしまい、敏感肌の方などは炎症を起こしてしまう場合もあります。

家庭用脱毛器のメリット

気軽で簡単にできる

医療用などと異なり病院やサロンへ行く手間が省けます。また、一度の照射が10〜20分のため、仕事で医療機関に通う時間が確保できない方なども時間を選ばず、短時間で出来ます。医療用に比べ赤みが出ても軽度のため脱毛直後の予定なども考慮しやすいです。

誰でも安心して使える

一度の照射パワーが弱めに設定されているため、敏感肌の方でも用法を守れば基本的に炎症を起こさずに使用できます。

半永久的に使える

カートリッジ交換タイプであれば一度購入して仕舞えば何度でも様々な部位に使用できるため、定期的な使用を心掛ければ、脱毛を継続して行うことができる。また、気になった部位などがあれば追加費なしでいつでも脱毛を開始できます。

失敗しない家庭用脱毛器の選び方、ポイントは?

たくさんの家庭用脱毛器がある中で、どれを選べばいいのか迷いがちです。そこで、家庭用脱毛器選びで迷っている方の参考になるように、注意すべきポイントや絶対に抑えておきたい点をまとめました。使用部位や照射パワー、照射範囲、機器のコストなどご自身の目的に合わせた家庭用脱毛器をぜひお探してみてください。

脱毛方法

「レーザー脱毛」は、レーザーで毛の毛根にダメージを与え、毛が生えるのを抑制する方法です。医療レーザー脱毛と仕組みは変わらないですが、パワーにおいても小さくなっているため、家庭でも安心して利用できます。痛みは出ますが、太い毛にも効果的です。しかし、医療用の大出力のものと異なり、永久脱毛はできません。また、照射できる面積が狭いので時間がかかる場合もしばしあります。

「光脱毛」とは光を当てて毛根にダメージを与え、毛が生えるのを抑制する方法です。レーザー脱毛と仕組みは同じですが、光の強さが弱いため、広範囲に短時間で脱毛することが可能です。痛みはレーザー脱毛ほどではなく、また太い毛や産毛など、どちらの毛にも効果的です。

「サーミコン脱毛」は、熱で毛を焼ききるような方法です。人によっては痛い、熱いなどという場合もあり、個人差があります。脱毛というより除毛という表現が合うような、手軽な脱毛方法です。処理はシェーバーのように使用するため手短に行えます。

脱毛部位

たくさんある家庭用脱毛器の違いの1つとして挙げられるのが、脱毛可能な部位の違いです。顔全体が出来るものもあれば、口周りのみ可能など、細かく指定がされている場合もあります。自分が行いたい部位が出来るものなのか、同じ性能や値段でも脱毛可能部位が違っていないかなど見定めるのも必要です。

照射面積

家庭用脱毛器における機器ごとの違いの一つに照射面積があります。この照射面積の大きさは照射回数に影響する他、一度の脱毛における時間にも直接影響するため、コストや効率を考える上で外せない項目の一つです。また、脱毛不可部位に近い部位を照射する場合などは面積が広いと照射しにくいなどデメリットになる場合もあるため、用途に合わせた照射面積を選ぶ必要があります。

照射強度

家庭用脱毛器は、照射強度を選べるものがあります。照射強度が選べることで、肌への負担が大きかった場合は強度を弱めたり、効果が薄い場合は強度を強めたり状況に合わせた使用ができます。そのため、標準強度での効果に応じた強度の変更ができ、強度変更ができない機種に比べて自分に合った脱毛を行うことができます。他にも、照射部の皮膚の厚さなどに応じて照射強度が変更できるといったメリットもあります。しかし、デメリットとして強度を強くすると一度の照射パワーが高くなり照射回数が減少してしまうという点があるので注意が必要です。

カートリッジの種類

カートリッジとは、家庭用脱毛器の光やレーザーを当てる部分の先端のことを言います。そのカートリッジには使い捨てタイプと、交換すれば使用できるものがあります。使い捨てタイプですと、カートリッジを使い切った場合、本体も全て買い直さなくてはなりません。そのため交換して使い続けることが出来るものを購入した方が、長い目で見てコストパフォーマンスも良いといえます。

照射回数

家庭用脱毛器はいずれの機種も照射回数が設定されています。家庭用脱毛器は本体交換式とカートリッジ交換式の2種類があり、照射回数の上限になると本体交換式では本体ごと交換、カートリッジ交換式ではカートリッジの交換が必要になります。カメラを例に例えると本体交換式は使い捨てカメラのようなもので、カートリッジ交換式はSDカードを交換するようなものです。そのため、カートリッジ交換式はカートリッジを交換すれば半永久的に使えます。また、費用はカートリッジ交換式も本体交換式も大差はないため、今後の使用期間の長さや使用頻度、目的に合わせた購入をする必要があります。

重さ

女性目線からすると、自分で脱毛を行う際には製品自体の重さが重要となります。バッテリーが内蔵されているものは、重くなる傾向にあります。

美顔機能などのオプション

製品によっては、美顔機能つきの家庭用脱毛器も数多くあります。今の家庭用脱毛器は毛の処理を手伝ってくれるだけではなく、お肌も綺麗にしてくれます!主に肌のターンオーバーの促しの手助けをしてくれたり、ニキビ・そばかす・毛穴の改善など、女性にとってはありがたいケアが盛りだくさんの製品があります。

おすすめの脱毛器7選
エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、「脱毛方法」「脱毛部位」「照射面積」「照射強度」「カートリッジの種類」「照射回数」「重さ」「オプション」「コストパフォーマンス」を主な評価基準とし、7種類のおススメの脱毛器を厳選してご紹介いたします。質・コストパフォーマンスの高い脱毛器と想定しております。
ブラウン 光美容器 シルクエキスパート ホワイト Pro5 PL-5014

デザインの高級感が印象に残るブラウンの光美容器です。男性もレビューしており、剛毛でもかなり効果があるとのことです。痛みのレベルは人それぞれですが、痛みを考慮しても「買い」です。多くの人が「もっと早く買えばよかった」とレビューする最高の光美容器です。

BoSidin 脱毛器 フラッシュ式

顔、腕、脚、脇、VIO、ヒゲなど全身対応の光美容器です。冷却機能を備えており、痛みを最大限和らげたうえで脱毛することができます。アフターサポートに対する評価も高く、初めてで不安という方にぜひおすすめしたい製品です。デザインは高級感があり、プレゼントにも適しています。

Ulike Air+ 脱毛器 サファイア冷感脱毛器
Ulike Air+ 脱毛器 サファイア冷感脱毛器
  • Ulike
  • 価格   ¥ 39,000(2022年1月4日時点)

Ulikeは中国で急成長している脱毛器メーカーです。対象としているのは品質にこだわる高所得者層となっており、安心できる品質を提供しています。特に「刺激が少ない」「痛みをあまり感じない」というレビューが多く、効果はもちろんながら個人差があるのですが、こちらもおすすめできる製品です。

CYDEN 光美容器 SSBARE-PLUS-BLK ブラック
CYDEN 光美容器 SSBARE-PLUS-BLK ブラック
  • SmoothSkin(スムーズスキン)
  • 価格   ¥ 24,800(2022年1月4日時点)

パソコンのマウスのような、まるで高級感のあるゴキブリのような見た目です。凹凸のある箇所は反応しづらいため慣れが必要ですが、基本的には問題なく使えます。

Sarlisi 脱毛器

9段階の調節が可能です。レビューを確認したところかなりの人が効果を実感している模様です。マイナス点を強いて取り上げるなら、照射後のインターバルが2~3秒あるため、広い範囲で実施するのは向いていないという点です。効果は出るようなので、根気強く取り組むことをお勧めいたします。

INNZA 脱毛器

こちらも個人差はありますが、効果を実感しているというレビューが多く見られました。かなり安価なので入門として選ぶとよいのではないでしょうか。

パナソニック 光美容器 光エステ ES-CWP82-S

ボディ・フェイス・ビキニと場所に応じてアタッチメントを使い分けることでより効果的に処理することができます。肌色にあわせて出力レベルをおすすめしてくれるため初めてでも安心して使えます。

オススメ家電のご案内

エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、様々な家電のオススメ商品をご案内しております。調査した家電一覧は下記表にて整理しておりますので、皆さまが現在ご購入を検討している家電がございましたら、ぜひとも記事をご覧いただけますと幸いです。
キッチン家電 電気コンロフードプロセッサーヨーグルトメーカー製麺機電気圧力鍋かき氷機ホットサンドメーカー製氷機電気ケトル電気蒸し器電気フライヤーノンフライヤーフィッシュロースターホットプレートIHクッキングヒーターオーブントースターミキサーコーヒーメーカーホームベーカリー整水器冷凍庫食器洗い乾燥機電気ポット電子レンジ炊飯器冷蔵庫
生活家電 電動歯ブラシマッサージチェアロボット掃除機布団乾燥機 ズボンプレッサーくつ乾燥機足湯器電動自転車電動シュレッダーアイロンミシン生ごみ処理機ワインセラー高圧洗浄機衣類乾燥機掃除機洗濯機
暖房・空調機器 扇風機アロマ加湿器電気毛布オイルヒーターハロゲンヒーターセラミックヒーターファンヒーター加湿器空気清浄機電気ストーブ石油ストーブガスストーブ電気こたつ電気カーペットエアコン
照明 LED電球白熱電球電球形蛍光ランプ
AV機器・カメラ テレビデジタルカメラ浴室テレビコンポプロジェクター
PC・周辺機器 プリンター
給湯器・住宅設備 温水洗浄便座
美容・健康家電 レディースシェーバー家庭用脱毛器フェイススチーマーカールアイロンストレートアイロンカールドライヤーメンズシェーバードライヤー
その他 電子ピアノデジタルフォトフレームインターホン

[Japan電力]基本料金0円でお得

Japan電力のプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。多くの電力会社は基本料金を設定しており、毎月一定の料金が発生しますが、Japan電力ではその部分の支払い負担がなくなります。基本料金のコストを削減したい方におススメです。

Japan電力について

[idemitsuでんき]オール電化で最高峰

idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。オール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。

idemitsuでんきについて

[ENEOSでんき]都市ガスがお得

石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、電気/ガス料金プランのセットがおススメです。特に都市ガスが単体でも特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、電気とガスをENEOSにまとめることで大幅な光熱費削減が期待できます。

ENEOSでんきについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口