Looopでんきのキャンペーンコード、クオカード「12,000円分」プレゼント

Looopでんきのキャンペーン

当サイトでは、Looop公式ページにてLooopでんきにお申込みの際、キャンペーン用コード「1gjfit」をご入力いただくことで、12,000円分のクオカードを郵送するキャンペーンを実施しています。Looopでんきお申込みの際、紹介者コード欄にご入力いただくことでキャンペーン適用となりますので、この機会にぜひともご利用ください。なお、電気料金プランの切替方法が分からない方は、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページをご覧ください。

提供元 料金プラン キャッシュバック額 キャッシュバック用URL
Looop looopでんき スマートタイムONE:12,000円(クオカード郵送) looopでんきのHP

キャンペーン期間は「2024年6月1日~2024年6月30日」となります。
上記キャッシュバック用URLよりLooopでんきの公式ページを開いていただくことで、お申込の際に正確なコードが必要箇所に自動入力されます。
現在Looopでんきをご利用の方で引っ越しされる場合、マイページの住所変更ページより「紹介事業者コード」欄に「1gjfit」をご入力ください。
キャンペーンの適用・受取条件等はコチラをご確認ください。

キャンペーンが適用されないケース

※Looopでんきの利用開始日から3ヶ月以内に当該プランとの契約を解約した場合

※当サイト(電気プラン乗換コム)以外のページから申し込んだ場合

※同一の建物・部屋において、お客様が過去にLooopでんきを利用したことがある場合

Looopについて

「Looopでんき」を提供するLooop社は、東日本大震災で被害を受けた宮城県の石巻市と気仙沼市にソーラー発電セットの無償設置を実施したことがきっかけとなり、設立された会社です。2023年3月末には「Looopでんき」の販売件数が26万件を突破しており、現状で全電力会社の中でも上位5%に入る家庭向け電気の販売量を持つ巨大な電力会社となります。

ただ、2011年4月の設立当時は草の根的な活動で規模も決して大きくなく、設立から半年後の9月に楽天市場にて独立型ソーラー発電セットを販売開始する形でビジネスを徐々にスタートしていきます。その3ヶ月後には山梨県北杜市にてLooop社員や集まった有志により自社発電所の設置を実施するなど、小規模ながらも少しずつ前進していきました。

設立8ヵ月後の2011年12月にPV Japan2011に初出典し、「My発電所キット12」という新製品を販売開始したことで業界の注目を集めました。「MY発電所キット」は部品セットに価格が付いており、施工はユーザーに任せている商品です。自ら施工するにせよ、施工業者に別途依頼するにせよ、一部のユーザーにとっては価格を抑えやすい点が好評でした。ニッチな製品ではありますが、その新しいコンセプトから特定の企業等のニーズをつかみヒットしたことでLooopの業績が飛躍的に伸びました。

その後も「電力分野」のみを追求し、エネルギーに特化した高度な専門性を持つ技術集団として、特に自然エネルギーの普及につながるビジネスを一貫して長年続けています。例えば太陽光発電はこれまで「周辺環境に配慮」した太陽光発電所の建設を通し、自然エネルギーの普及を推進してきました。本ページにてご紹介している「Looopでんき」については、より大勢の方に「自然エネルギーをもっと身近に感じてもらいたい」という考えを実現するサービスとして、さらなる挑戦として位置付けているようです。

「Looopでんき」については、2015年10月に経済産業省による登録小売電気事業者の認定を受け、本格稼働を開始しています。電力の小売が全面自由化された2016年4月の時点では、関東、中部、関西といったエリアのみが対象でしたが、極めてお得なプランが人気を集め、2020年7月には全国へ供給可能な体制を作りました。特に沖縄エリアは、他のエリアと異なり長距離の海を挟むので地域間連系線で結ばれておらず、そのため名の通った大きな電力会社でも対応不可な企業が多い中、Looopは沖縄にも供給可能な体制を構築しており、その専門性・技術力の高さが伺えます。

電力の提供地域 全国(一部離島をのぞく)
解約金 0円
公式URL LooopでんきのHPはこちら

なお、Looop社は外部からの評価も高く、例えば2013年2月には、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14005の認証を取得、同年9月に「ASPICクラウドアワード2013ベスト環境貢献賞」を受賞しています。

2014年3月には、東京都信用金庫協会・しんきん協議会連合会・東京事業経営者会主催の「平成25年度 優良企業表彰式」で特別奨励賞を受賞しています。そして2016年には、EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2016 ジャパンで特別賞を受賞するほか、三井住友銀行「SMBC環境配慮評価融資」に認定されるなど、数多くの評価を得ています。また、2018年9月には、中部電力との資本業務提携を実現しており、企業基盤もより強固になっています。

その他、海外からも評価される行動を起こしており、一つの事例を挙げますと、2013年11月にフィリピンを大型台風が直撃したのち、たったひとつの火力発電所が壊れてしまったモロカボという離島にLooopのソーラー発電所を寄付しています。Looopの設立は、東日本大震災の際にソーラー発電セットの無償設置を実施したことが原点なので、同様の行動を海外に対しても行っている形になっています。なお、現地のメディアによる取材もあり、モロカボの島民の方々に歓迎してもらえた様子が伺え、日本の企業として海外からも評価されるような行動を起こしていると言えます。

Looopは、堅実に「Looopでんき」の販売数を伸ばしたことで海外にも進出する余力が生まれ、2019年6月にはレバノンに現地法人を設立しています。海外にエネルギー関連製品を輸出等することで、日本経済の発展に貢献していくことが見込まれます。

しかしながら、LooopのHPによるとLooop社のCO2排出係数は0.000482t-CO2/kWであり、特段良い数字ではありません。環境省が集計している「電気事業者別排出係数」では代替値(平均的な電源)が0.000441t-CO2/kWのため、平均より排出量が若干多い結果となっています。

あらゆる企業が家庭向けの電気を販売できるようになった全面自由化から、まだ数年しかたっていないので、Looop社もお客様メリットを提供しつつCO2の削減を両立することは困難と見て取れます。しかし、Looop社も徐々に顧客が増え、企業基盤も固まってきているので、今後は企業理念に則り、CO2・大気汚染改善・クリーンエネルギービジネス等の観点から日本に貢献していくことが期待されます。

基本料金0円の「スマートタイムONE」

Looopでんきの大きな特徴の1つとして、基本料金が0円という部分が挙げられます。通常の料金プランであれば、全く電気を使わない場合でも、基本料金を支払う必要があります。ただし「Looopでんき」には基本料金がないので、使った電気の利用部分だけの支払いとなります。

また「スマートタイムONE」の電力量料金は「毎月固定の料金単価」をベースとして「30分毎にかわる料金単価」を合算することで算出されます。これまでの多くの料金プランは「燃料費調整額」により、原油等の燃料価格によって単価が上下しておりましたが、「スマートタイムONE」では燃料価格ではなく、30分毎の電力価格によって単価が変動します。

「燃料費調整額」のベースとなる燃料価格については、財務省の発表する貿易統計による原油・石炭・LNGの直近3ヶ月価格をベースとして算出されておりましたが、電力価格はJEPXにおける電力の卸価格となっております。JEPXでは各電力会社によって日々電気の取引が行われており、多くの電力会社がJEPXにて売買した電力を活用しお客様に電力供給しています。

そのため、「スマートタイムONE」の料金単価構成は、①基本料金、②電力量料金(「固定単価」と「変動単価」)の2つに大別されます。また変動単価については、あくまで参考程度となりますが、過去実績として2006年~2022年の24時間平均の値を算出すると、日本全体で凡そ13~14円/kWh程度となります。またエリア毎に多少のバラツキがありますので、大枠を下記表に整理しておりますのでご参考ください。

エリア 基本料金 電力量料金 燃料費調整額
(燃料価格に連動)
固定単価 変動単価
(電力価格に連動)
北海道電力 0円 16.17円/kWh 14.63円/kWh 0円/kWh
東北電力 0円 16.84円/kWh 14.05円/kWh 0円/kWh
東京電力 0円 15.28円/kWh 14.17円/kWh 0円/kWh
中部電力 0円 16.07円/kWh 13.50円/kWh 0円/kWh
北陸電力 0円 15.09円/kWh 13.40円/kWh 0円/kWh
関西電力 0円 14.39円/kWh 13.42円/kWh 0円/kWh
中国電力 0円 15.96円/kWh 13.44円/kWh 0円/kWh
四国電力 0円 15.91円/kWh 13.40円/kWh 0円/kWh
九州電力 0円 15.87円/kWh 12.52円/kWh 0円/kWh
沖縄電力 0円 18.88円/kWh 13.57円/kWh 0円/kWh

※固定単価については2023年4月1日時点の単価情報となります
※消費税込(10%)となります
※変動単価については、2006年~2022年のJEPX24時間平均値をベースとして、2023年4月適用の託送条件にて算出しております
※別途再エネ賦課金が発生します
※家庭向けのスマートタイムONE(電灯)の情報となります。法人・業務用の動力プラン等につきましてはLooopのHPをご確認ください。

再エネ賦課金について

補足として上記のほか、Looopの料金プランも含め、電気料金には日本の制度上「再エネ賦課金」という費用が別途発生することとなります。この再エネ賦課金の単価は法律によって定められており、いずれの電力会社であっても再エネ賦課金の金額は同一となります。

詳細には、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」という法律に基づいて単価が設定されております。毎年、国の委員会にて年度ごとの再エネ賦課金単価が検討され、経産省より毎年発表される形です。再エネ賦課金の推移は新電力ネットをご参考ください。また、制度の概要については経済産業省のHPをご参照ください。

北海道から沖縄まで日本全国で使える

Looopでんきは、北は北海道から南は沖縄まで日本全国で電気料金プランをご利用いただけます(一部離島を除きます)。具体的には、北海道電力エリア、東北電力エリア、北陸電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア、沖縄電力エリアでLooopでんきを利用できます。

東京ガスエリアでは都市ガスも利用可能

Looop社は2019年9月30日より「東京ガスエリア」のみになりますが、お得なガスプランも提供しています。Looopのガスは基本料金・従量料金が一定となっており、また電気とのセット契約によって電気の料金単価が1円/kWh割引となります。

解約料も無料

一部の電力会社は違約金を設定しており、例えば1年以内の解約で〇〇〇〇〇円といった思わぬ出費やトラブルにつながることがあります。しかし、Looopの電気料金プランは、いつ解約しても0円なので安心です。

電気の品質も全く同じ

ご存知の方も多いと思いますが、経済産業省 資源エネルギー庁のHPにも記載のあるように、Looopでんきに切り替えても、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということは一切ありません。契約をLooopに切り替えても、これまでと同じ送電網を使って同じ電気が届けられますので、電気の品質や信頼性は全く変わらず、今まで通り安心してご利用いただけます。

Looopでんきへのお申込み

当サイトではLooopでんきへのお申込みで12,000円のクオカードによるキャッシュバックを実施する限定キャンペーンを実施しております。手順等につきましては下記をご確認ください。

キャンペーンの適用条件

  • Looopでんきにお申込みの際、キャンペーン用の専用コード「1gjfit」を入力し、お申込ください(「紹介者コード」に入力)。
    下記ボタンからLooopでんきの公式ページを開いていただくことで、お申込の際に正確なコードが必要箇所に自動入力されます。
    現在Looopでんきをご利用の方で引っ越しされる場合、マイページの住所変更ページより「紹介事業者コード」欄に「1gjfit」をご入力ください。

キャンペーンが適用されないケース

※Looopでんきの利用開始日から3ヶ月以内に当該プランとの契約を解約した場合

※当サイト(電気プラン乗換コム)以外のページから申し込んだ場合

※同一の建物・部屋において、お客様が過去にLooopでんきを利用したことがある場合

クオカード受取について

looopでんきへお申込の直後、looop社から申込完了の自動返信メールが届きます(既にLooopでんきをご利用の方で引っ越しの場合は接続供給開始のメールをご利用ください)。そのメールが届いた時間(例:2018年7月13日17時32分)と②お申込の電力会社名(looop)の2つを記載の上、「cashback@price-energy.com」までメールしてください。

そのメール送付から5営業日以内に、当事務局からキャッシュバック申請の専用フォームURLを送付いたしますので、フォームにクオカードの郵送先などをご入力ください。その後、申請日から3~4ヶ月程度を目安に、当事務局からクオカードを発送いたします。

※「@price-energy.com」ドメインのアドレスより、キャッシュバック用のメールをお送りします。

※クオカード受け取りの有効期限は、Looopでんきの利用開始日から365日以内となります。

  • 本キャンペーンは、予告なく変更、終了、または変更なく期間が延長される場合があります
  • 当社では各電力会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接電力会社のサイトでご確認ください
おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ