四人暮らしの平均的な月あたりの支出
四人暮らし
平均電気代
13,532
家計の支出平均
323,324

四人暮らしにおける電気・ガス・水道料金の平均は?

皆様は、毎月支払っている光熱費が平均と比較してどの程度の水準であるかご存知でしょうか。そうした光熱費の平均額に関するデータについては、総務省統計局による「家計調査」に推定値が記されており、高精度な統計情報として参考にできます。

ただし、「家計調査」は日本の全世帯に対する調査ではなく、ある一定の数のご家庭などから取得したデータを元に、日本全体の数値を推定したものであるため、厳密には正確な平均値ではありません。しかし、国内に存在するデータの中では最高水準の正確性と信頼性を持っていると考えられます。

このように厳密な平均値ではないものの、この「家計調査」より抽出したデータを参考に集計し、下記にておおよその光熱費の平均値や家計に占める割合を整理しております。この料金をご参考いただくことで、皆様がお支払いの光熱費がどの程度の水準であるかご確認いただくことができます。

なお、家計調査による2023年のデータを参照すると、平均的な電気代は13532円、ガス代は5284円、その他光熱費(灯油・薪等)は797円、水道代は6042円という結果になりました。年別の金額推移については下記をご覧ください。また、各光熱費におけるエリア・世帯人数・季節別データをご覧になりたい方は、下記リンクをご参考ください。

四人暮らしの平均的な電気代の推移

平均電気代 電気代が家計に占める割合
2007年 9832円 3.00%
2008年 10574円 3.15%
2009年 10281円 3.16%
2010年 10533円 3.29%
2011年 10180円 3.25%
2012年 11130円 3.51%
2013年 11819円 3.62%
2014年 12152円 3.73%
2015年 11843円 3.76%
2016年 10867円 3.45%
2017年 11239円 3.59%
2018年 11719円 3.60%
2019年 11761円 3.47%
2020年 11788円 3.74%
2021年 11376円 3.55%
2022年 13948円 4.22%
2023年 13532円 4.19%

四人暮らしの平均的なガス代の推移

ガス代(月間) ガス代が家計に占める割合
2007年 6333円 1.93%
2008年 6609円 1.97%
2009年 6268円 1.93%
2010年 6175円 1.93%
2011年 5936円 1.89%
2012年 6204円 1.95%
2013年 6015円 1.84%
2014年 6190円 1.90%
2015年 6115円 1.94%
2016年 5276円 1.68%
2017年 4911円 1.57%
2018年 5036円 1.55%
2019年 5129円 1.51%
2020年 5202円 1.65%
2021年 4882円 1.53%
2022年 5427円 1.64%
2023年 5284円 1.63%

四人暮らしの平均的な他の光熱代の推移

他の光熱費(月間) 他の光熱費が家計に占める割合
2007年 1640円 0.50%
2008年 1826円 0.54%
2009年 1189円 0.37%
2010年 1250円 0.39%
2011年 1521円 0.48%
2012年 1655円 0.52%
2013年 1518円 0.46%
2014年 1482円 0.45%
2015年 1039円 0.33%
2016年 749円 0.24%
2017年 966円 0.31%
2018年 1044円 0.32%
2019年 889円 0.26%
2020年 833円 0.26%
2021年 754円 0.24%
2022年 1005円 0.30%
2023年 797円 0.25%

四人暮らしの平均的な水道代の推移

水道代(月間) 水道代が家計に占める割合
2007年 5848円 1.78%
2008年 5732円 1.71%
2009年 5728円 1.76%
2010年 5847円 1.83%
2011年 5790円 1.85%
2012年 5813円 1.83%
2013年 5900円 1.81%
2014年 5904円 1.81%
2015年 5978円 1.90%
2016年 6044円 1.92%
2017年 6071円 1.94%
2018年 5965円 1.83%
2019年 5953円 1.76%
2020年 6298円 2.00%
2021年 6465円 2.02%
2022年 6196円 1.88%
2023年 6042円 1.87%

四人暮らしの平均的な家計の支出全体

家計支出平均(月間)
2007年 327848円
2008年 335552円
2009年 325326円
2010年 319743円
2011年 313698円
2012年 317474円
2013年 326668円
2014年 325871円
2015年 314903円
2016年 314599円
2017年 313151円
2018年 325690円
2019年 338650円
2020年 315402円
2021年 320090円
2022年 330355円
2023年 323324円

電力会社・ガス会社を切り替えて光熱費を抑えよう!

毎月支払う必要のある光熱費はできる限り金額を抑えたい方も多いと思います。その点、当サイトは国内3000以上におよぶ電気料金プランを調査し、その中からオススメの電力会社・プランを厳選してご紹介しております。年間の電気代の支払いを数千円~数万円安くできる可能性があるほか、お申込みの際に使えるお得なキャンペーンコード等もご紹介しております。電気料金プランの切替方法が分からない方におかれましては、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページを用意いたしましたのでご覧ください。

LPガスをお使いの方におかれましては、「ガス屋の窓口」をご案内差し上げます。「ガス屋の窓口」はLPガスの料金削減に特化した専門サービスであり、提携している90社の中から最適なLPガス会社を紹介いたします。ガス料金の明細をお手元に用意いただければ、10秒診断で簡単にガス料金が比較できるほか、場合によってはガス料金が半額になるケースもあります。当サイトでは、「ガス屋の窓口」公式HPにて一括見積をお申込みの際、キャンペーンコード「1gascord」をご入力いただくことで、10000円分のクオカードをキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

都市ガスをご利用の方におかれましては、オススメの都市ガス会社も紹介しております。電気と都市ガスのセット割引でお得な電力会社をご案内差し上げます。この機会に「電気とガス」の料金プランを見直し、毎月の光熱費を抑えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ