おすすめ家電

【2020年最新版】おすすめの電動シュレッダー8選 

  • 2018/09/19 公開、2020/09/20 更新

シュレッダーとは

シュレッダーとは不要になった書類を細かく裁断し、処分するための機械を指します。シュレッダーを使用することで、書類に記載されたプライバシーや、機密事項などの情報漏えいを未然に防止するために用います。主にビジネスに向けた機器でしたが、最近は家庭向けのシュレッダーも普及するようになりました。

まずシュレッダーには自動タイプのものと手動タイプのものが存在します。それぞれの違いを下に簡単にご説明しますが、こちらの記事では電動のシュレッダーを取り上げさせていただきます。

手動タイプ

手動タイプはレバーなどを回して書類を裁断します。メリットとしては、電源を必要とせず、どこでも使用できる点、モーター音がしないため静かな点、手動で機械などが搭載されていないため比較的軽量な点、価格帯的にも安価な点が挙げられます。デメリットとしては電動式と比べると処理速度が落ちるため大量処理に向かない点、たくさん処理する際に体力を消費するという点が挙げられます。業務用であれば、電動シュレッダー一択ですが、家庭で使用する場合、ハンドシュレッダーが有効な場合もあります。

電動タイプ

電動タイプは書類を入れると自動で裁断します。パワーがあるため、大量の書類をスピーディに処理できるので、オフィスでの使用はもちろん、使用頻度が多い方の場合は電動タイプを選ぶのが良いでしょう。市場に出回っているシュレッダーは電動のものが大半ですメリットとしては、手動タイプに比べて処理能力が高い点、種類が多く、購入するときの選択肢が多いためバリーエーションに富んでいる点が挙げられます。

デメリットとしては、電動のため、電源がない場所でしか使用できない点、連続使用時間を過ぎると、モーターを冷やす時間が必要になる点、電化製品であるためサイズがそれなりに大きく、電気代の負担や機械音が出てしまうという点が挙げられます。しかし機能性の高い製品によってはこれらのデメリットをカバーするものや、+αで便利なオート機能などが完備されたものもあります。

シュレッダーを選ぶ際のポイント

大事な情報が漏れないようにするために少しでも性能のよい製品を選びたいものです。と言っても様々なシュレッダーが販売されており、ラインナップが豊富なので迷ってしまいますよね。シュレッダーを選ぶ際にぜひ参考にしてもらいたいポイントをご紹介します。

ダストボックスの容量の大きさ

シュレッダーを選ぶ際には皆さんのニーズによって異なると思います。会社で使用するという人は大きいシュレッダーを使用する人が多く、家で使用する人は小さいシュレッダーを使用するのを好む人が多いと思います。

ダストボックスが大きいシュレッダー

ダストボックスの容量が大きければ大きいほどゴミ捨てに行く回数が減りますが、持ち歩きには不向きになります。ダストボックスが大きいと容量が大きいシュレッダーになるため、値段が高くなりやすくなりますので値段の面も選ぶポイントになります。

ダストボックスが小さいシュレッダー

ダストボックスの容量が小さいとゴミ捨てに行く回数は増えますが、持ち歩きやすくなります。ダストボックスが小さいと容量が小さいシュレッダーになるため、ダストボックスが大きいシュレッダーに比べて値段が安くなりやすいです。

裁断速度

裁断速度が速いものほど、短い時間で処理することが可能になります。処理する紙の量が多い場合は、速度の速い機械を選ぶのが良いでしょう。

裁断サイズ

裁断後の紙片の大きさで選びます。紙片のサイズが小さくなるほど、機密保持能力は高くなり、ゴミを捨てに行く回数が減ります。裁断サイズが大きいと裁断後に機密保持能力が低くなり、ゴミを捨てに行く回数が増えます。

最大投入幅

投入口の幅を確認し、処理したい紙のサイズに合わせて投入できる幅を選ぶのが良いでしょう。サイズによっては自分が裁断したい書類が入らないものもあるため、自分に適した投入幅のシュレッダーを選ぶことがポイントです。

カット方法

シュレッダーというと全て同じカット方式かと思いきや、大きく「ストレート」「クロス」「スパイラル」「マイクロ」「メディア」に分かれ、それぞれメリットやデメリットがあります。

1.ストレートカット

用紙を単一方向に細長く細断するシンプルなカット方法。手動やお手ごろな製品にこのカット方式が多く採用されています。シンプルなカット方法で一段カッターなので耐久性に優れています。またカットで出たゴミの散らばりが少なく、比較的処分しやすいです。一方で書類の文字方向と同じ向きで投入すると、一行が繋がったままカットされるので、情報を復元しやすい恐れがあります。カットで出たゴミはかさばりやすく、頻繁にダストボックスの交換をしなければなりません。

2.クロスカット

ストレートカットに付け加え、一定の間隔で横方向にもカットする機能が付いたもの。別名で「ワンカットクロス」と呼ばれることも。デスクの上で使えるコンパクトなものから業務用のものまで幅広くこのカット方式が使われており主流となっています。ストレートカット方式より複雑にカットするため、セキュリティレベルはアップします。一方で、細かく刻むのでゴミが散らばりやすい点がデメリットです。

3.スパイラルカット

明光商会が販売しているシュレッダーの裁断方式です。縦にストレートカットした後にスパイラルカッターで横にもカットします。性能が高いため、業務用シュレッダーに使われており、家庭向けの製品には採用されていません。上記2点のカット方式に比べ、セキュリティレベルが格段にアップします。ゴミは非常に細かいのでたまりにくく、ダストボックスの交換頻度が少ないので手間がかかりません。一方で高性能な分お値段が高くなってしまいます。また、スパイラルカッターの性能上、薄い紙だとうまくカットされず、ストレートカットになってしまう場合があります。

4.マイクロカット

クロスカットをさらに細かくした裁断方式です。クロスカットよりもセキュリティレベルが一段上がり、安全性が高いです。スパイラルカットは業務用のみですが、こちらは家庭用シュレッダーにも使われています。ただし、性能が高くなるため、商品価格も高くなってしまいます。

5.メディアカット

紙媒体だけでなく、カードやCD、DVD、フロッピーディスクなどのメディアも細断し破損できる機能を併設したものです。 業務用、家庭用共にこの機能が付いたシュレッダーが存在しています。こうした製品は、書類以外の媒体の処理が可能で汎用性があります。ただし、当然メディアをシュレッダーにかけない方にとっては、コスト増につながる余計なオプションになってしまいます。

静音性

オフィスやマンション・アパート内で使用したときを考え、裁断時のカット音や機械音が小さいものを選んでおくと安心です。同じメーカーの製品であっても過去の同一製品に比べ、音が抑えられたものもあるので、チェックしておきましょう。

その他のポイント

シュレッダー選びで最良の製品にこだわりたい方は、オートリバース機能や連続稼働時間なども見ておくと良いでしょう。特にチェックするべき点を下記しておりますのでご参考ください。

オートリバース機能

紙詰まりが発生した際、刃先が自動で逆回転して運転を停止する機能です。

オートカットオフ

連続使用によってモーターが過熱した際に自動で電源が切れる機能です。業務用シュレッダーに多く採用されています。

オートスタート&ストップ機能

使用前後に電源ボタンのスイッチのON/OFF必要なしに紙を投入すると自動で処理が始まり、処理が終わると電源が切れる仕組みになっている機能です。こちらも業務用シュレッダーに多く見られます。

連続稼働時間

カット作業をどれだけの時間行い続けられるかの時間です。機械の許容範囲を超えるとモーターが過熱し故障の原因となってしまうのを防ぐため設けられています。オートカットオフ機能がついているシュレッダーの場合は稼働時間を意識する必要はありませんが、十分な稼働時間があるかどうかも商品選びに必要なポイントになってきます。

家庭用か業務用か

どの程度の紙を処理するのかにより、買うべきシュレッダーは変わってきます。毎日数十枚の紙を処理する方は、業務用のシュレッダーを購入したほうが便利です。一方で、一日数枚程度の利用であれば、家庭用で十分です。

家庭用シュレッダー

家庭用のシュレッダーは製品によって違いますが、業務用のシュレッダーに比べサイズが小さいため、細断容量やカットスピードが低く、ダストボックスの収容量も少なめになっています。一度にカットできる最大枚数は3~5枚程度の製品が多いです。カット方法はストレートカット、クロスカットが主流になってきます。またカットできる用紙の大きさも製品によって異なるので、必ずチェックしておきましょう。

業務用シュレッダー

家庭用シュレッダーに比べて業務用のシュレッダーのラインナップが幅広く、そのため処理能力やごみの収容量も様々ですが、全体的に製品のスペックは高くなります。加えてほとんどの家庭用シュレッダーにはないオート機能も搭載されています。

おすすめのシュレッダー8選
エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、「ダストボックス容量」「裁断速度」「裁断サイズ」「最大投入幅」「カット方式」「静音性」「その他機能」「コストパフォーマンス」を主な評価基準とし、8種類のおススメのシュレッダーを厳選してご紹介いたします。質・コストパフォーマンスの高いシュレッダーと想定しております。
アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCX
  • タイプ:家庭用
  • ダストボックス容量:A4用紙65枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅31.0×奥行19.0×高さ30.0cm
  • 質量:3kg

アイリスオーヤマの家庭向けシュレッダーです。比較的重量も軽く、またホチキスの芯もそのまま細断できるため、基本的には性能において不自由はありません。とりあえずシュレッダーが欲しい方はこちらから購入するのが良いでしょう。

Amazonで見る 楽天で見る
アイリスオーヤマ シュレッダー 超静音 パーソナル ホワイト P6HCS-W
アイリスオーヤマ シュレッダー 超静音 パーソナル ホワイト P6HCS-W
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 価格   ¥ 8,480 (2020年6月10日時点)
  • タイプ:家庭用
  • ダストボックス容量:A4用紙60枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅35.1×奥行17.5×高さ31.6cm
  • 質量:5.6kg

静音性を売りにしたアイリスオーヤマの新しいモデルです。CDとDVDの細断が可能になり、また紙類とその他で分別ができるように専用のトレーがついています。モーターの加熱時またダストボックスがきちんと設置されていない時には自動で運転をやめるようになっており、安全面もばっちりです。

Amazonで見る 楽天で見る
フェローズ シュレッダー 9Cd 4756701
  • タイプ:家庭用
  • ダストボックス容量:A4用紙180枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅30.5×奥行20.0×高さ38.5cm
  • 質量:4.0kg

CDやDVDだけでなくクレジットカードやキャッシュカードまで細断できるフェローズのシュレッダーです。注意点としては、細断トレーが一つしかないため紙類とその他とを一緒にシュレッダーにかけるとあとで分別する際にややこしくなってしまいます。チャイルドロック機能がついているため、ペットや小さい子どもがいるご家庭でも安心して使用できます。

Amazonで見る 楽天で見る
ボンサイ シュレッダー 3D14
  • タイプ:家庭用
  • ダストボックス容量:A4用紙112枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅36.7×奥行20.6×高さ45.3cm
  • 質量:7.0kg

定格細断枚数以上入れると自動的に逆転して押し出すようになっています。気を付けましょう。クレジットカードも細断可能です。安価なのに十分な機能性という点で高い評価を得ています。おすすめです!

Amazonで見る 楽天で見る
アイリスオーヤマ シュレッダー 業務用 AFS100C ホワイト
  • タイプ:業務用
  • ダストボックス容量:A4用紙200枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅34.5×奥行24.0×高さ55.6cm
  • 質量:9.5kg

紙を置いてスイッチを入れるだけで、A4最大100枚を自動で細断してくれます。ゴミの量が見えるように窓がついているため、細断前に確認すれば紙詰まりを防ぐこともできます。キャスターがついているため、本体の移動も楽にできます!

Amazonで見る 楽天で見る
フェローズ シュレッダー 業務用 23枚細断 クロスカット A3サイズ対応 細断クズが飛び散らない 2470C 7030201 黒色
  • タイプ:業務用
  • ダストボックス容量:A4用紙2,200枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅47.0×奥行47.5×高さ87.0cm
  • 質量:62kg

業務用でシュレッダーを使う場合はやはりA3用紙にも対応しているものがいいですよね。こちらの製品はA3でも折らずにそのまま細断できます。また最も優れているのは細断クズくずの処分方法にあります。独自のシステムにより、重たいクズの入った袋を持ち上げることも細断クズが飛び散る心配もなく処分できます。オフィスにぜひとも1台欲しい製品です。

Amazonで見る 楽天で見る
サンワダイレクト シュレッダー 業務用 400-PSD021
  • タイプ:業務用
  • ダストボックス容量:A4用紙450枚分
  • カット方式:クロスカット
  • サイズ:幅41.4×奥行30.2×高さ66.6cm
  • 質量:16.6kg

連続で60分間の細断が可能です。またダストボックスにはゴミ袋をひっかけられるようにツメがついているため、紙クズの処理が簡単に済みます。なにか問題があった場合はLEDランプで知らせてくれるため原因特定にかかる時間も少なくて便利です。

Amazonで見る 楽天で見る
GBC シュレッダー GSHA26M-B
  • タイプ:業務用
  • ダストボックス容量:A4用紙120枚分
  • カット方式:マイクロクロスカット
  • サイズ:幅32.5×奥行17.0×高さ32.0cm
  • 質量:3.5kg

マイクロクロスカットによってかなり細かく細断することができるため、機密の高いものでもきちんと処理することができます。また細かく切り刻むためゴミがかさばらず、一回でまとめて多量の紙くずを捨てることができるのが利点です。また、業務用にしては価格も比較的安いためおすすめです!

Amazonで見る 楽天で見る

オススメ家電のご案内

エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、様々な家電のオススメ商品をご案内しております。調査した家電一覧は下記表にて整理しておりますので、皆さまが現在ご購入を検討している家電がございましたら、ぜひとも記事をご覧いただけますと幸いです。
キッチン家電 電気コンロフードプロセッサーヨーグルトメーカー製麺機電気圧力鍋かき氷機ホットサンドメーカー製氷機電気ケトル電気蒸し器電気フライヤーノンフライヤーフィッシュロースターホットプレートIHクッキングヒーターオーブントースターミキサーコーヒーメーカーホームベーカリー整水器冷凍庫食器洗い乾燥機電気ポット電子レンジ炊飯器冷蔵庫
生活家電 電動歯ブラシマッサージチェアロボット掃除機布団乾燥機 ズボンプレッサーくつ乾燥機足湯器電動自転車電動シュレッダーアイロンミシン生ごみ処理機ワインセラー高圧洗浄機衣類乾燥機掃除機洗濯機
暖房・空調機器 扇風機アロマ加湿器電気毛布オイルヒーターハロゲンヒーターセラミックヒーターファンヒーター加湿器空気清浄機電気ストーブ石油ストーブガスストーブ電気こたつ電気カーペットエアコン
照明 LED電球白熱電球電球形蛍光ランプ
AV機器・カメラ テレビデジタルカメラ浴室テレビコンポプロジェクター
PC・周辺機器 プリンター
給湯器・住宅設備 温水洗浄便座
美容・健康家電 レディースシェーバー家庭用脱毛器フェイススチーマーカールアイロンストレートアイロンカールドライヤーメンズシェーバードライヤー
その他 電子ピアノデジタルフォトフレームインターホン

[Looopでんき]電気代の安さに特化

シンプルに価格の安さに特化したプランです。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、とにかく電気代を安全かつ徹底的に安くしたい方に推奨できます。Looopは、価格を徹底追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた事業を展開する大手の新電力会社となります。looopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で6000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

looopでんきについて

[出光昭和シェルでんき]オール電化で最高峰

オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。電気代をより削減したいオール電化の方に最もオススメな電力会社です。オール電化でない方は、ガソリン代が2円/L割引となる追加メリットを生かすことのできるドライバーの方にはおススメできます。出光昭和シェルのサイトでキャンペーンコード「84845」を入力いただくことで、追加で3000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

出光昭和シェルでんきについて

[アンフィニPPA]太陽光を無料設置

アンフィニPPAプランは「太陽光発電」+「足りない部分をアンフィニから安価に購入」する特殊なプランです。一戸建て限定ですが、太陽光発電を無料設置できます。金額メリットは大きい一方、厳しい施工基準のある特殊なプランであり、皆様のご自宅の屋根の素材等によっては利用できないケースも多々あります。アンフィニのサイトでキャンペーンコード「14009000」を入力いただくことで、追加で8000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

アンフィニPPAについて

[たのしいでんき]HISの旅行でお得に

HISグループの電気料金プランです。HISでよく旅行に行く方にとっては非常に電気料金が安くなり、おススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

たのしいでんきについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口