【2023年最新】沖縄県の卒FIT太陽光買取価格を徹底比較!おススメご紹介

沖縄県で利用できる太陽光発電の余剰買取サービス、価格を徹底比較

日本において施行されている再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)を活用し、太陽光発電の電力を売電している皆さまにおかれましては、固定価格での買取が2019年11月から順次満了していきます。

これにより、制度満了(卒FIT)を迎えた太陽光発電については、電力会社にその電気を直接買い取ってもらうことで売電収益を得る形となります。一方でFIT期間中は、電力会社が電気を買い取るのではなく、日本全体で一人ひとりが少しずつ負担する「再エネ賦課金」が原資となり、太陽光発電の売電に充てられています。この仕組みにより、電力会社側の負担が全くない形であっても、「実際の電気の価値以上の価格」で高額売電できることとなります。ご家庭であっても、法人向けの工場の場合でも、電気料金の明細を見ますと一律に「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という項目にて、電気代に上乗せされていることが確認できますが、この費用によってFIT期間中は高額売電が可能となっています。(再エネ賦課金単価の推移はコチラ)。

なお、再生可能エネルギーであっても環境への負担はありますが、火力発電と比較した場合は相対的に自然や健康に優しいだけではなく、現状、エネルギー資源の約8割を海外からの輸入に頼っている日本では、エネルギー自給率の向上に資する役割も持ちます。また、太陽光や風力等は世界中で設置が進んでおり、国産のエネルギー設備として海外展開することで、日本経済にも貢献できることが期待できます。

一方で、特にFIT施行より前は、ソーラー発電は売電収益に対して非常に高額であり、設備投資を回収できないために普及が進まない状況でした。これにより再エネ市場が拡大せず硬直化する他、技術開発等も進みづらく、今後の国際的な環境保全の方向性に後れを取る可能性もあります。そのため、日本の長期的な成長等の観点から、様々な議論を経た上で、社会全体で再エネ普及の費用を支える仕組みとして、FITが施行されました。

FITが実施されることで、再エネ設備の初期費用に対して売電収益が短期間で原則上回る構造となり、日本の再エネは急速に拡大しました。ただ、FITによる売電には10~20年程度の期間が設けられており、卒FIT後は「再エネ賦課金」が原資ではなく、電力会社が直接自身の財布から買い取る形となります。そのため、卒FIT後は電力会社が望む価格帯での売電となります。これによって「電力自体が持つ実際の価値」での売電となりますので、原則として卒FIT後は、お金の出所や仕組みも大きく異なりますので、FIT中よりも収益性は落ちることとなります。

加えて現状の日本の制度設計上、卒FITの際に何もしなければ、基本的にはエリアの電力会社がソーラー発電を買取する料金プランに自動移行する構造となっており、その価格水準は最低限の数値で設定されているため、太陽光発電の収益性がより顕著に下落します。その対策としては、現状で多くの電力会社(当サイトの調査では83社)が卒FIT電力の買取プランを発表しており、それらのプランを利用することで経済メリットを高められます。

なお、卒FITプランの切替については、ウェブ等で住所等の基本情報を入れるだけで、5~10分程度で完了するケースが多く、非常に簡単です。その僅かな手間によって、今後の長い期間にわたって電力を毎月高い価格で売電できます。また、電力会社によって買取単価等が異なりますが、当サイトでは沖縄県で利用できる卒FITプランの買取価格を徹底分析し一覧化の上、比較表の形で整理しております。皆様のご検討の一助になりましたら幸いです。

【先着300名】ENEOS太陽光買取サービスのキャンペーン、クオカード2000円分キャッシュバック

当サイトでは、ENEOS太陽光買取サービスにお申込みいただくことで、先着300名の方に対して2,000円分のクオカードを郵送するキャンペーンを実施しています。この機会にぜひともご利用ください。キャンペーンの詳細につきましては、キャンペーン特設ページをご確認ください。

エコモ博士
卒FITプランの選定においては「①直近の売電単価」が特に重要と考えられます。ただ売電単価については、各電力会社によって定期的な価格変更が可能となっており、そのため「②売電単価の長期安定性(卒FITプランを提供する電力会社の事業安定性や、単価の設定期間等)」、「③各種付帯条件」も加味した3点をベースに検討されることを推奨します。本ページではご検討材料として、各卒FITプランを詳細調査した内容を下記にて整理しているほか、おススメの買取サービスのご案内も行っております。

※横にスクロールで表全体を表示

買取プラン 電力会社 買取単価(kWh) プラン分析 公式URL
ECOとくプラン(沖縄電力管内) 丸紅ソーラートレーディング 9.5円 分析ページへ 丸紅ソーラートレーディングのHPへ
スタンダードプラン 沖縄ガスニューパワー 8.6円 分析ページへ 沖縄ガスニューパワーのHPへ
再生可能エネルギー電気の購入 沖縄電力 7.7円 分析ページへ 沖縄電力のHPへ
お預かりEeサービス 沖縄電力 7.7円 分析ページへ 沖縄電力のHPへ

※金額等の情報は目安となります。最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

沖縄県の利用条件のある太陽光余剰買取サービス

下記にて利用条件のある太陽光の余剰買取サービス一覧を整理しております。買取価格が非常に高額なサービスもあり、皆様の生活様式と合致する場合、大きな経済リターンが期待されるため、検討の余地があります。しかしながら、高価格の買取サービスは数年間の短い期間限定である等の補足条件があるケースもあり、その他にも今後の電力市況の変動や付帯サービス環境の変化等も加味し、長期的な安定性もよく吟味した上で選択されることを推奨いたします。サービス内容や企業体制などを総合的に加味した上でご利用されることで、大きな経済メリットを得られ、最終的な満足度が高まると想定されます。下記にて買取価格の高い順にソートし一覧化しておりますので、ご参考ください。

※横にスクロールで表全体を表示

買取サービス 電力会社 提供エリア 買取単価(kWh) プラン分析 公式URL 主な利用条件
積水ハウスオーナーでんき 積水ハウス 全国 11円 分析ページへ 積水ハウスのHPへ 積水ハウスのオーナーの方(建物が積水ハウスであれば、太陽光設置会社が他社でも可)が対象となります。
地域応援プラン 丸紅ソーラートレーディング 北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、関西電力管内、北陸電力管内、中国電力管内、四国電力管内、九州電力管内、沖縄電力管内 10円 分析ページへ 丸紅ソーラートレーディングのHPへ 先着1,000名様限定となります。
SHARPプラン(沖縄電力管内) 丸紅ソーラートレーディング 沖縄電力管内 9.5円 分析ページへ 丸紅ソーラートレーディングのHPへ 2021年4月以降に申し込まれたお客様の単価となります。
プレミアムプラン 沖縄ガスニューパワー 沖縄電力エリア 9.1円 分析ページへ 沖縄ガスニューパワーのHPへ 沖縄ガスニューパワーと「低圧の電気契約中」の方が対象となります。
再エネEポイントプラン 沖縄電力 沖縄電力エリア(離島を除く) 7.7円 分析ページへ 沖縄電力のHPへ 『おきでんmore-E』にてプレミアム会員、卒FIT後も沖縄電力と売電契約されている方が対象となります。

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※金額等の情報は目安となります。最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

蓄電池の導入をご検討の方につきまして

卒FITを迎えた太陽光発電の運用を考える際、蓄電池の導入を候補として検討される方もいらっしゃると思います。蓄電池は、災害時の非常用電源となるほか、太陽光発電による電気を蓄電し、自家消費分の電力利用量を増やすことで経済メリットの効果を期待することもできます。

一方で、①初期費用(本体費用)が高く、その価格と比較すると電気代削減効果が大きくないので、仮に補助金があっても基本的には損をしてしまう事、②徐々に劣化し故障のリスクも少なくない事、③設置スペースが必要で、場所は高温や低温になりすぎず、結露しない場所が望まれること、④多少ですが騒音が発生すること、等のデメリットもあります。太陽光発電は構造が極めてシンプルなためタフで故障等のリスクも低いですが、比較すると蓄電池は経年劣化等があり、10~15年程度で故障すると初期費用よりもメリットを出すことが難しくなります。

つまり、蓄電池では初期費用をペイすることが現状難しいため、目的としては「利益を得るため」ではなく、「災害時などの非常時用の備え」として捉える必要があります。仮に、蓄電池の設置によって金額の大きい補助金がもらえる時期であっても、初期費用(購入費用)以上のメリットを出すことは簡単ではないです。ただ、蓄電池の値段も徐々に下がってきており、経済産業省が公開する資料によると、蓄電池の設置費用に対してピークカット等による電気料金削減額が上回る時期を2030年頃と推測しています。実際に、蓄電池の導入で経済メリットが出る可能性は0%ではないですが、よほど極端なケースとなり、現時点で蓄電池を導入しても経済面では損をする可能性が高いのが実情です。

ただし、当サイトを運営するRAUL株式会社では、「災害時の備え」を目的としている場合、皆様のご家庭にとって蓄電池を最大限負担の少ない形で導入できるよう、各種製品をご案内することが可能です。ご案内の際には、蓄電池の導入による各種メリット等を、できる限り実態の金額で、なぜそのような金額になるのか分かりやすくご説明差し上げる努力をしております。もし蓄電池の導入でお悩みの方がおられましたら、お気軽にお問合せください。

  • 蓄電池導入効果のご説明のため必要となる資料(お手数ですがご用意いただく形となります)
    ・直近12ヶ月分の電気料金明細(もしくは契約容量およびkWh)
    ・直近12ヶ月分の太陽光発電による発電量(kWh)

卒FITに関するコラム一覧

編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。