沖縄電力よりもお得な電気料金プラン/おすすめランキング

1990年代の世界的な規制改革の流れを受け、国際水準と比較して割高といわれた電気料金の是正などを目指して進められてきた日本の電気事業制度改革も、その開始から30年が経過しました。電力自由化は、第2次電気事業制度改革を発端とし、2000年3月から特別高圧(2万V以上)で受電する使用規模2,000kW以上の需要家を対象として始まりました。

その4年後、2004年4月から使用規模500kW以上、2005年4月からは50kW以上まで自由化範囲が拡大されました。そして、2016年4月から始まった電力の全面自由化に伴い、「電力を利用している人全て」が自由化の対象となりました。

電力小売りの自由化前は、「総括原価方式」により、電力会社はどれだけのコストをかけても、国民が支払う電気料金にその分が上乗せされ、電力会社の経営を安定させていました。つまり、電力会社はほぼ全ての費用をコストとして計算することができる上に、価格競争のない環境で報酬まで最初から保証されている状況でした。

ただ、こうした価格競争がない環境では、事業コストを下げることで、電気代を安価にしようというインセンティブが働きづらく、電気代の高止まりの一因になっていました。自由化前、私たち消費者は電力会社を選べないため、電力会社側はどれだけのコストをかけたとしても、その負担は避けようがなく電気代の値上がりとして国民負担に転嫁される形でした。そのため、そもそもの仕組みの問題として、電気料金の低減による国民負担の軽減に力を入れづらい環境でした。

ただ、こうした状況を改善するため、国でも議論が進められました。全面自由化の契機となった検討は、2012年2月、経済産業大臣の諮問機関である総合資源エネルギー調査会総合部会に設置された委員会によるものと考えられます。学資経験者を中心とした11人の委員により構成され、12回にわたる議論を経て、2013年2月に「電力システム改革専門委員会報告書」 が取りまとめられました。委員会報告を受けて、2013年4月2日、政府が「電力システムに関する改革方針」を閣議決定しました。

商取引では、ビジネス上の知恵や工夫に基づいて自由に競争を行えるのが市場経済の基本であり、電力業界においても競争環境が導入されることとなりました。これにより、多くの企業が電力事業に参入し、またお客様の電気代を削減するべく、最大限の工夫を各社が行うようになりました。実際に、複数の電力会社が非常にお得な電気料金プランを提供するに至っており、新電力に切り替えることで、皆様におかれましては電気代が年間で数万円安くなる可能性もあります。

本ページは、電気料金プランの選択や切替をご検討の方に向け、その基本的な仕組みやメリット・デメリット等を整理し、満足いく電力会社の選定をご支援することを目的とするものです。また、現状でこれらご家庭向けのプランは、沖縄電力エリアでは5プランを超えるプランから選択できる環境ですが、その中で当サイトが料金面・汎用性・長期的な安定性等を総合的に加味し、おススメする電力会社・料金プランを下記にてご紹介いたします。

電気料金の構成

電気料金は、原則的には「基本料金」「従量料金」「燃料調整費」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」「オプション」の5つに分けて構成されています。これら5つにつき、各々の内容を下記にて見ていきたいと思います。

基本料金

基本料金は、電力の契約をする上で必ず発生する料金です。つまり、例え全く電気を使わなかった場合であっても、基本料金は毎月支払う必要があります(Looopでんきといった一部の電気料金プランは、基本料金を0円に設定しています)。基本料金は、契約容量によって金額が異なってきます。契約容量は、電灯の場合はA(アンペア)やkVA(キロボルトアンペア)、動力の場合はkW(キロワット)という単位で料金明細に記されています。こうした契約容量は大きく設定するほど、基本料金も高くなっていきます。

なお、契約容量が大きいほど、瞬間的に大量の電気を使ってもブレーカーが落ちなくなります。例えば、1000Wの電子レンジを利用すると、10A程度の負荷となるため、30Aでは同時に3台、60Aでは同時に6台まで稼働できます。それ以上の電気を一斉に使おうとすると、ブレーカーが落ちてしまいます。そのため、契約容量を小さくするほど電気代が下がりますが、その分、ブレーカーが落ちるリスクが高まります。目安としては、4人以下の世帯では30~40A、5人以上の世帯では50~60Aを推奨いたします。一人暮らしの場合は、20Aでも問題ないケースもありますが、エアコンやドライヤー、電子レンジといったものを同時に使うと意外とすぐにブレーカーが落ちてしまい、不便な上に家電にもダメージを与えてしまうので、30A以上を推奨いたします。

従量料金

電力を利用した分だけ発生する料金です。電気料金明細の中で、使用量(kWh)で表示されているものがこれに該当し、基本的にはたくさん電気を使うほど従量料金も高くなっていきます。

燃料調整費

燃調費制度については、1996年に初めて導入されたもので、基本的には国際的な原油価格等にある程度連動するものとなります。理由としては、国際的な原油価格等は、日本のみの電力会社がどれだけ努力しても価格コントロールできないもので、燃調費がないと例えば原油が暴騰や暴落した際に、電力会社の経営があまりに不安定になってしまうからです。その暴騰などした際の影響を緩和するために導入された歴史があります。

燃調費制度の詳細はこれまで何度も改訂され、2009年度の改定の際に原油・LNG・石炭といったCIF価格(財務省貿易統計(概況品別統計品目表の輸入データより))の3ヶ月平均に連動する形となりました。ほとんどの新電力会社は、同一のルールで燃調費を算出しているため、いずれの電力会社であっても金額は全く同一です。ただし、法により単価が定まっている訳ではないため、極一部の新電力ですが、独自の燃料費調整単価を設定する新電力もありますので、その点はご注意ください。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再エネ賦課金は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」という法律に基づいて単価が設定されております。毎年、国の委員会(調達価格等算定委員会)にて年度ごとの再エネ賦課金単価が検討され、経産省より毎年発表される形です。法律によって単価が定められているので、いずれの電力会社であっても金額は同一となります。

オプション

各電力会社が独自に設定しているオプションです。極一部の電気料金プランを除き、多くのオプションは、私たち利用者にとってメリットのあるものになっています。例えば、ENEOSでんきの場合、にねんとく²割を利用すると、契約期間の縛りが発生しますが、ただでさえお得な電気料金が更にお得になります。更に、電気の支払い方法によって、ガソリン・灯油・軽油が安くなったり、ポイントやマイルが貯まるといった追加メリットを受けられます。

安価な電力会社の見つけ方

自由化後は様々な企業が矢継ぎ早に参入し、現状では400社を超える電力会社が3000を超えるプランを提供しています。多様な企業が電気料金プランを提供することは、私たちにとっては選択肢が増えるというメリットをもたらす反面、どのプランが自身に適しているのか判断することを難しくします。

電気料金は、先ほど説明した通り「基本料金」「従量料金」「燃料調整費」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」「オプション」の5つに分けて構成されています。このうち、特に考慮をすべきなのが「基本料金」「従量料金」「オプション」です。再エネ賦課金はいずれの電力会社も同額で、燃料調整費も一部を除き、多くの場合は同額となるため、あまり考慮しくなても基本的には問題ないです。これらを加味して検討する必要がありますが、プラン数が多いため、一件ずつ調べるのは非常に時間がかかり、また時期やタイミングによっても試算にバラつきが生まれます。電気は長い期間利用するものであるため、私共では数千プランを調査した結果に基づき、多くの方に長期的に推奨できるオススメの電気料金プランをご紹介しております。

数分で完了、電力会社の切り替え方法

お得な電力会社を見つけ、いざ契約をしようと思っても「いまいち方法が分からない」と思われている方もいらっしゃるかと思います。しかし、電力会社の切り替えはとっても簡単です。電気料金明細(または契約中の電力会社のマイページ)を用意し、契約したい電力会社の公式サイトから必要情報を入力するだけです。

通常、所要時間は5分程度です。ウェブサイトから申し込みをしたら、電力会社が自動的に切り替わるのを待つだけとなります。現在契約中の電力会社との解約手続きは必要ありません。より詳しく知りたい方は、5分で簡単!電力会社の切替方法のご案内ページをご覧ください。

安価なおススメの電気料金プラン

沖縄エリアは離島であることから事業の難易度が高く、そのため新電力会社の参入が少ない状況です。料金プランの選択肢が少ない環境ですが、しかし2020年7月1日より「Looopでんき」が沖縄エリアで料金プランの提供を開始しています。Looopでんきは大変お得な料金プランで、基本料金が発生しないことが大きなメリットです。電気料金重視ならば「Looopでんき」、その他のメリットを求めるならば「HISでんき」を推奨しております。

1位:Looopでんき

looopでんきの魅力は、電気代の安さに特化している部分です。電力会社Hackセレクトラなど、多くの電気専門サイトで極めて高い評価を得ています。電気代をシンプルに安くしたい方に最もオススメの1社です。looopでんきは、当サイト経由でお申込いただくことで、追加で6000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

looopでんきについて

2位:HISでんき

「HISでんき」は、HISグループの電力会社「HTBエナジー」が提供する電気料金プランです。MUSUBIプロジェクトという電気の使用を通じて継続的な寄付ができる新しい社会貢献型プランが特徴的です。皆様の毎月の寄付で、NPO団体等への継続的な支援へとつながります。HISでんきは、当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

HISでんきについて

沖縄電力エリアの平均的な電気代はどの程度?

エコモ博士
適切な電気料金プランの選択・切替を行うことで、平均的な水準よりも安価な電気料金を実現することが見込まれます。

各ご家庭が支払っている電気の平均的な料金については、総務省統計局の「家計調査(統計法により指定されている基幹統計)」に目安が記されており、その金額と比較することで皆様ご自身の電気料金の水準を把握することができます。

ただし、「家計調査」は日本の全世帯に対する調査ではなく、ある一定の数のご家庭などから取得したデータを元に、日本全体の数値を推定したものであるため、厳密には正確な平均値ではありません。しかし、国内に存在するデータの中では最高水準の正確性と信頼性を持っていると考えられます。

このように厳密な平均値ではないものの、この「家計調査」より抽出したデータを参考に、下記にておおよその電気料金の平均値を整理しております。この料金をご参考いただくことで、皆様がお支払いの電気料金がどの程度の水準であるかご確認いただくことができます(ご参考)。

なお、沖縄電力エリアにおける2019年の平均的な電気料金は、8340 円/月です。「家計調査」には、各ご家庭の支出金額の水準(食費や住居費・衣服費等諸々の支出合計)も記されておりますが、電気料金は平均してご家庭の支出全体の4.74%を占めることとなっております。

沖縄電力エリアの平均的な電気代の推移

電気代(月間) 消費支出に占める電気代の割合
2003年 7338 円 3.79%
2004年 7198 円 3.94%
2005年 7103 円 4.35%
2006年 7611 円 4.31%
2007年 7108 円 3.78%
2008年 7208 円 3.95%
2009年 7502 円 4.04%
2010年 7244 円 3.82%
2011年 8020 円 4.46%
2012年 7568 円 3.97%
2013年 7746 円 4.24%
2014年 8186 円 4.56%
2015年 8134 円 4.55%
2016年 8052 円 4.60%
2017年 8725 円 5.05%
2018年 8643 円 4.70%
2019年 8340 円 4.74%

※家計調査の地域分類別データを参考とした概算値

【沖縄電力エリアで利用できる電力会社】調査した料金プラン一覧(5プラン)

プラン 電力会社 利用できる地域 年間電気代 年間削減額
従量電灯 沖縄ガスニューパワー 沖縄電力管内 112806円 -3624円
グッドバリュープラン 沖縄電力 沖縄電力管内 114345円 -2085円
プランS(沖縄電力エリア) 楽天エナジー 沖縄電力管内 114480円 -1950円
従量電灯プラン おきなわコープエナジー 沖縄電力管内 114576円 -1854円
従量電灯 沖縄電力 沖縄電力管内 116430円 0円

※金額等の情報は推計値となります。最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。
※年間電気代は月間360kWhを利用した場合の推計値です。
※年間電気代は電気料金プラン乗換コムのキャッシュバック金額を加味した数値となります。
※年間削減額は地域の電力会社の通常プランからの削減額の推計値となります。

賃貸でも電力会社を選べるの?

ほとんどの賃貸住宅で電力会社を切り替えることができます。そのため、一戸建てと全く同じように、切り替えたい電力会社があれば、webからお申込みするだけで手続きは完了です。

ただし、非常に珍しいケースですが、お住まいのマンションが「高圧一括受電契約」をしている場合は電力会社を選べません。「高圧一括受電契約」は、マンション一棟すべてを1社の電力会社が供給する契約のことです。マンションの管理組合などが高圧の電気を電力会社から購入し、その電気を高圧受変電設備で変圧し、マンション内の各家庭に供給しています。現在住んでいるマンションが高圧一括受電なのか知るための方法としては、検針票や請求書の確認が挙げられます。判断が難しい時は、管理組合などに問い合わせてみましょう。

電力会社によって電気の品質は変わる?

電力会社を切り替えても、電気の品質に違いは発生しません。電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、経済産業省のHPにも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。

なお、電気の品質の定義として一義的に定められたものはありませんが、一般的には、周波数、電圧、瞬時電圧低下、フリッカ、高調波、電圧不均衡などのパラメータを用いて表されます。

仮に電圧変動や周波数変動が発生すると、回転機の回転数が変動するため、特に回転機を使用している工場で生産設備への影響が懸念されます。その他、様々な業界にその悪影響は波及し、電力会社単体の問題ではなく、電力の品質悪化による被害は社会全体に及び、ひいては日本という国にとって大きな損失となります。そうしたことから、電気の品質は電気事業法で規定されているほか、各種ガイドラインなどにより品質が守られています。

既に多くの病院や官公庁の中枢施設でも新電力に切り替わっておりますが、もし新電力の切替により電気の品質に差が生じる事態になるようであれば、例えば医療機器などの場合、致命的な故障につながるなど、想定できないほどの被害に拡大する可能性があります。そもそも電気をめぐる巨大なインフラシステムは施設ごとではなく、社会全体で一体的に管理・運営されているため、前述のようにこれまでと同じ送配電ネットワークで全く同一の電力品質にする仕組みであることは、電力インフラの運用上でも合理的であるといえます。

電力会社によって電気の安定供給や停電の頻度は変わる?

経済産業省のHPにも公開されているように、電力会社を切り替えても、安定供給や停電のリスクが変動することはありません。

日本では2000年に電力小売の部分自由化が導入され、その後、段階的に自由化範囲が拡大されています。2005年には高圧部門が小売自由化の対象となり、これに伴い、2005に電力系統利用協議会(ESCJ 、現在は解散しOCCTO(電力広域的運営推進機関、電気事業法に基づき設立された団体))が設立されました。

電力自由化により送電線などの利用条件には一層の公平性と透明性が求められるようになり、OCCTOでは設備形成、系統運用ルールの基本的な考え方を示したルールを策定しています。電力各社はこれに基づき、ルールの詳細を作成し公表しています。 例えばOCCTOの「送配電等業務指針」には、電力復旧のルールが記載されています。

復旧ルールの通り、事故時に関しては、電気事業者がOCCTOの定める防災業務計画に基づく態勢の発令の通知を受けたときは、OCCTO及び他の電気供給事業者と連携し、復旧等に協力する必要があります。

電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社の顧客優先という視点は存在しません。災害の程度、各設備の重要度、復旧の難易度及び他系統の状況等を勘案して、災害の拡大防止及び復旧効果の大きいものから着手され、例えば消防等復旧対策の中心となる官公庁施設、病院等人命に関わる施設等については、優先的に復旧を実施することとなっています。

新電力の切替でリスクはないの?

新電力に変更するトラブルについては、①単価変動型であるか、②付帯セットがないか、③解約時の違約金の発生、④倒産の可能性、という点につき気を付けるべきだと考えられます。

①については、基本料金・従量料金の単価が日や時間帯によって細かく変動するプラン(市場連動型等)が一部存在し、そうしたプランの場合は価格変動のリスクを内包するために注意が必要です。また、電気の利用開始から一定期間の経過後に電気料金を値上げるプランなどもあります。

②については、電気の契約と併せて別の機器やサービス利用が必須条件となっているケースもあり、例えば長期のリース契約等が付帯している場合、思わぬ出費になる可能性があるため注意が必要です。

③については、一部の電力会社は解約時の違約金を設定しており、思わぬ出費となる可能性があるので注意が必要です。例えば、携帯電話の契約と似たような形で、○○年以内の解約では違約金が発生するという内容です。ただ、一方でいつ解約しても違約金が無料とする電力会社も多くあります。

④については、電力会社も株式外であるため、倒産のリスクがあります。電力業界にとって、電力会社の倒産は一大事であり、緊急の対応が求められます。ただし、倒産した場合でも電気が止まることは原則ありません。これについては、電気を購入している小売電気事業者が倒産等により事業を廃止する場合、小売電気事業者は契約相手である消費者に対してあらかじめその旨周知する必要があります。その後、私たち電気の消費者としては当該周知期間内に別の小売電気事業者へ切り替える形となります。

[Looopでんき]電気代の安さに特化

シンプルに価格の安さに特化したプランです。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、とにかく電気代を安全かつ徹底的に安くしたい方に推奨できます。Looopは、価格を徹底追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた事業を展開する大手の新電力会社となります。looopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で6000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

looopでんきについて

[出光興産でんき]オール電化で最高峰

オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。電気代をより削減したいオール電化の方に最もオススメな電力会社です。出光興産のサイトでキャンペーンコード「84845」を入力いただくことで、追加で3000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

出光興産でんきについて

[アンフィニPPA]太陽光を無料設置

アンフィニPPAプランは「無料太陽光発電」+「足りない部分をアンフィニから安価に購入」する特殊なプランです。一戸建て限定ですが、太陽光発電を無料設置できます。金額メリットは大きい一方、厳しい施工基準のある特殊なプランであり、ご自宅の屋根の素材等によっては利用できないケースも多々あります。アンフィニのサイトでキャンペーンコード「14009000」を入力いただくことで、追加で8000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

アンフィニPPAについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口

ライフプラン無料相談サービス

電気・ガス代の見直しに限らず、ご家庭の収支を踏まえた全体の見直しを行うライフプランご相談サービスを実施中!将来のイベントとマネープランを年表にして描くお客様のだけの人生設計資料を共有しながら、お金の専門家といわれるファイナンシャルプランナーがお客様の状況から疑問や解決方法など無料でご相談サポートいたします。

無料相談はこちら