おすすめ家電

【2021年最新版】おすすめのノンフライヤー8選 余分な脂からフライアウェイ!

  • 2018/09/04 公開、2021/05/11 更新

ノンフライヤーとは

ノンフライヤーは、最近になって登場した新しい調理家電です。その名の通り、油を使わずにおいしい揚げ物を楽しむことが出来る調理家電です。では、油を使わないで、どうやって揚げ物を作るのでしょうか?

ノンフライヤーの原理はシンプルで、ヒーターとファンによって作り出した高温の熱風を食材全体に当てることで、食材に含まれる水分や脂肪分を使って食材を加熱します。最高210度もの熱風を対流させて食材を加熱することで、「外はサクサク中はジューシー」なお店で食べるような揚げ物を作ることが出来ます。。

食材が本来持っている油を使うため、余分な油を摂ることはありません。しかしもちろん美味しさはそのままなので、今人気の調理家電の1つです。揚げ物を作る際の油の用意、揚げた後の油の処理が不要となっており、忙しい主婦の方々や一人暮らしの男性にとって強い味方です。なお、食材自体に脂肪分がほとんど含まれない場合には、油を少量垂らしてから調理することで揚げ物を作ることができます。また、揚げるだけでなく、グリルやローストなど揚げる以外の用途があるノンフライヤーも存在します。

ノンフライヤーと電気フライヤーの違い

ノンフライヤーと似たものに電気フライヤーがあります。混同するかもしれませんが全くの別物で、ノンフライヤーは油を一切必要としません。高温の熱を循環させ、食材の油を利用して揚げ物のように調理をするため、とてもヘルシーに仕上がります。

一方の電気フライヤーでは油を電気で熱することで調理するため、ガスコンロで調理するのとほぼ変わらない仕上がりになります。ガスコンロが設置されているような限定的な場所だけでなく、「テーブルで揚げ物パーティをしたい」といった要望に応えることができる製品です。どちらも火を使う必要はありませんが、油の使用の有無から「調理後の手入れの差」が段違いです。またノンフライヤーでは再現しきれない味や触感を、電気フライヤーならば再現できるという点も重要です。

ノンフライヤーのメリット

ヘルシー料理

ノンフライヤーを使うことでヘルシーに揚げ物を楽しむことが出来ます。油を使用せず調理できるため、ダイエットを意識している方や、揚げ物の油が苦手な方でも美味しく食べることができます。また、買ってきた総菜を電子レンジで温めてしまうとべチャッとした仕上がりになりますが、ノンフライヤーであれば余分な油を落としてくれるため、サクサクかつヘルシーに温めなおすことが出来ます。

油の後処理

ノンフライヤーでは油の後処理が必要ありません。「家に帰るまでが遠足」理論と同様に、料理とは「準備~片付け」までを指しています。後片付けにかける時間と手間を省くことができなければ、外食で済ませる方が総合的には安上がりにもなります。揚げ物を作る場合、調理後には揚げ油の処理や油まみれの鍋を洗う作業が必要不可欠です。しかし油を使わないノンフライヤーでは、油を切るための揚げバットを用意する必要もなく、食材をノンフライヤーに投入するだけなので、準備に時間がかかりません。また調理後も洗い物が少なく、キッチンペーパーで軽く拭いてから食器と一緒に洗えばいいだけなので(食洗器対応ならもっと楽ちん)時間を節約することができます。

安心設計

油と火を使わないため火事の心配が小さくなります。時間と温度を設定するだけで、しばらく目を離しても危険無く調理できることは大きなメリットです。火災の心配だけでなく、小さな子どもがいる家庭で揚げ物をする場合、子どもが鍋をひっくり返さないか、などなど心配事がつきものです。ノンフライヤーの場合、誤った使用を避ければ火災に至ることはないため、揚げ物を作りながら他のおかずを準備したり、子どもの面倒を見たりとできるため安心できる点も大きなメリットです。

調理の失敗が少ない

揚げ物は温度管理が難しく、美味しく揚げるにはある程度の慣れが必要です。油で揚げ物をしていると中の状態が分かりにくいので、揚げすぎてしまって美味しくなくなったり、油っぽくベタベタとした仕上がりになったりします。一方でノンフライヤーなら、食材を入れてスイッチを入れるだけです。タイマー設定にしていれば、自動で電源が切れるため、他の事をしていても美味しく仕上げることができます。

ノンフライヤーのデメリット

サイズ

ノンフライヤーは大きくて重たい家電になります。いちいち片づけて…という使い方よりは、キッチンにスペースを確保しておく方がよいでしょう。そのためあらかじめ置くためのスペースがない場合、使い勝手が悪く感じてしまいます。

容量

上で紹介したように、大きく場所をとるノンフライヤーですが、一度に料理できる量はそこまで多くありません。ノンフライヤーは2リットル程度のサイズの製品が多いですが、四人暮らしの家族や食べ盛りの子どもがいるような家庭だと、複数回使用する必要があるかもしれません。購入前には容量についてしっかりと確認しておくとよいでしょう。

調理時間

油で揚げるよりも調理に時間を必要とします。揚げ物の場合、油を使うよりもおよそ5分ほどは時間がかかってしまう傾向にあるようです。そのため揚げる量が多い場合などは、ノンフライヤーは不向きです。「揚げ物を作っている間に他の事に時間をかけられる」という点で見れば、そこまで大きなデメリットではありませんが、人によっては考慮すべきポイントになります。

ノンフライヤーは確かに便利で優れた家電になりますが、やはり「完全に油で揚げた料理と同じ」とまではいきません。例えば今話題の代替肉ですが、非常においしく、お肉と比較しても遜色ないものも多くあります。しかし完全に同じとまではいかない「差」があります。揚げ物にこだわりがある方には不向きかもしれません。ただし、本物を追求して工夫を重ねることに楽しみを見出すのもまた面白いと思います。

失敗しないノンフライヤーの選び方、ポイントは?

たくさんのメリットやデメリットを抱えるノンフライヤー。メリットがデメリットを勝り購入したいと思った時、気をつけておくべきポイントを知っておけば買い物の失敗を防ぐことができます。ノンフライヤーの選び方のポイントをまとめたので確認しておきましょう。

サイズ

どれほど高性能で高機能なノンフライヤーを見つけても、キッチンに設置できるスペースがなければ購入することはできません。本体サイズのほか、周辺に必要となる空きスペースが意外と大きいので、しっかり確認する必要があります。高温加熱の調理をするので、本体もそれなりに熱くなるため、壁からの距離がある程度必要です。

容量

一般的なノンフライヤーの容量は2L程度。ポテトフライやチキンナゲットなどは一度に調理できそうですが、とんかつは一度に2枚しかできません。3、4人家族の場合は2回使用するか、2段式ラックを使うのが良いでしょう。そのほか、3.5Lの大容量タイプも販売されています。

一人暮らしのお部屋には一般的なノンフライヤーは大きすぎるかもしれません。そんな方には1L程度のコンパクトなミニタイプも販売されています。一人分の調理やお弁当にもおすすめです。

調理できる幅

ノンフライヤーは基本的に揚げが得意分野ですが、熱風循環オーブンと機能は同じため、焼き物にも対応できます。機種によっては揚げ物だけではなく焼いたり、蒸したり、炒めたり、煮たりできる機種もあります。また、買ってきたお惣菜などをクリックできる機種もあります。ノンフライヤーを活用した調理の幅を広げるためにも、購入前に機能をしっかりチェックしてみましょう。

手入れ

油を使って調理をしないため、お手入れが楽だと言われているノンフライヤーですが、お手入れを怠ると網が劣化して破損や故障の原因になってしまいます。丸洗いができるかどうか、食洗器に対応しているかどうか、フライヤー内の網が取り外し可能かどうかなど、手入れのしやすさを見ておきましょう。

タイマー機能

ノンフライヤーの多くに、タイマー機能や温度設定機能があります。ダイヤルで時間を設定するタイプのほか、最新モデルではデジタル式で数字を設定するタイプも登場し、より細かく説定できるようになっています。

温度調整機能

温度設定機能に関しては、最低温度と最高温度の確認が必要です。多機能タイプには、オーブンレンジのように自動メニューボタンが搭載されているタイプもあります。火加減や加熱時間を気にせず調理できるので便利です。

消費電力

小さいもので1000W、大きいものだと1500W近くなるため、家庭用の調理家電としては、電子レンジのオーブン使用時と同じくらいの電力を消費します。

おすすめのノンフライヤー8選
エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、「サイズ」「容量」「調理できる幅」「手入れ」「タイマー機能」「温度調整機能」「消費電力」「コストパフォーマンス」を主な評価基準とし、8種類のおススメのノンフライヤーを厳選してご紹介いたします。質・コストパフォーマンスの高いノンフライヤーと想定しております。
ノンフライヤー COSORI CP137-AF
  • 容量:3.5L
  • サイズ:幅34 x奥行27 x 高さ31cm
  • 消費電力:1230W
  • タイマー:1~60分

あらかじめ設定されたお肉やポテト、野菜やパンなど11種類のボタンから選択し、時間と温度を設定するだけで簡単に調理可能です。調理中、気になってバスケットを取った場合は自動で電源が切れる安全設計となっています。またバスケットは食洗器対応のため、お手入れも簡単です。30品のレシピが付いてくるため、慣れないうちはレシピで確認するとよいでしょう。スーパーのお惣菜などを温める際に使えば、衣がべちゃっとなるのを防ぎ、サクサクのまま食べることが出来ます。容量が大きいため、4人家族やたくさん食べたい方におススメです。注意点は動作音と、排熱です。熱に弱いものを近くに置くことは避けましょう。

Innsky ノンフライヤー 1.5L電気フライヤー
Innsky ノンフライヤー 1.5L電気フライヤー
  • Innsky
  • 価格   ¥ 5,099(2021年5月10日時点)
  • 容量:1.5L
  • サイズ:幅23.2x奥行23.2x 高さ31.4cm
  • 消費電力:1230W
  • タイマー:1~60分

こちらは1~2人用のノンフライヤ―です。自動余熱機能が搭載されており、食材全体を均一に加熱することが可能です。温度は80~200℃まで設定可能となっています。オススメポイントはなんといってもデザインでしょう。バケットを取り外すと自動で電源が切れるようになっており、安全面も問題ありません。コードが1mと短いため、仕様場所は注意しましょう。

KITCHER ノンフライヤー
KITCHER ノンフライヤー
  • Taishan JieWei Electrical Co.,Ltd.
  • 価格   ¥ 8,483(2021年5月10日時点)
  • 容量:4.5L
  • サイズ:幅29.4×奥行38.6×高さ34.0cm
  • 消費電力:1200W
  • タイマー:1~60分

80℃~200℃で温度調整が可能です。4.5Lと大容量となっており4人家族でもちょうどよいサイズとなっています。操作はタッチパネル式で誰が見ても使いやすいようになっています。内部の温度が基準よりも高くなると自動で電源が落ちるようになっています。食洗器対応となっているためお手入れも簡単です。

レコルト Air Oven RAO-1
  • 容量:2.8L
  • サイズ:幅21.2x奥行27.0x 高さ26.6cm
  • 消費電力:1200W
  • タイマー:1~60分

recolteはシンプル、コンパクト、スタイリッシュな調理家電を扱うブランドになっています。一人暮らしのおうちにあるとおしゃれな雰囲気を醸し出します。時間や温度など慣れるまでは少し研究が必要なため手間がかかります。お惣菜の温め直しには十分と評判です。

Innsky ノンフライヤー SA35
Innsky ノンフライヤー SA35
  • Innsky
  • 価格   ¥ 9,180 (2021年5月10日時点)
  • 容量:3.5
  • サイズ:幅27.5×奥行33.6×高さ31.2cm
  • 消費電力:1230W
  • タイマー:0~60分

LEDディスプレイで非常に見やすい画面に操作が簡単な点で人気の製品です。特にバスケットをはずした際には自動で電源をきってくれるので小さなお子さんがいても安心して使用できます。ただし使用時の音の大きさはなかなかなもので壁がうすいなどある場合は夜間の使用を控えるなどの工夫が必要かもしれません。

VPCOK ノンフライヤー
VPCOK ノンフライヤー
  • VPCOK
  • 価格   ¥ 14,980(2021年5月10日時点)
  • 容量:10L
  • サイズ:幅43.6×奥行43.6×高さ32.1cm
  • 消費電力:1200W
  • タイマー:1~99分

食材の焼き具合が確認できるデザインになっています。ローストチキン、フライドポテト、バーベキュー、ソーセージ、ホットドッグ、ポップコーンなどの専用の調理器具が付属でついてきます。「油を使わなくても唐揚げができる」「調理時間の短縮や手間がかからない」と高評価となっています。一方で「大きくて場所を取る」というレビューも多くありました。上記サイズを参考に、あらかじめ置き場所を決めておくのがオススメです。

CalmDo 10-in-1ノンフライヤー AF-120CD
CalmDo 10-in-1ノンフライヤー AF-120CD
  • CALMDO
  • 価格   ¥ 23,780 (2021年5月10日時点)
  • 容量:12L
  • サイズ:-
  • 消費電力:1300W
  • タイマー:-

フライヤーだけでなく、グリルやトースターとしても利用できます。BBQセットを始め、付属の調理器具が非常に便利です。調理箇所は外から確認することができるため、焼き具合の確認のために開閉が必要とされるものと比べると、非常に楽ちんに料理が楽しめます。ドアの取り外しが可能となっており、内部の清掃が簡単なのも人気の理由です。

VPCOK ノンフライヤー
VPCOK 揚げ物 油無し ノンフライヤー
  • VPCOK
  • 価格   ¥ 7,386(2021年5月10日時点)
  • 容量:-
  • サイズ:幅36×奥行35.8×高さ30.7cm
  • 消費電力:-
  • タイマー:-

本体部分以外のバスケットは食洗器に対応しているため、油を使うフライヤーよりも後片付けの楽ちんさが圧倒的です。またフライヤーとは言いながらも、揚げ物のみならずグリル料理やデザートまで幅広い料理を楽しむことができる点も人気な理由の1つです。

オススメ家電のご案内

エコモ博士
電気プラン乗換コムでは、様々な家電のオススメ商品をご案内しております。調査した家電一覧は下記表にて整理しておりますので、皆さまが現在ご購入を検討している家電がございましたら、ぜひとも記事をご覧いただけますと幸いです。
キッチン家電 電気コンロフードプロセッサーヨーグルトメーカー製麺機電気圧力鍋かき氷機ホットサンドメーカー製氷機電気ケトル電気蒸し器電気フライヤーノンフライヤーフィッシュロースターホットプレートIHクッキングヒーターオーブントースターミキサーコーヒーメーカーホームベーカリー整水器冷凍庫食器洗い乾燥機電気ポット電子レンジ炊飯器冷蔵庫
生活家電 電動歯ブラシマッサージチェアロボット掃除機布団乾燥機 ズボンプレッサーくつ乾燥機足湯器電動自転車電動シュレッダーアイロンミシン生ごみ処理機ワインセラー高圧洗浄機衣類乾燥機掃除機洗濯機
暖房・空調機器 扇風機アロマ加湿器電気毛布オイルヒーターハロゲンヒーターセラミックヒーターファンヒーター加湿器空気清浄機電気ストーブ石油ストーブガスストーブ電気こたつ電気カーペットエアコン
照明 LED電球白熱電球電球形蛍光ランプ
AV機器・カメラ テレビデジタルカメラ浴室テレビコンポプロジェクター
PC・周辺機器 プリンター
給湯器・住宅設備 温水洗浄便座
美容・健康家電 レディースシェーバー家庭用脱毛器フェイススチーマーカールアイロンストレートアイロンカールドライヤーメンズシェーバードライヤー
その他 電子ピアノデジタルフォトフレームインターホン

[Looopでんき]電気代の安さに特化

シンプルに価格の安さに特化したプランです。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、とにかく電気代を安全かつ徹底的に安くしたい方に推奨できます。Looopは、価格を徹底追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた事業を展開する大手の新電力会社となります。looopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で6000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

looopでんきについて

[出光興産でんき]オール電化で最高峰

オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。電気代をより削減したいオール電化の方に最もオススメな電力会社です。出光興産のサイトでキャンペーンコード「84845」を入力いただくことで、追加で3000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

出光興産でんきについて

[アンフィニPPA]太陽光を無料設置

アンフィニPPAプランは「無料太陽光発電」+「足りない部分をアンフィニから安価に購入」する特殊なプランです。一戸建て限定ですが、太陽光発電を無料設置できます。金額メリットは大きい一方、厳しい施工基準のある特殊なプランであり、ご自宅の屋根の素材等によっては利用できないケースも多々あります。アンフィニのサイトでキャンペーンコード「14009000」を入力いただくことで、追加で8000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

アンフィニPPAについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口

ライフプラン無料相談サービス

電気・ガス代の見直しに限らず、ご家庭の収支を踏まえた全体の見直しを行うライフプランご相談サービスを実施中!将来のイベントとマネープランを年表にして描くお客様のだけの人生設計資料を共有しながら、お金の専門家といわれるファイナンシャルプランナーがお客様の状況から疑問や解決方法など無料でご相談サポートいたします。

無料相談はこちら