の平均的な月あたりの支出
春

本ページでは、春の平均的な光熱水道費を年別に整理しております。また物価の上下等によって光熱費の実質的な負担が変動するため、家計全体(食費や生活雑貨、家賃など)に対する光熱費の割合を整理しております。なお光熱費削減の手段として、お得な電力・ガス会社への切替もご案内しております。

平均電気代
14,006
家計全体の支出平均
300,759

春における電気・ガス・水道料金の平均は?

皆様は、毎月支払っている光熱費が平均と比較してどの程度の水準であるかご存知でしょうか。そうした家計の支出関連のデータに関しては、総務省統計局による「家計調査」に推定値が記されており高精度な統計情報として参考にできます。また「家計調査」の中には光熱費に関するデータも含まれており、その数値を抽出することで春の光熱費の平均値を求めることができます。

ただし、「家計調査」は日本の全世帯に対する調査ではなく、ある一定の数のご家庭などから取得したデータを元に、日本全体の数値を推定したものであるため、厳密には正確な平均値ではありません。しかし、国内に存在するデータの中では最高水準の正確性と信頼性を持っていると考えられます。

このように厳密な平均値ではないものの、この「家計調査」より抽出したデータを参考に集計し、下記にておおよその光熱費の平均値を整理しております。また、物価の上下等によっても光熱費の実質的な負担割合が変わってきますので、食費や生活雑貨、家賃などの諸々の家計全体の支出に対する光熱費の割合も整理しております。この料金をご参考いただくことで、皆様がお支払いの光熱費がどの程度の水準であるかご確認いただくことができます。

家計調査による直近2023年のデータを参照すると、平均的な電気代は14006円、ガス代は6817円、その他光熱費(灯油・薪等)は1194円、水道代は5069円という結果になりました。年別の金額推移については下記をご覧ください。また、各光熱費におけるエリア・世帯人数・季節別データをご覧になりたい方は、下記リンクをご参考ください。

春の平均的な電気代の推移

平均電気代 電気代が家計に占める割合
2004年 9343円 2.96%
2005年 9575円 3.08%
2006年 9902円 3.23%
2007年 9487円 3.08%
2008年 10006円 3.29%
2009年 10617円 3.53%
2010年 10199円 3.40%
2011年 10007円 3.49%
2012年 11015円 3.70%
2013年 10727円 3.56%
2014年 12105円 3.95%
2015年 12373円 4.10%
2016年 11119円 3.79%
2017年 11110円 3.80%
2018年 11388円 3.90%
2019年 12120円 3.99%
2020年 11919円 4.40%
2021年 11179円 3.76%
2022年 14005円 4.67%
2023年 14006円 4.66%

春の平均的なガス代の推移

ガス代(月間) ガス代が家計に占める割合
2004年 6722円 2.13%
2005年 6696円 2.15%
2006年 6835円 2.23%
2007年 6783円 2.20%
2008年 7249円 2.39%
2009年 7090円 2.36%
2010年 6913円 2.30%
2011年 6649円 2.32%
2012年 7131円 2.39%
2013年 6811円 2.26%
2014年 7012円 2.29%
2015年 7340円 2.43%
2016年 6225円 2.12%
2017年 5779円 1.98%
2018年 5853円 2.00%
2019年 6170円 2.03%
2020年 5878円 2.17%
2021年 5751円 1.93%
2022年 6565円 2.19%
2023年 6817円 2.27%

春の平均的な他の光熱代の推移

他の光熱費(月間) 他の光熱費が家計に占める割合
2004年 1220円 0.39%
2005年 1713円 0.55%
2006年 2164円 0.71%
2007年 1823円 0.59%
2008年 2059円 0.68%
2009年 1311円 0.44%
2010年 1780円 0.59%
2011年 2228円 0.78%
2012年 2168円 0.73%
2013年 1890円 0.63%
2014年 1835円 0.60%
2015年 1345円 0.45%
2016年 977円 0.33%
2017年 1386円 0.47%
2018年 1379円 0.47%
2019年 1238円 0.41%
2020年 1342円 0.50%
2021年 1206円 0.41%
2022年 1483円 0.49%
2023年 1194円 0.40%

春の平均的な水道代の推移

水道代(月間) 水道代が家計に占める割合
2004年 4837円 1.53%
2005年 4821円 1.55%
2006年 4762円 1.56%
2007年 4887円 1.59%
2008年 4819円 1.59%
2009年 4895円 1.63%
2010年 4969円 1.66%
2011年 4857円 1.69%
2012年 4934円 1.66%
2013年 4998円 1.66%
2014年 4764円 1.56%
2015年 5103円 1.69%
2016年 5065円 1.72%
2017年 5005円 1.71%
2018年 4996円 1.71%
2019年 4973円 1.64%
2020年 5128円 1.89%
2021年 5521円 1.86%
2022年 5210円 1.74%
2023年 5069円 1.69%

春の平均的な家計の支出全体

家計支出平均
2004年 315883円
2005年 310987円
2006年 306112円
2007年 307652円
2008年 303796円
2009年 300850円
2010年 300234円
2011年 286873円
2012年 297900円
2013年 300971円
2014年 306332円
2015年 301497円
2016年 293745円
2017年 292309円
2018年 292325円
2019年 303770円
2020年 270718円
2021年 297302円
2022年 299819円
2023年 300759円

電力会社・ガス会社を切り替えて光熱費を抑えよう!

毎月支払う必要のある光熱費はできる限り金額を抑えたい方も多いと思います。その点、当サイトは国内3000以上におよぶ電気料金プランを調査し、その中からオススメの電力会社や料金プランを厳選してご紹介しております。数分程度の簡単な手続きで、年間の電気代の支払いを数千円~数万円安くできる可能性があります。電気料金プランの切替方法が分からない方におかれましては、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページを用意いたしましたのでご覧ください。

都市ガスをご利用の方におかれましては、オススメの都市ガス会社も紹介しております(LPガスをご利用の方はコチラでおススメをご紹介しております)。この機会に「電気とガス」の料金プランを見直し、毎月の光熱費を抑えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ