六人以上世帯の平均的な月あたりの支出
六人以上世帯
平均電気代
17,869
家計の支出平均
361,307

六人以上世帯における電気・ガス・水道料金の平均は?

皆様は、毎月支払っている光熱費が平均と比較してどの程度の水準であるかご存知でしょうか。そうした光熱費の平均額に関するデータについては、総務省統計局による「家計調査」に推定値が記されており、高精度な統計情報として参考にできます。

ただし、「家計調査」は日本の全世帯に対する調査ではなく、ある一定の数のご家庭などから取得したデータを元に、日本全体の数値を推定したものであるため、厳密には正確な平均値ではありません。しかし、国内に存在するデータの中では最高水準の正確性と信頼性を持っていると考えられます。

このように厳密な平均値ではないものの、この「家計調査」より抽出したデータを参考に集計し、下記にておおよその光熱費の平均値や家計に占める割合を整理しております。この料金をご参考いただくことで、皆様がお支払いの光熱費がどの程度の水準であるかご確認いただくことができます。

なお、家計調査による2022年のデータを参照すると、平均的な電気代は17869円、ガス代は6156円、その他光熱費(灯油・薪等)は1232円、水道代は9033円という結果になりました。年別の金額推移については下記をご覧ください。また、各光熱費におけるエリア・世帯人数・季節別データをご覧になりたい方は、下記リンクをご参考ください。

六人以上世帯の平均的な電気代の推移

平均電気代 電気代が家計に占める割合
2006年 15019円 4.11%
2007年 14427円 3.99%
2008年 14379円 4.01%
2009年 14771円 3.96%
2010年 15087円 4.20%
2011年 15463円 4.36%
2012年 15410円 4.56%
2013年 15665円 4.59%
2014年 16663円 4.55%
2015年 16200円 4.51%
2016年 16417円 4.73%
2017年 15127円 4.42%
2018年 16414円 4.74%
2019年 16031円 4.69%
2020年 16003円 4.46%
2021年 14852円 4.08%
2022年 17869円 4.95%

六人以上世帯の平均的なガス代の推移

ガス代(月間) ガス代が家計に占める割合
2006年 6228円 1.70%
2007年 6626円 1.83%
2008年 7138円 1.99%
2009年 6751円 1.81%
2010年 6238円 1.74%
2011年 6410円 1.81%
2012年 6635円 1.96%
2013年 7509円 2.20%
2014年 6592円 1.80%
2015年 6490円 1.81%
2016年 6132円 1.77%
2017年 5485円 1.60%
2018年 5458円 1.58%
2019年 5700円 1.67%
2020年 5073円 1.41%
2021年 5213円 1.43%
2022年 6156円 1.70%

六人以上世帯の平均的な他の光熱代の推移

他の光熱費(月間) 他の光熱費が家計に占める割合
2006年 4077円 1.11%
2007年 2785円 0.77%
2008年 2948円 0.82%
2009年 2539円 0.68%
2010年 2902円 0.81%
2011年 3263円 0.92%
2012年 3183円 0.94%
2013年 3318円 0.97%
2014年 3145円 0.86%
2015年 2150円 0.60%
2016年 1592円 0.46%
2017年 2758円 0.81%
2018年 2279円 0.66%
2019年 1621円 0.47%
2020年 1383円 0.39%
2021年 1711円 0.47%
2022年 1232円 0.34%

六人以上世帯の平均的な水道代の推移

水道代(月間) 水道代が家計に占める割合
2006年 8652円 2.37%
2007年 7847円 2.17%
2008年 8206円 2.29%
2009年 8070円 2.16%
2010年 8005円 2.23%
2011年 8898円 2.51%
2012年 8229円 2.44%
2013年 8340円 2.45%
2014年 8568円 2.34%
2015年 9002円 2.51%
2016年 8984円 2.59%
2017年 8695円 2.54%
2018年 8501円 2.46%
2019年 7757円 2.27%
2020年 8836円 2.46%
2021年 9190円 2.52%
2022年 9033円 2.50%

六人以上世帯の平均的な家計の支出全体

家計支出平均(月間)
2006年 365819円
2007年 361600円
2008年 358806円
2009年 372781円
2010年 359451円
2011年 354443円
2012年 337891円
2013年 341070円
2014年 365865円
2015年 359114円
2016年 346966円
2017年 342594円
2018年 346112円
2019年 341792円
2020年 358810円
2021年 364112円
2022年 361307円

電力会社・ガス会社を切り替えて光熱費を抑えよう!

毎月支払う必要のある光熱費はできる限り金額を抑えたい方も多いと思います。その点、当サイトは国内3000以上におよぶ電気料金プランを調査し、その中からオススメの電力会社・プランを厳選してご紹介しております。年間の電気代の支払いを数千円~数万円安くできる可能性があるほか、お申込みの際に使えるお得なキャンペーンコード等もご紹介しております。電気料金プランの切替方法が分からない方におかれましては、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページを用意いたしましたのでご覧ください。

LPガスをお使いの方におかれましては、「ガス屋の窓口」をご案内差し上げます。「ガス屋の窓口」はLPガスの料金削減に特化した専門サービスであり、提携している90社の中から最適なLPガス会社を紹介いたします。ガス料金の明細をお手元に用意いただければ、10秒診断で簡単にガス料金が比較できるほか、場合によってはガス料金が半額になるケースもあります。当サイトでは、「ガス屋の窓口」公式HPにて一括見積をお申込みの際、キャンペーンコード「1gascord」をご入力いただくことで、10000円分のクオカードをキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

都市ガスをご利用の方におかれましては、オススメの都市ガス会社も紹介しております。電気と都市ガスのセット割引でお得な電力会社をご案内差し上げます。この機会に「電気とガス」の料金プランを見直し、毎月の光熱費を抑えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

ページトップへ