太陽光発電・買取事業者一覧

2009年に開始となった再生可能エネルギー固定価格買い取り制度につきまして、太陽光発電で売電をしている皆さまにおかれましては、固定価格での買取期間が2019年11月から順次満了していきます。

これにより、太陽光発電による電力を「自家消費」するか、電力会社に「買い取ってもらう」か、選択する必要があります。「買い取ってもらう」場合、電力会社によって買取単価等が異なりますが、当サイトでは下記の通り事業者一覧や提供するサービスを整理しております。また、おススメの電力会社のご案内もしております。皆様のご検討の一助になりましたら幸いです。

おススメの買取事業者のご案内

本ページにも記載の通り、数多くの電力会社が卒FIT買取サービスを提供している中、それぞれ非常に魅力のある内容となっております。その中でも、当サイトが買取単価・汎用性・長期的な安定性等を総合的に加味し、推奨するのがENEOSによる卒FIT買取サービスとなります。ENEOSの卒FITサービスで特筆すべき点は、蓄電池や他商材とのセットなど複雑な内容ではなく、シンプルに買取だけで、国内最高クラスの買取単価を実現している点です。

また、ENEOSグループの歴史・電力事業に関するノウハウからも、長期的な安定感もあり、総合的に非常にオススメできる内容になっています。卒FIT太陽光設備については、ENEOSのサービスを適用することで、安心して長期にわたり高水準の経済的な受益を得られ、太陽光発電のトータルメリットを大きくできると期待できます。

ENEOSの買取サービス

太陽光発電の買取サービスを提供している事業者一覧(79件中、1〜20件目表示)

企業 プラン
秩父新電力株式会社
須賀川瓦欺株式会社
千葉電力株式会社
株式会社東急パワーサプライ
和歌山電力株式会社
九州電力株式会社
株式会社CWS
東北電力株式会社
大阪ガス株式会社
沖縄電力
北陸電力
スマートテック
中部電力
四国電力
関西電力
中国電力
東京電力エナジーパートナー
ENEOS
サーラeエナジー
ミツウロコグリーンエネルギー
蓄電池の導入をご検討の方はご相談ください

卒FIT買取サービス等の検討の際に、蓄電池の導入を候補にされる方もおられると思いますが、原則的に蓄電池導入による経済メリットは、初期費用(購入費用)と比較すると未だ小さい(もしくは収支がほぼ拮抗)のが現状です。蓄電池が故障する前に初期費用分の利益を得ることは困難であり、そのため蓄電池導入の目的は「利益を得るため」ではなく、「災害時などの非常時用の備え」として捉える必要があります。

当サイトを運営するRAUL株式会社では、皆様のご家庭にとって蓄電池を最大限負担の少ない形で導入できるプランを、各種ご案内することが可能です。ご案内の際には、蓄電池の導入による各種メリット等を、できる限り実態の金額で、なぜそのような金額になるのか分かりやすくご説明差し上げる努力をしております。もし蓄電池の導入でお悩みの方がおられましたら、お気軽にお問合せください。

  • 蓄電池導入効果のご説明のため必要となる資料(お手数ですがご用意いただく形となります)
    ・直近12ヶ月分の電気料金明細(もしくは契約容量およびkWh)
    ・直近12ヶ月分の太陽光発電による発電量(kWh)

卒FITに関するコラム一覧

[Japan電力]基本料金0円でお得

Japan電力のプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。多くの電力会社は基本料金を設定しており、毎月一定の料金が発生しますが、Japan電力ではその部分の支払い負担がなくなります。基本料金のコストを削減したい方におススメです。

Japan電力について

[idemitsuでんき]オール電化で最高峰

idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。オール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。

idemitsuでんきについて

[ENEOSでんき]都市ガスがお得

石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、電気/ガス料金プランのセットがおススメです。特に都市ガスが単体でも特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、電気とガスをENEOSにまとめることで大幅な光熱費削減が期待できます。

ENEOSでんきについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口