電力会社切替のメリット・デメリット

2016年4月に「電力小売りの全面自由化」が実施され、電力を自分自身で選ぶことのできる時代が到来しました。電力会社を切り替える人は徐々に増えていき、2017年には、家庭部門において8%近くが新電力へと切り替えています。

この電力を切り替えた方々は、どういった理由で行動に移したのでしょうか。多くの方は、新電力のプランにメリットを感じたからだと考えられます。メリットを感じる部分は人によって違いますが、「低価格」や「セット割引」、そのほかにも「地域貢献」や「再エネ応援」など多岐にわたります。

このようなメリットの多様性は、電力自由化の産物です。日本中の多様な企業が電力ビジネスに参入し、自社の強みを生かして魅力的なプランを提供するようになりました。

特に、電力と親和性の高い商品の1つにガスがあります。ガスは電気と同様、生活を支えるインフラ基盤として、多くの方が毎月料金を支払っている製品の1つです。双方とも、エネルギーを生み出す素材となるものであり、多くの共通点があります。ガスと電力はビジネス上も似た性質を持つため、ガスビジネスのノウハウは電力にも転化できるとされています。

この電気とガスのセット割引をデュアルフュエルというのですが、欧米の一部の国では一般的になっています。電気とガスを別々に契約するよりも、割引された料金となることが特徴です。

そのほかにも、例えばインターネットを提供する会社は、その強みを生かし、電気とネットのセット割引を提供しています。特定のショップでお得な買い物ができるプランや、電気自動車オーナー向けのプランもあります。

このような料金面のメリットだけではなく、少し割高でも、再生可能エネルギーの割合が多いプランを提供する企業や、地域活性化を目指すプランもあり、枚挙に暇がありません。なお、当サイトではおすすめ電力8選をご紹介しておりますので、ぜひともご参考ください。

このように、自身に合ったプランを選ぶことで、電力自由化の利点を最大限活用することができます。一方で、メリットだけではなく「停電が増えるのではないか」、「電気の質が落ちるのではないか」といった不安を抱える方も多いと思います。経済産業省が2017年に実施したアンケートによると、「切替になんとなく不安を感じている」との回答が約30%に達し、自由化についての不安感がハードルとなっていることが窺えます。

アンケートからも、切替によって「停電が増えそう」と考える方は多いかと思いますが、実は電力会社を切り替えても、停電のリスクは全く変わりません。理由としては、みなさんのご家庭に電気を届ける設備については、電力会社を切り替えても、全く同じとなる仕組みだからです。

電力事業において、小売部門(電力販売)と送配電部門(インフラや設備等)は分かれており、自由化されたのは小売部門です。そのため、停電リスクなどに関わる送配電部門は、これまでと同様、東京電力などの一般電気事業者が担うこととなります。

電気は、仮に止まってしまうと、様々なリスクが生じます。例えば、エアコンが使えないと熱中症で倒れる危険性が増します。ほかにも水槽のエアーポンプが止まれば、飼っている熱帯魚にとって大きなリスクです。そのため、電気の保安や電気の質などの部分が不安定になると、命に関わる事態に発展する可能性もあります。

こうした理由から、送配電部門は自由化されず、これまでと変わらない電気が使える制度設計となっているのです。

それでは、電力会社の切替によって考えられるデメリットは、何があるのでしょうか。まず挙げられるのが、自身に合ったプランを選択できないリスクです。多様性がある一方、どのプランが自分に合っているのか分からない方は多いと思います。その場合は、ぜひとも当サイトをご利用頂ければと思います。当サイトでは、評判の高い「looopでんき」と「楽天でんき」と「親指でんき」においてキャッシュバックを実施しています。お得に電力会社が切り替えられるので、ぜひともご利用ください。キャッシュバックの方法・手順については、こちらをご確認ください。

提供元 料金プラン キャッシュバック額 キャッシュバック用URL
ユビニティー 親指でんき 2000円(クオカード) 親指でんきのHP
Looop looopでんき 500円(クオカード) looopでんきのHP
楽天エナジー 楽天でんき 1000円(クオカード) 楽天でんきのHP

※「親指でんき」では、2018年10月31日(水) までに申し込んだ方に別途、Amazonギフトカード2000円分が進呈されます。そのため、当方の2000円キャッシュバックと組み合わせると、合計で4000円分のメリットを受け取ることができます。

リスクとしては他にも、切替後の電力会社が倒産する可能性がありますが、その場合は別の電力会社と契約すればよく、大きなリスクにはならないと考えられます。

他には、違約金が発生する電力会社もあります。例えば、1年以内に解約すると3000円の違約金が発生するというものです。経産省が制定する「電力の小売営業に関する指針」により、常識はずれに高価な違約金は設定できないようになっていますが、電気を使う私たちにとって、違約金の存在はデメリットになります。なお、当方がキャッシュバックを実施する「looopでんき」と「楽天でんき」と「親指でんき」は、すべて違約金がかからないので、安心して試してみることができます。

このように、違約金や倒産といったリスクは電力切り替えの際に発生しますが、それは一般的な商取引でも発生しうるもので、電気固有の性質を持つものではありません。このように、あらゆるサービスに共通する一般的なデメリットはありますが、電力会社を切り替えることで、停電増加等のリスクなく、メリットのみを享受できるのが自由化の特徴といえます。

親指でんきで2000円分クオカード

Looopでんきと同じ価格のプランです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。2018年10月31日までに申し込んだ方にはAmazonギフトカード2000円分が進呈されますので、合計で4000円分のメリットを受け取ることができます。

キャッシュバック用リンク

looopでんきで500円分クオカード

ポイント等のオプションを付けないことで、シンプルに価格が安いプランです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で500円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク

500円(クオカード)キャッシュバック!電気代の安さに特化しています!

楽天でんきで1000円分クオカード

楽天ユーザーはポイントが貯まるのでオススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で1000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク