大阪府の平均的な月あたりの支出
平均ガス代
4997
家計の支出平均
222395

大阪府の平均ガス代は?世帯人数・季節別にご紹介!

  • 更新日:2024/06/18

各ご家庭が支払っているガス代や家計の支出総額の水準については、総務省統計局の「家計調査(統計法により指定されている基幹統計)」に目安が記されております。当サイトでは、2023年5月~2024年4月のデータを参考に推計し、大阪府のガス代や、ガス代が家計に占める割合をご紹介していきます。なお過去のデータを参照されたい方は、2007年以降のガス代をコチラに整理しておりますのでご参考ください。

データを参照するところによると、大阪府のガス代平均は4997円という結果になりました。大阪府における平均的な家計の支出総額(家賃含む)は222395円であり、そのためガス代が家計に占める割合は2.25%となります。

ただ、これは大阪府全体の年間を通しての統計的な推計値となります。しかし実際には世帯人数や季節によってガス代の水準は大きく異なってきますので、それらのデータも参照することで、より正確に皆様が支払っているガス代の水準を測ることができます。下記にてより詳細にデータを整理しておりますので、皆様の支払っているガス代が平均と比較して、どの程度の水準であるか把握する材料になりましたら幸いです。

なお、光熱費を抑える際には、まずは安価な電気・ガスプランへの切替に取り組むことで高い効果が期待できます。その点、当サイトは国内3000種類以上におよぶ電気料金プランを調査し、その中から大阪府の方に安価なオススメの電力会社・料金プランを厳選してご紹介しております。基本的に電気の利用量が多い方ほど削減額も大きくなりますが、安価な電気プランに切り替えることで、電気代の支払いを年間で数千円~数万円安くできる可能性があります。また、電気料金プランの切替は意外にも非常に簡単で、通常5~10分程度で完了します。

電気だけではなく、ガスも料金削減したい方につきまして、LPガスをお使いの方は「LPガスのオススメ比較サービス」をご案内差し上げます。当サイトでは、国内でトップクラスの実績および事業アセットを保有する「エネピ」および「ガス屋の窓口」を推奨しております。LPガスの料金削減を検討する際には、この2つのサービスを利用しておけば、まず間違いない結果が得られるものと考えられ、国内で再安価水準のガス事業者を見つけられることが想定されます。

都市ガスをお使いの方におかれましては、オススメの都市ガス会社も紹介しております。

大阪府における世帯人数別のガス代の平均はどの程度?

大阪府での世帯人数別の平均ガス代を一覧表にて整理しております。 平均値としては一人暮らしで3379円、二人暮らしで5001円、三人暮らしで5624円、四人暮らしで5315円、五人世帯で5161円、六人世帯で5501円となります。下記にて表形式で整理しておりますので、ご参考ください。基本的には、世帯人数が多くなるにつれてガス代の支払額も大きくなっていく傾向にあることが分かります。

ガス代 家計の支出平均額 ガス代が家計に占める割合
平均 4997円 222395円 2.25%
一人暮らし 3379円 128032円 2.64%
二人暮らし 5001円 201823円 2.48%
三人暮らし 5624円 238741円 2.36%
四人暮らし 5315円 246969円 2.15%
五人暮らし 5161円 261202円 1.98%
六人暮らし 5501円 257600円 2.14%

【大阪府】季節別の月あたりのガス代、冬~春の料金が高くなる傾向に

次に、大阪府における季節別のガス代を見ていきます。季節別のデータですが、気象庁およびNHKでは春を3~5月、夏を6~8月、秋を9~11月、冬を12~2月の期間と区分しております。その定義に合わせると、春のガス代は7509円、夏は4536円、秋は3389円、冬は6891円となります。そのため、最もガス代を多く支払っている季節は冬~春、一方で最もガス代の支払いが少ない季節は秋という結果になりました。

ガス代 家計の支出平均額 ガス代が家計に占める割合
春(2024年3月~2024年4月/2023年5月平均) 7509円 230823円 3.25%
夏(2023年6月~2023年8月平均) 4536円 213743円 2.12%
秋(2023年9月~2023年11月平均) 3389円 219125円 1.55%
冬(2023年12月/2024年1月~2024年2月平均) 6891円 225908円 3.05%

月別のガス代

ガス代
1月 7077円
2月 8210円
3月 8458円
4月 7698円
5月 6372円
6月 5379円
7月 4699円
8月 3531円
9月 3052円
10月 3295円
11月 3820円
12月 5385円

大阪府におけるガス代以外の光熱費は?

当サイトでは、ガス代以外の光熱費の平均額も整理し皆様にご案内差し上げております。それら光熱費の水準を知りたい方におかれましては、下記リンクより当該ページをご覧ください。

【光熱費の削減ですべきこと①】お得なガス会社・電力会社の料金プランに切替

ここまで電気料金の平均水準に関するデータをご案内してきましたが、毎月支払う必要のある光熱費はできる限り金額を抑えたい方も多いと思います。その点で、まずやるべきことは「お得なガス会社・電力会社の料金プランへの切替」と考えられます。理由としては、料金プランの切替は手間が少なく、なおかつ生活スタイルを変えずに無理なく高い効果が期待できるため、最初に検討すべき項目と言えます。

ただし、ガス・電力会社は多岐にわたり、どのような料金プランを選択するかは難しい部分があります。そのため当サイトは、都市ガス・LPガス各々について情報を整理しております。まずは都市ガスをご利用の方におかれましては、オススメの都市ガス会社を紹介しております。電気と都市ガスのセット割引でお得な電力会社をご案内しております。詳細はリンク先をご参考ください。

またLPガスをお使いの方におかれましては、「LPガスのオススメ比較サービス」をご案内差し上げます。当サイトでは、国内でトップクラスの実績および事業アセットを保有する「エネピ」および「ガス屋の窓口」を推奨しております。LPガスの料金削減を検討する際には、この2つのサービスを利用しておけば、まず間違いない結果が得られるものと考えられ、国内で再安価水準のガス事業者を見つけられることが想定されます。

その他、国内3000以上におよぶ電気料金プランを調査し、その中からオススメの電力会社・プランを厳選してご紹介しております。年間の電気代の支払いを数千円~数万円安くできる可能性があるほか、お申込みの際に使えるお得なキャンペーンコード等もご紹介しております。電気料金プランの切替方法が分からない方におかれましては、「5分で簡単、電気料金プランの切り替え方法」のページを用意いたしましたのでご覧ください。

この機会に「ガスと電気」の料金プランを見直し、毎月の光熱費を抑えてみてはいかがでしょうか。

紹介ページ
お得な都市ガスプランをお探しの方 安価なガス料金プランを徹底比較!おすすめもご紹介
安価なプロパンガス業者をお探しの方 LPガスの一括見積サービスご案内
お得な電気料金プランをお探しの方 おすすめ・安価な電力会社を徹底比較/電気プランランキング

【光熱費の削減ですべきこと②】プロパンガスから都市ガスに切り替える

各地域ごとにご使用いただけるガスがプロパンガスか都市ガスかで決まっているかと思います。賃貸ですと、主にオーナー様がガス会社を決めてしまっていることが多いため、プロパンガス→都市ガスへの切り替えが難しい場合が多いです。持ち家ですと、切り替えできることが多いので、プロパンガス→都市ガスに切り替えが可能な場合は一度見直してみると良いでしょう。プロパンガスより都市ガスの方がガス料金が安価ですので、都市ガスに切り替えた方が毎月のガス代を削減することができます。

LPガス1ヵ月の一般小売価格
基本料金 使用量5㎥ 使用量10㎥ 使用量20㎥ 使用量30㎥
1,867円 5,213円 8,500円 14,842円 32,730円

出典:一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 2024年4月 「LPガス 月別(関東局)」

都市ガス1ヵ月の料金価格
料金表 1ヵ月のガスご使用量 基本料金 基準単位料金
A表 0m3から20m3まで 759.00 145.31
B表 20m3をこえ80m3まで 1,056.00 130.46
C表 80m3をこえ200m3まで 1,232.00 128.26
D表 200m3をこえ500m3まで 1,892.00 124.96
E表 500m3をこえ800m3まで 6,292.00 116.16
F表 800m3をこえる場合 12,452.00 108.46

出典:東京ガス ガス料金表(一般契約料金) 算出方法は以下の通りです。 ガス料金(税込)= 基本料金(税込)+単位料金(税込)×ガスご使用量 1ヵ月のガス使用量が10㎥の場合 759+145.31×10=2,212.1円 上記の計算から1ヵ月のガス代は2,212円になります。

【光熱費の削減ですべきこと③】ガス代の削減方法

普段生活している中で、どういった場面でガス代を削減できるのか、4つの方法をまとめてみました。

1.シャワー使用時間の短縮

オール電化ではない限りお風呂は基本的にガスを使用しています。 髪の毛を洗ったり、身体を洗ったりしたらシャワーで流すと思いますが、そのシャワーを使用している時間がどれくらいなのか考えたことはありますか? 平均的に一人当たりのシャワー使用時間はだいたい10分ほどと言われています。 湯舟の場合、200リットルのお湯を貯めるまでに掛かる時間は、おおよそ15分~20分くらいと言われており、つまり、20分以上使用してしまうとお湯を貯めるよりガスを使用してしまっているということになります。 シャワーを使用する時は、なるべくなら長くても15分以内に抑えるのが良いかと思います。

2.シャワーヘッドを変更

シャワーヘッドを節水シャワーヘッドに変更することで、同時にガス代も節約することができます。シャワーヘッドによって価格や節水率も変動してきますが、節水率が高いものであればあるほどガス代も節約できる幅が広がります。 ですが、全てのシャワーヘッドが自宅のシャワーに取り付けができるとは限らないので、取り付ける際は一度確認して選ぶようにしましょう。

VANCON シャワーヘッド

節水率最大80%のシャワーヘッドです。こちらは独自技術のウルトラファインバブルにより毛穴の汚れをキレイに洗い流してくれます。5段階のモードがあり、特にミストモードは気持ち良いとレビューでも評価が高いです。

Nugoya シャワーヘッド

節水率最大65%のシャワーヘッドです。こちらは手元に止水ボタンがついているので、止めたい時に簡単に水を止めることができます。重さも185gとiPhone15promax(221g)より軽いので、女性やお子様もラクに使用することができます。

Greneo シャワーヘッド

節水率最大80%のシャワーヘッドです。こちらはソフトとハードの2種類から水圧を選ぶことができ、さらに3段階のモード切り替えが可能です。クリーンモードやシャワーヘッドの分解も可能なので、掃除も簡単にすることができます。

3.電気家電を活用する

調理する際に、ガスコンロだけを使用するのではなく、熱を軽く通したり、下ごしらえをする程度なら電子レンジを使用したり、お湯を沸かすなら電気ケトルを使用したりと、電気家電を活用しましょう。ガスと電気を上手く併用することで、電気代はかかってしまいますが、ガスコンロだけを使用するよりもガス代はその分抑えることができます。 電気は切り替えをすることで、電気代を見直すことができ、より安い料金に切り替えることができます。

4.ガスコンロをこまめに掃除する

バーナー部分に汚れが詰まっていると、本来使用するガス以上に余分な力を出そうとして、その分ガスを多く使用してしまいます。ですので、余分なガスを使用しないよう、定期的に掃除をするようにしましょう。

電力会社・ガス会社を切り替えて光熱費を抑えよう!

本ページでは2023年5月~2024年4月の家計調査データを参考に、大阪府のガス代について分析し、それら情報を整理の上で一覧化しております。冒頭で記載の通り、皆様の支払っているガス代が平均と比較して、どの程度の水準であるか把握する材料になりましたら幸いです。

また光熱費の削減の際には、安価な電力・ガスプランに切り替えることが効果的です。最初は少し手間ですが、一度安価なプランに切り替えることで、その後の長い期間にわたり皆様の家計負担を極力抑えてくれます。なお、当サイトでは国内約3000種類の電気料金プランを調査し、その中から安価なオススメの電力会社・料金プランを厳選してご紹介しております。これらのお得な料金プランに切り替えることで、年間の電気代の支払いを数千円~数万円安くできる可能性があります。

また電気だけではなく、ガスも料金削減したい方につきまして、都市ガスをお使いの方におかれましては、オススメの都市ガス会社も紹介しております。LPガスをお使いの方は「LPガスのオススメ比較サービス」をご覧いただくことで、ガス代削減の参考になるかと考えております。本ページをきっかけとして、皆様の光熱費削減の一助になれましたら幸いです。

おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ