シン・エナジーによる電灯プラン「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」の特徴とは?メリット・デメリットを解説
  • 2020/12/13 公開、データ:2020/6/9時点

シン・エナジーが提供する「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」について、特徴やメリット・デメリット等を解説いたします。皆様の電気料金プランのご検討材料としてお役に立てていただけますと幸いです。

提供エリア 中国電力エリア
利用できる都道府県 鳥取県、島根県(隠岐諸島〔島後、中ノ島、西ノ島、知夫里島〕を除きます。)、岡山県、広島県、山口県(見島を除きます。)、兵庫県の一部、香川県の一部、愛媛県の一部
電源構成 不明
公式HP シン・エナジーのHPへ

電気料金の推計削減メリット

電気料金は基本的に、月額固定の基本料金と、実際に使用した電気量に1kWhあたりの単価を乗じた「従量料金」を合計することで算出できます。これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と単価を計算式に当てはめることで、実際に支払う必要がある電気料金を割り出すことができます。

下記表は、公式HPにて公開されている単価情報から、「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」を利用した場合における電気料金の年間推定削減メリットを整理したものです。

電力利用量(年間) シン・エナジーの「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」 中国電力の通常プラン 年間削減額
6000kWh 155280円/年 170162円/年 14882円の値下げ
12000kWh 309694円/年 346058円/年 36364円の値下げ
30000kWh 764426円/年 863978円/年 99552円の値下げ
60000kWh 1493959円/年 1694618円/年 200659円の値下げ
90000kWh 2223492円/年 2525258円/年 301766円の値下げ
120000kWh 2910492円/年 3307058円/年 396566円の値下げ

※調査時点の推計値となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。
※年間電気代は、6000kWh(6kVA相当、月間500kWh)、12000kWh(10kVA相当、月間1000kWh)、30000kWh(20kVA相当、月間2500kWh)、60000kWh(30Kva相当、月間5000kWh)、90000kWh(40Kva相当、月間7500kWh)、120000kWh (40Kva相当、月間10000kWh)を利用した場合の推計値です。
※年間電気代は電気料金プラン乗換コムのキャッシュバック金額を加味した数値となります。

追加のオプション

シン・エナジーの西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)を利用することで、下記のオプションを利用できる可能性があります。それら内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、電気料金プランの削減メリットと併せて検討材料にして頂けますと幸いです。なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。

  • 応援
    電気代の一部が西宮ストークスの活動資金になります。

「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」への切替で電気の品質は変わる?

「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」へ切り替えても、電気の品質に違いは発生しません。電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、経済産業省のHPにも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。

「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」への切替で停電の頻度は変わる?

「西宮ストークスハッピーエナジープランB(中国電力エリア)」へ切り替えても、停電のリスクが変動することはありません。電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社や特定プランの顧客優先という視点は存在しません。

また、経済産業省や消費者庁(消費者保護、安全の確保、消費者啓発を目的とした団体)は、電力全面自由化の際、電力の消費者に対して、新電力は停電が増える、電気の品質が変わるといった誤解をしないよう情報発信しています(ご参考)。

シン・エナジーが提供する低圧法人プラン一覧

[Japan電力]基本料金0円でお得

Japan電力のプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。多くの電力会社は基本料金を設定しており、毎月一定の料金が発生しますが、Japan電力ではその部分の支払い負担がなくなります。基本料金のコストを削減したい方におススメです。

Japan電力について

[idemitsuでんき]オール電化で最高峰

idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。オール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。

idemitsuでんきについて

[ENEOSでんき]都市ガスがお得

石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、電気/ガス料金プランのセットがおススメです。特に都市ガスが単体でも特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、電気とガスをENEOSにまとめることで大幅な光熱費削減が期待できます。

ENEOSでんきについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口