MCリテールエナジーの太陽光余剰買取プランの特徴とは?評判やメリット・デメリットを解説

  • 更新日:2024/03/08

MCリテールエナジーによる太陽光余剰買取プランの提供エリアは?

各電力会社が提供する余剰電量買取プランは全国どこでも利用できる訳ではなく、プランによって使える地域や条件が分かれています。そのため、下記表にてMCリテールエナジーが提供するプランの利用できるエリア・条件等をご案内差し上げます。皆さまがお住いのエリアで下記プランを利用可能であるかご確認ください。また、どの卒FIT買取サービスを利用するかお悩みの方は、卒FIT買取サービス一覧をご覧ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 提供地域 電力エリア 利用条件 補足 個別プラン分析
卒FITオプション(東北電力エリア) 東北電力エリア 東北電力管内 まちエネの電力小売プランご利用の方が対象となります。 「卒FITオプション(東北電力エリア)」の分析ページへ
卒FITオプション(中部電力エリア) 中部電力エリア 中部電力管内 まちエネの電力小売プランご利用の方が対象となります。 「卒FITオプション(中部電力エリア)」の分析ページへ
卒FITオプション(関西電力エリア) 関西電力エリア 関西電力管内 まちエネの電力小売プランご利用の方が対象となります。 「卒FITオプション(関西電力エリア)」の分析ページへ
卒FITオプション(四国電力エリア) 四国電力エリア 四国電力管内 まちエネの電力小売プランご利用の方が対象となります。 「卒FITオプション(四国電力エリア)」の分析ページへ
卒FITオプション(東京電力エリア) 東京電力エリア 東京電力管内 まちエネの電力小売プランご利用の方が対象となります。 「卒FITオプション(東京電力エリア)」の分析ページへ

※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

MCリテールエナジーによる太陽光余剰買取プランの売電単価は?

MCリテールエナジーによる太陽光余剰買取プランを利用した際の売電単価を整理しております。基本的には単価が高いほど、高額で電気を売電できることとなります。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 単価(kWh)
卒FITオプション(東北電力エリア) 9.5円/kWh
卒FITオプション(中部電力エリア) 7.5円/kWh
卒FITオプション(関西電力エリア) 8.5円/kWh
卒FITオプション(四国電力エリア) 7.5円/kWh
卒FITオプション(東京電力エリア) 9円/kWh

※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

MCリテールエナジーによる太陽光余剰買取プランの想定年間売電額は?

MCリテールエナジーによる太陽光余剰買取プランを利用した際の想定年間売電額を整理しております。太陽光発電は、同じパネル容量でも日照・気温・角度等様々なパラメータにより発電量は変動しますが、本ページでは設備利用率を17.2%と仮定して計算しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 1kw 2kw 3kw 4kw 5kw 6kw
卒FITオプション(東北電力エリア) 14314円 28628円 42942円 57255円 71569円 85883円
卒FITオプション(中部電力エリア) 11300円 22601円 33901円 45202円 56502円 67802円
卒FITオプション(関西電力エリア) 12807円 25614円 38421円 51228円 64036円 76843円
卒FITオプション(四国電力エリア) 11300円 22601円 33901円 45202円 56502円 67802円
卒FITオプション(東京電力エリア) 13560円 27121円 40681円 54242円 67802円 81363円

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

売電額の想定メリット・デメリットは?

固定価格買取制度の満了後、太陽光発電のオーナー様が何もしなければ、地域の電力会社の通常プランにて買取が行われます。それら地域の電力会社のプランと比較し、MCリテールエナジーのプランの利用によってどの程度売電額にメリット・デメリットがあるのかをシミュレーションしております。

卒FITオプション(東北電力エリア)

東北電力の通常プランとの比較

東北電力の通常プランの買取単価は9円/kWhとなります。一方でMCリテールエナジーの「卒FITオプション(東北電力エリア)」は9.5円/kWhであるため、売電収益は+5.55%となります。また、売電単価からパネル容量別の推定売電収益を算出し、下記にて整理しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 MCリテールエナジーの「卒FITオプション(東北電力エリア)」 東北電力の通常プラン 差額
1kW 14314円/年 13560円/年 754円高く売電
2kW 28628円/年 27121円/年 1507円高く売電
3kW 42942円/年 40681円/年 2261円高く売電
4kW 57255円/年 54242円/年 3013円高く売電
5kW 71569円/年 67802円/年 3767円高く売電
6kW 85883円/年 81363円/年 4520円高く売電

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

卒FITオプション(中部電力エリア)

中部電力の通常プランとの比較

中部電力の通常プランの買取単価は7円/kWhとなります。一方でMCリテールエナジーの「卒FITオプション(中部電力エリア)」は7.5円/kWhであるため、売電収益は+7.14%となります。また、売電単価からパネル容量別の推定売電収益を算出し、下記にて整理しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 MCリテールエナジーの「卒FITオプション(中部電力エリア)」 中部電力の通常プラン 差額
1kW 11300円/年 10547円/年 753円高く売電
2kW 22601円/年 21094円/年 1507円高く売電
3kW 33901円/年 31641円/年 2260円高く売電
4kW 45202円/年 42188円/年 3014円高く売電
5kW 56502円/年 52735円/年 3767円高く売電
6kW 67802円/年 63282円/年 4520円高く売電

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

卒FITオプション(関西電力エリア)

関西電力の通常プランとの比較

関西電力の通常プランの買取単価は8円/kWhとなります。一方でMCリテールエナジーの「卒FITオプション(関西電力エリア)」は8.5円/kWhであるため、売電収益は+6.25%となります。また、売電単価からパネル容量別の推定売電収益を算出し、下記にて整理しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 MCリテールエナジーの「卒FITオプション(関西電力エリア)」 関西電力の通常プラン 差額
1kW 12807円/年 12054円/年 753円高く売電
2kW 25614円/年 24108円/年 1506円高く売電
3kW 38421円/年 36161円/年 2260円高く売電
4kW 51228円/年 48215円/年 3013円高く売電
5kW 64036円/年 60269円/年 3767円高く売電
6kW 76843円/年 72323円/年 4520円高く売電

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

卒FITオプション(四国電力エリア)

四国電力の通常プランとの比較

四国電力の通常プランの買取単価は7円/kWhとなります。一方でMCリテールエナジーの「卒FITオプション(四国電力エリア)」は7.5円/kWhであるため、売電収益は+7.14%となります。また、売電単価からパネル容量別の推定売電収益を算出し、下記にて整理しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 MCリテールエナジーの「卒FITオプション(四国電力エリア)」 四国電力の通常プラン 差額
1kW 11300円/年 10547円/年 753円高く売電
2kW 22601円/年 21094円/年 1507円高く売電
3kW 33901円/年 31641円/年 2260円高く売電
4kW 45202円/年 42188円/年 3014円高く売電
5kW 56502円/年 52735円/年 3767円高く売電
6kW 67802円/年 63282円/年 4520円高く売電

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

卒FITオプション(東京電力エリア)

東京電力の通常プランとの比較

東京電力の通常プランの買取単価は8.5円/kWhとなります。一方でMCリテールエナジーの「卒FITオプション(東京電力エリア)」は9円/kWhであるため、売電収益は+5.88%となります。また、売電単価からパネル容量別の推定売電収益を算出し、下記にて整理しております。

※横にスクロールで表全体を表示

パネル容量 MCリテールエナジーの「卒FITオプション(東京電力エリア)」 東京電力の通常プラン 差額
1kW 13560円/年 12807円/年 753円高く売電
2kW 27121円/年 25614円/年 1507円高く売電
3kW 40681円/年 38421円/年 2260円高く売電
4kW 54242円/年 51228円/年 3014円高く売電
5kW 67802円/年 64036円/年 3766円高く売電
6kW 81363円/年 76843円/年 4520円高く売電

※太陽光発電の設備利用率を17.2%として計算しています。
※各プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

どのようなオプションがあるの?

太陽光余剰電力の買取プランをご利用いただく事で、追加のオプションを受けられる可能性があります。内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、売電金額等と併せて検討材料にして頂けますと幸いです。なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン オプション
卒FITオプション(東北電力エリア)
  • ポイント還元
    発電買取額が電気料金を上回った場合、毎月1円につき、1Pontaポイントで還元されます
卒FITオプション(中部電力エリア)
  • ポイント還元
    発電買取額が電気料金を上回った場合、毎月1円につき、1Pontaポイントで還元されます
卒FITオプション(関西電力エリア)
  • ポイント還元
    発電買取額が電気料金を上回った場合、毎月1円につき、1Pontaポイントで還元されます
卒FITオプション(四国電力エリア)
  • ポイント還元
    発電買取額が電気料金を上回った場合、毎月1円につき、1Pontaポイントで還元されます
卒FITオプション(東京電力エリア)
  • ポイント還元
    発電買取額が電気料金を上回った場合、毎月1円につき、1Pontaポイントで還元されます
おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ