スマサポの電気プランの特徴とは?評判やメリット・デメリットを解説

  • 更新日:2023/08/07

スマサポが提供する電気プランの特徴について、特徴やメリット・デメリット等を解説いたします。皆様の電気料金プランのご検討材料としてお役に立てていただけますと幸いです。なお、電気料金プランの選択でお困りの方がおりましたら、当サイトではオススメの電力会社をご紹介しておりますので、宜しければご覧ください。

スマサポによる電気料金プランの提供エリアは?

各電力会社が提供する電気料金プランは全国どこでも利用できる訳ではなく、プランによって使える地域・エリアが分かれています。そのため、下記表にてスマサポが提供する一般家庭用プランの提供エリアをご案内差し上げます。皆さまがお住いのエリアで下記電気料金プランを利用可能であるかご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 提供地域 電力エリア プラン分析ページ
スマサポでんき[中国B](従量電灯B相当) 岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、兵庫県(一部)、香川県(一部)、愛媛県(一部)※離島は除く 中国電力管内管内 「スマサポでんき[中国B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[四国A](従量電灯A相当) 香川県、愛媛県、徳島県、高知県 四国電力管内管内 「スマサポでんき[四国A](従量電灯A相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[四国B](従量電灯B相当) 香川県、愛媛県、徳島県、高知県 四国電力管内管内 「スマサポでんき[四国B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[九州B](従量電灯B相当) 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、※離島は除く 九州電力管内管内 「スマサポでんき[九州B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[九州C](従量電灯C相当) 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、※離島は除く 九州電力管内管内 「スマサポでんき[九州C](従量電灯C相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[中国A](従量電灯A相当) 岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、兵庫県(一部)、香川県(一部)、愛媛県(一部)※離島は除く 中国電力管内管内 「スマサポでんき[中国A](従量電灯A相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[中部B](従量電灯B相当) 愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、長野県※一部離島は除く 中部電力管内管内 「スマサポでんき[中部B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[中部C](従量電灯C相当) 愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、長野県※一部離島は除く 中部電力管内管内 「スマサポでんき[中部C](従量電灯C相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[関西A](従量電灯A相当) 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県(一部)※離島は除く 関西電力管内管内 「スマサポでんき[関西A](従量電灯A相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[関西B](従量電灯B相当) 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県(一部)※離島は除く 関西電力管内管内 「スマサポでんき[関西B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[東北B](従量電灯B相当) 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、※離島は除く 東北電力管内管内 「スマサポでんき[東北B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[東北C](従量電灯C相当) 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、※離島は除く 東北電力管内管内 「スマサポでんき[東北C](従量電灯C相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[関東B](従量電灯B相当) 茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都神奈川県、山梨県(一部)、静岡県(一部)※離島は除く 東京電力管内管内 「スマサポでんき[関東B](従量電灯B相当)」の分析ページへ
スマサポでんき[関東C](従量電灯C相当) 茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都神奈川県、山梨県(一部)、静岡県(一部)※離島は除く 東京電力管内管内 「スマサポでんき[関東C](従量電灯C相当)」の分析ページへ

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

電気料金プランの想定年間電気代は?

電気料金は基本的に、月額固定の基本料金と、実際に使用した電気量に1kWhあたりの単価を乗じた「従量料金」を合計することで算出できます。これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と基本/従量単価を計算式に当てはめることで、電気料金の水準を算出できます。ただし「基本料金」や「従量料金」の他にも、燃料調整費や市場調整費、もしくは電源調整費等、電力会社によって細かくパラメータが設定されており、実態の電気代と大きく異なるケースもあるため、あくまで下記はご参考としてご参照ください。なお、世帯人数別の電気利用量については、総務省統計局による家計調査の数値をベースとして推計値を算出しています(ご参考))。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 一人暮らし 二人暮らし 三人暮らし 四人暮らし 五人暮らし 六人暮らし
スマサポでんき[中国B](従量電灯B相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 141864円/年 170004円/年
スマサポでんき[四国A](従量電灯A相当) 59065円/年 102610円/年 114836円/年 124005円/年 133174円/年 163738円/年
スマサポでんき[四国B](従量電灯B相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 133894円/年 161350円/年
スマサポでんき[九州B](従量電灯B相当) 60727円/年 103798円/年 117888円/年 125783円/年 137242円/年 163558円/年
スマサポでんき[九州C](従量電灯C相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 136867円/年 164431円/年
スマサポでんき[中国A](従量電灯A相当) 59646円/年 105453円/年 117803円/年 127066円/年 136329円/年 167205円/年
スマサポでんき[中部B](従量電灯B相当) 67691円/年 119047円/年 135983円/年 146239円/年 159756円/年 193944円/年
スマサポでんき[中部C](従量電灯C相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 155642円/年 188114円/年
スマサポでんき[関西A](従量電灯A相当) 59003円/年 100655円/年 112641円/年 121630円/年 130619円/年 160583円/年
スマサポでんき[関西B](従量電灯B相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 138679円/年 166831円/年
スマサポでんき[東北B](従量電灯B相当) 64778円/年 114214円/年 130787円/年 140276円/年 153686円/年 185318円/年
スマサポでんき[東北C](従量電灯C相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 147826円/年 179458円/年
スマサポでんき[関東B](従量電灯B相当) 66690円/年 116558円/年 132322円/年 141570円/年 154250円/年 185078円/年
スマサポでんき[関東C](従量電灯C相当) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 153190円/年 183994円/年

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。
※基本料金および電力量料金の合算値となります。
※年間電気代は、一人暮らし(30A相当、月間210kWh)、二人暮らし(40A相当、月間360kWh)、三人暮らし(50A相当、月間400kWh)、四人暮らし(50A相当、月間430kWh)、五人暮らし(60A相当、月間460kWh)、六人暮らし(60A相当、月間560kWh)を利用した場合の推計値です。

各電気料金プランのオプションは?

電気料金プランの利用によって、下記のオプションを利用できる可能性があります。それら内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、電気料金プランの削減メリットと併せて検討材料にして頂けますと幸いです。なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン オプション
スマサポでんき[中国B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[四国A](従量電灯A相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[四国B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[九州B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[九州C](従量電灯C相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[中国A](従量電灯A相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[中部B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[中部C](従量電灯C相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[関西A](従量電灯A相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[関西B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[東北B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[東北C](従量電灯C相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[関東B](従量電灯B相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。
スマサポでんき[関東C](従量電灯C相当)
  • 電源調達調整費
    電力調達にかかる実際の費用(調達調整費)に応じて算出される金額分が加算もしくは減算されます。

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

電力会社の切替でデメリットはあるの?

電力は公共インフラであり、止まったり品質が悪くなると、生命の危機に繋がるケースも多々あるので、電力会社を切り替えてもこれまでと全く同じ電気が届けられるようになっています。ただ、あえてデメリットを挙げるとすると「違約金」と「倒産リスク」が存在します。

よくある質問① 電気プランの切替で電気の品質は変わる?

電気プランを切り替えても、電気の品質に違いは発生しません。電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、経済産業省などのHPにも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。

よくある質問② 電気プランの切替で停電の頻度は変わる?

電気プランを切り替えても、停電のリスクが変動することはありません。電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社や特定プランの顧客優先という視点は存在しません。

また、経済産業省や消費者庁(消費者保護、安全の確保、消費者啓発を目的とした団体)は、電力全面自由化の際、電力の消費者に対して、新電力は停電が増える、電気の品質が変わるといった誤解をしないよう情報発信しています(ご参考)。

よくある質問③ 電気プランの切替で違約金は発生する?

現状、解約料が無料の電力会社も多いですが、一部の電力会社は違約金を設定しており、例えば1年以内の解約で〇〇〇〇〇円といった出費につながることがあります。そのため、公式HPにて最新の情報をご確認の後、契約することをお勧めいたします。

よくある質問④「スマサポ」が倒産した場合は電気がとまる?

電力会社も企業ですので、日本にある多くの会社と同様、経営努力を怠れば特殊な例外事例を除き、通常は倒産します。ただ、電気の供給断絶は命に関わることもあるため、「スマサポ」が倒産等した場合でも、突然電気が止まることはないよう制度設計されています。ただし、倒産してますので、同一の電力会社から電気を購入することはできなくなりますので、その点は注意が必要です。

電気を購入している小売電気事業者が倒産等により事業を廃止する場合、小売電気事業者は契約相手である消費者に対してあらかじめその旨周知しなければなりません。つまり、電気の消費者(みなさま)としては、別の電力会社のプランへ切り替える必要があります。

なお、電気はセーフティネットがしっかりしており、最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が一般送配電事業者に義務づけられています。例えば、それまで供給していた小売電気事業者が倒産等により事業を廃止したような場合には、需要家は、他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることもできます。もちろん、別の新電力と契約することも可能です。

このように倒産した場合であっても、別の新電力との契約ができるほか、セーフティーネットも存在するため、倒産の周知があった際に電力切替の行動を起こせば停電することはありません。ただし、倒産した後も全く何もせず、他の電力会社の料金プランへお申込み等しなければ、電気の供給が止まるおそれがあります。このため、再度ご自身にあった電力会社を探すのは手間であることからも、倒産リスクは電気プラン切替のデメリットと捉えることができます。

補足

  • 本ページの情報は推計値等も含まれているため、最新の正確な情報を把握したい方は、スマサポの公式HPをご確認ください。
おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ