丸紅新電力とは?メリットとデメリット・契約がおすすめの方について解説

  • 更新日:2024/01/18

電気料金が高騰している近年において、自宅の電力契約について見直しを検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、国内には数多くの電力会社が存在するため、どの会社、どのプランを選べば良いのか迷ってしまうケースもあるでしょう。

そこで本記事では、丸紅新電力のメリットやデメリット、料金プランについてお伝えします。また、契約がおすすめの方や申し込み方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

丸紅新電力とは?

丸紅新電力は、丸紅グループとして国内外で培ってきたノウハウをもとに、常に業界をリードしてきた新電力のパイオニア企業です。

丸紅新電力の沿革は、2000年に電力小売一部自由化と同時に水力発電所を買収したことから始まっています。2002年に日本国内の電気事業に参画して以降、ビル、倉庫、学校、レジャー施設などを中心に電力を供給してきました。

2016年には「丸紅新電力」として会社を設立し、家庭用の電力販売事業にも参入しています。現在の申し込み数は、業務用、家庭用を合算して業界トップクラスの数を誇っており、まさに業界のリーディングカンパニーといえる企業のひとつです。現在では北海道、東京、中部、関西、中国、九州電力管内と幅広いエリアで人々の生活を支えています。

社名になっている「新電力」とは、地域の電力会社との呼び分けをするために付けられた名称です。2016年に法改正がされる以前は、全国各地に所在する地域の電力会社のみが発電・販売する権利を持っていました。しかし法改正以降はこの制限がなくなり、すべての消費者に対して自由に電気を供給することが可能になっています。

【丸紅新電力の概要】
会社名(商号) 丸紅新電力株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目4番2号 丸紅ビル
設立日 2011年1月21日
資本金 1億円(丸紅株式会社100%出資)
営業所 大阪支店・九州支店・中部営業所・中国営業所・沖縄営業所・北陸営業所
セット割 なし
オール電化対応プラン あり
解約違約金 なし
支払い方法 クレジットカード支払い

地球温暖化が進行し、SDGsへの取り組みが注目されている今日において、丸紅新電力は再生可能エネルギー事業にも注力しています。

丸紅グループでは、国内21か所で発電所を建築している実績がありますが、火力発電だけではなく風力、太陽バイオマス、小水力発電といったエネルギー事業にも力を入れているのが特徴です。

新潟県にはメガソーラー、山梨県では小水力発電所など、地域密着の事業を展開しており、火力発電に関しても環境負荷をより減らす取り組みが進められています。

丸紅新電力のおすすめポイント

  • 申し込み方法が簡単!WEBからの手続きであれば最短4分で完了
  • 現在の電力会社への連絡は不要!面倒な解約手続きなし
  • 切り替えの工事も不要!スマートメーターが設置されていない場合、原則電力会社側で設置

丸紅新電力の料金プラン

丸紅新電力の電力プランは、「プランS」「ナイトおトクプラン」「プランH」の3種類が存在します。ここからは、それぞれの電力プランについての詳細を見ていきましょう。

プランS

プランSは、3つプランのなかでもっともシンプル・スタンダードなプランです。電気料金を現在より抑えていきたい方にぴったりのプランであり、電気を使用すればするほどお得な料金形態になっています。

【プランSの料金表※東京電力管内・従量電灯Bの場合】
料金種別 区分 料金単価(税込)
1契約あたりの基本料金 10A 584.58円
15A 584.58円
20A 584.58円
30A 876.86円
40A 1,169.15円
50A 1,461.44円
60A 1,753.73円
1kWhあたりの電力量料金 〜120kWh 29.70円
120kWh〜300kWh 36.23円
300kWh〜 40.28円

ナイトおトクプラン

ナイトおトクプランは、夜間の電気使用量が多い方におすすめのプランです。オール電化住宅、太陽光発電、蓄電池、電気自動車などを自宅で利用している方、また昼間は留守にしている時間が多い方にとっては、とくにお得だと感じられるでしょう。

ただし、こちらのプランを利用できる方は、東京電力パワーグリッド管内に在住している方のみとなりますのでご注意ください。

【ナイトおトクプランの料金表】
東京電力パワーグリッド管内 ナイトおトクプラン 東京電力EP
スマートライフS
基本料金 10A 536.80円 295.24円
15A 536.80円 442.86円
20A 536.80円 590.48円
30A 805.20円 885.72円
40A 1,073.60円 1,180.96円
50A 1,342.00円 1,476.20円
60A 1,610.40円 1,771.44円
従量料金 昼( 午前6時〜翌午前1時 ) 35.96円 35.96円
夜( 午前1時〜午前6時 ) 28.06円 28.06円

プランH

プランHは、契約期間中に「Hulu」の利用料が実質無料になるおトクなプランです。電力の供給開始から1〜2週間程度をめどに、電力会社からHuluチケットのコードが送付されてくる形になります。

基本的にはプランHの契約期間である1年間、Huluを実質無料で利用できます。北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力会社における「従量電灯B」もしくは「従量電灯C」、また関西、中国、四国電力会社における「従量電灯A」もしくは「従量電灯B」と「Hulu」を別で契約する場合と比較して、お得になるプランです。

【プランHの料金表※東京電力管内・従量電灯Bの場合】
料金種別 区分 料金単価(税込)
1契約あたりの基本料金 10A 590.48円
15A 590.48円
20A 590.48円
30A 885.72円
40A 1,180.96円
50A 1,476.20円
60A 1,771.44円
1kWhあたりの電力量料金 〜120kWh 30.00円
120kWh〜300kWh 36.60円
300kWh〜 40.69円

Huluへの加入を検討している方は、ぜひこれを機にこちらのプランへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

また、現在すでにHuluに加入している方もプランHへの加入が可能です。Huluアカウントでログインした後、プランHで発行されたコードを入力すれば、12か月分の利用ができるので安心です。

丸紅新電力のメリットと良い口コミ・評判

現在多くの会社が電力サービスを提供していますが、丸紅新電力を選ぶメリットとしては下記のような点が挙げられます。

  • 申し込みが簡単
  • 従来の電力会社より電気料金がお得
  • 自分自身のライフスタイルに合った料金プランを選べる

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

申し込みが簡単

丸紅新電力のメリットのひとつとして、申し込みの手続きが簡単であることが挙げられます。電気に関する契約について見直しを検討しようと思っていても、どの電力会社が良いのか、どのプランを申し込めば良いのかといった点に迷ってしまう方は多いでしょう。それらが決まったとしても、申し込みの手続きが面倒でついつい後回しになってしまう方もいらっしゃると思います。

丸紅新電力の申し込みは、WEBから申請すると最短4分で簡単に手続きが完了します。ホームページの申し込みフォームに必要事項を入力するのみで、それ以外の手続きは必要ありません。切り替え工事や費用、そしてそれまで契約していた電力会社への解約連絡も不要です。

また、スマートメーターが設置されていない家庭に対しては、原則無償で設置対応してくれるといったメリットもあります。そのため、現在スマートメーターがなく電力会社の切り替えに困っている方にとっても安心できる内容となっています。

従来の電力会社より電気料金がお得

丸紅新電力のもうひとつのメリットは、現在の電気料金を下げられる可能性が高いことです。2016年に電力自由化が認められる前までは、電気をもっとも使用した数値を基準にする仕組みをとっていたため、日常的に電気を使用する方にとっては基本料金が高くなりがちでした。

しかし、丸紅新電力では「使用した分だけ料金を支払う」仕組みになっているため、基本料金が抑えられるといったメリットがあります。

【丸紅新電力【プランS】と東京電力の比較】
  • 一戸建て・3人家族の場合:月間電気使用量想定380kWh
  • 東京電力従量電灯B:40A契約 プランS:従量電灯B
    月平均:約11,200円 月平均:約11,000円
  • マンション・2人家族の場合:月間電気使用量想定330kWh
  • 東京電力従量電灯B:40A契約 プランS:従量電灯B
    月平均:約9,600円 月平均:約9,400円
  • カフェ店経営の場合:月間電気使用量想定970kWh
  • 東京電力従量電灯B:40A契約 プランS:従量電灯B
    月平均:約31,900円 月平均:31,000円

また新電力であっても、家庭に届く電気の品質は変わりません。仮に丸紅新電力が契約している発電所が止まったとしても、別の発電所から電気が供給されるようになっているため、安定した電気供給を受けることが可能です。

いままでと同じような水準で電気を利用できるので、切り替えにあたり品質の心配をする必要はありません。

自分自身のライフスタイルに合った料金プランを選べる

先ほど、丸紅新電力には3つの料金プランがあるとお伝えしました。電気プランを見直したい方のなかには、一人暮らしの方、家族が多く電気の使用量が多い方、また動画視聴を趣味にしている方、日中は仕事をしていて夜間に電気を使用することが多い方など、それぞれライフスタイルが異なるでしょう。

丸紅新電力では、単純に電気料金を抑えたいといった視点だけではなく、自分自身の生活に合ったプランを選べることが特徴です。また、料金プランも3つのみとシンプルであるため、簡単に比較・検討できます。

プラン名 特徴
プランS とにかく電気代をお得にしたい方向け、もっともスタンダードなプラン
ナイトおトクプラン 夜間に電気の使用量が多い方向けのプラン
プランH Huluの利用量が無料になるプラン

ただ電気代を抑えたいといった目的だけではなく、夜間の電気代がお得になる、動画視聴が楽しめるなどユニークなプランもありますので、気になるプランがあればぜひ検討してみてください。

丸紅新電力の注意点と悪い口コミ・評判

ここまで丸紅新電力のメリットや評判についてお伝えしてきました。電気料金が安くなる、自分の生活スタイルに合ったプランが選べるなどさまざまなメリットがありましたが、一方で注意点もいくつか存在します。

  • 30A以下の場合は電気料金が割高になる
  • プランHを解約する場合のみ解約金が発生する

ここからは、丸紅新電力の注意点について詳しく見ていきましょう。

契約内容によっては電気料金が割高になる

プランSの特徴は、使用すればするほど電気料金がお得になることです。しかし、裏を返せば基本料金が低いと料金が割高になる価格が設定されており、具体的には30A以下の基本料金は地域の電力会社よりも高くなる傾向にあります。

【プランSと東京電力管内・従量電灯Bの比較表】
料金種別 区分 丸紅新電力の料金単価(税込) 東京電力の料金単価(税込)
1契約あたりの基本料金 10A 584.58円 295.24円
15A 584.58円 442.86円
20A 584.58円 590.48円
30A 876.86円 885.72円
40A 1,169.15円 1,180.96円
50A 1,461.44円 1,476.20円
60A 1,753.73円 1,771.44円
1kWhあたりの電力量料金 〜120kWh 29.70円 30.00円
120kWh〜300kWh 36.23円 36.60円
300kWh〜 40.28円 40.69円

こちらの比較表を見るとわかるとおり、30A以下で契約している場合は地域の電力会社よりも価格が高くなっています。そのため、一人暮らしの方で電気をあまり使用しない方、出張が多い仕事に就いていて自宅で過ごす時間が少ない方にとっては、丸紅新電力への切り替えによってかえって電気料金が高くなるかもしれません。

プランSへの切り替えだけではなく、現在の契約が従量電灯Bかつ20Aでの契約であった方がプランHに加入する場合も、電気料金が割高になる可能性がありますのでご注意ください。

プランHを解約する場合のみ解約金が発生する

丸紅新電力には現在プランS、ナイトおトクプラン、プランHの3つのプランがあることを先ほどお伝えしました。このうちプランSとナイトおトクプランは、解約金が不要となっていますが、プランHの解約の際は解約金が発生するため、注意しておきたいところです。

プランHは、契約期間中に「Hulu」の利用料が実質無料になるプランです。基本的にはプランHの契約期間である1年間、Huluを実質無料で利用できます。

電力の供給開始から1〜2週間程度を目処に、自身のメールアドレス宛にHuluのチケットコードがまとめて12か月分送られてくるため、この期間内に解約するとHuluのみを継続して無料で利用できることになってしまいます。そのため、プランHでは契約期間内での解約は違約金を支払うことになるのです。

また、丸紅新電力以外への切り替えではなく、契約途中で引っ越しをする場合も解約扱いとなるため注意しましょう。その場合Huluチケットはそのまま利用できますが、新居でも引き続きプランHを利用する場合はお申し込みフォームからその旨を伝える必要があります。

丸紅新電力がおすすめの人

ここまでメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、これらを考慮して丸紅新電力がおすすめの人の特徴は、以下のとおりです。

  • これまでの電力会社よりも電気代を抑えたい人
  • 契約にあたり面倒な手続きをしたくない人

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

これまでの電力会社よりも電気代を抑えたい人

丸紅新電力の最大のメリットは、従来の地域の電力会社のプランと比較して電気料金が抑えられる可能性が高いことです。

東京電力を例に挙げると、一戸建て・3人家族、月間電気使用量想定380kWh、従量電灯B:40A契約の場合、月平均では約200円安くなるでしょう。マンション・2人家族、月間電気使用量想定330kWh、従量電灯B:40A契約の場合でも、月平均では約200円安くなる想定になります。

とくに夫婦二人暮らしや子どもがいるファミリー家庭にとっては、将来的に子どもが産まれるなどのライフステージの変化や、まとまった教育費が必要になるなどさまざまなシーンで資金が必要になるため、こういった小さなところから節約を積み重ねていきたいところです。

契約にあたり面倒な手続きをしたくない人

電力会社を切り替えたいと思っても、仕事や育児などで毎日忙しい日々を過ごしている方は、ついつい後回しにしてしまうものです。

丸紅新電力への切り替えについては、WEB申し込みであれば最短4分で手続きが完了するという大変スムーズなものになっています。この後の項目にて具体的な手続きの内容を説明しますが、基本的には項目を入力するだけで申し込みが完結するため、電話をしたり書類を郵送したりする必要はありません。

また、切り替え前の電力会社に解約連絡をする必要がないといったところも、忙しい方にとっては大変助かるサービスでしょう。切り替え工事や費用も不要であるため、日中工事に立ち会うことや余計なコストも必要ありません。面倒な手続きに関しては、すべて丸紅電力がおこなってくれるので安心です。

丸紅新電力のお申し込み方法

丸紅新電力の申し込み方法は、下記2種類のケースによって流れが異なります。

  • 他社からの切り替え
  • 引っ越しを伴う切り替え

それぞれの流れについて、詳しく見ていきます。

他社からの切り替えの場合

他社からの切り替えの場合、流れは以下のとおりです。

  1. 検針票または請求書など、必要書類を用意
  2. 現在契約している電力会社の契約内容・料金がわかるような検針票や請求書、メールアドレス、支払い用のクレジットカードまたは支払い口座の情報を手元に用意しましょう。

    現在の契約状況をもとにして、契約プランの申し込みを進めていきます。WEB上で検針票や電気の利用状況を確認している場合、紙の書類の代わりにお客さま番号情報、供給地点特定番号を用意すれば問題ありません。

  3. WEB申し込み
  4. 丸紅新電力のホームページにアクセスし、必要事項を入力していきます。なお、クレジットカード払いを希望する方は申し込みの画面でクレジットカード情報とセキュリティコードの入力が必要となります。

    口座振替の手続きを書面でおこないたい場合、申し込み完了後に口座振替依頼書が送られてくるので、書類に必要事項を記載したうえで返送しましょう。

    WEBの環境がなく、書面で申し込みをおこないたい場合、お申し込みフォームから問い合わせてください。

  5. サービス開始
  6. 申し込み後、次回の検針日から利用が開始します。利用開始後1〜2週間で契約の通知が届きます。申し込みのタイミングにとっては、次々回検針日での切り替えになる可能性があることに注意が必要です。

    また、メーターの交換と利用開始のタイミングにはズレが発生するケースもあります。切り替え工事や費用は原則無料であり、以前の電力会社への解約連絡は必要ありません。

引っ越しを伴う切り替えの場合

引っ越しを伴う切り替えの場合、流れは以下のとおりです。

  1. 必要書類を用意
  2. 引っ越し先の住所、供給地点特定番号、利用開始希望日、メールアドレス、支払い用のクレジットカードまたは支払い口座の情報を手元に用意しましょう。なお、供給地点特定番号が不明の場合でも申し込みは可能です。

  3. WEB申し込み
  4. 丸紅新電力のホームページにアクセスし、必要事項を入力していきます。なお、クレジットカード払いを希望する方は申し込みの画面でクレジットカード情報とセキュリティコードの入力が必要となります。

    口座振替の手続きを書面でおこないたい場合、申し込み完了後に口座振替依頼書が送られてくるので、書類に必要事項を記載したうえで返送しましょう。

    WEBの環境がなく、書面で申し込みをおこないたい場合、お申し込みフォームから問い合わせてください。また、申し込みの時点ですでに電気の使用を開始している場合は、利用開始の希望日の項目に実際の使用開始日を記入しましょう。

  5. サービス開始
  6. 申し込み後、次回の検針日から利用が開始します。利用開始後1〜2週間で契約の通知が届きます。申し込みのタイミングによっては、次々回検針日での切り替えになるかもしれません。また、メーターの交換と利用開始のタイミングにはズレが発生するケースもあります。

    切り替え工事や費用は原則無料であり、以前の電力会社への解約連絡は必要ありません。ただし、切り替え前の電力会社との契約によっては解約手数料が発生する場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

  • 支払い方法について
  • 支払い方法は、口座振替とクレジットカードのいずれかを選択できます。口座振替を希望される方は、丸紅新電力から口座振替依頼書が送られてきますので、書類に記入のうえで返送しましょう。

    クレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Clubが利用可能です。電気の契約名義と違う方のカードであっても、支払い者の情報を登録すれば使用できます。決済日はクレジットカード会社によって異なりますので、カード会社に問い合わせてみてください。

  • 支払い日について
  • 支払い日は、口座振替とクレジットカードのどちらを選択するかによって異なります。口座振替の場合、6日または27日のいずれかです。

    クレジットカード払いの場合、利用するクレジットカードによって支払い日が異なります。丸紅新電力に問い合わせても、個別での問い合わせは受け付けておりませんのでご注意ください。
    請求額は、契約者専用の「マイページ」でも確認可能です。

電気プランの乗り換え時のよくある質問

  • 電気プランの切替で電気の品質は変わる?
  • 電気プランの切替で停電の頻度は変わる?
  • 丸紅新電力が倒産した場合は電気がとまる?

電気プランの切替で電気の品質は変わる?

電気プランを切り替えても、電気の品質に違いは発生しません。電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、経済産業省などのHPにも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。

電気プランの切替で停電の頻度は変わる?

電気プランを切り替えても、停電のリスクが変動することはありません。電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社や特定プランの顧客優先という視点は存在しません。

また、経済産業省や消費者庁(消費者保護、安全の確保、消費者啓発を目的とした団体)は、電力全面自由化の際、電力の消費者に対して、新電力は停電が増える、電気の品質が変わるといった誤解をしないよう情報発信しています(ご参考)。

丸紅新電力が倒産した場合は電気がとまる?

電力会社も企業ですので、日本にある多くの会社と同様、経営努力を怠れば特殊な例外事例を除き、通常は倒産します。ただ、電気の供給断絶は命に関わることもあるため、丸紅新電力が倒産等した場合でも、突然電気が止まることはないよう制度設計されています。ただし、倒産してますので、同一の電力会社から電気を購入することはできなくなりますので、その点は注意が必要です。

電気を購入している小売電気事業者が倒産等により事業を廃止する場合、小売電気事業者は契約相手である消費者に対してあらかじめその旨周知しなければなりません。つまり、電気の消費者(みなさま)としては、別の電力会社のプランへ切り替える必要があります。

なお、電気はセーフティネットがしっかりしており、最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が一般送配電事業者に義務づけられています。例えば、それまで供給していた小売電気事業者が倒産等により事業を廃止したような場合には、需要家は、他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることもできます。もちろん、別の新電力と契約することも可能です。

このように倒産した場合であっても、別の新電力との契約ができるほか、セーフティーネットも存在するため、倒産の周知があった際に電力切替の行動を起こせば停電することはありません。ただし、倒産した後も全く何もせず、他の電力会社の料金プランへお申込み等しなければ、電気の供給が止まるおそれがあります。このため、再度ご自身にあった電力会社を探すのは手間であることからも、倒産リスクは電気プラン切替のデメリットと捉えることができます。

まとめ

今回は、丸紅新電力の料金プランやメリット・注意点、また申し込み方法についてお伝えしました。丸紅新電力は、丸紅グループとして国内外で培ってきたノウハウをもとに、常に業界をリードしてきた新電力のパイオニア企業です。

利用のメリットは、申し込みが簡単なことや、電気を多く使う家庭にとっては従来の電力会社よりも電気料金が安くなる点であり、その他にもライフスタイルに合ったプランを選べる点に魅力があります。

一方、注意点としては電気の契約が30A以下の方はお得にならない可能性が高いことや、プランH
にのみ解約金が発生するといったデメリットが挙げられます。そのため、一人暮らしの方や出張が多く自宅で過ごす時間があまり多くない方は、かえって損をしてしまうかもしれません。

丸紅新電力がおすすめの人は、これまでの電力会社よりも電気代を抑えたい人や、契約にあたり面倒な手続きをしたくない人です。これらに当てはまる方は、ぜひ丸紅新電力への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

このように比較すると、月当たりの金額の差はあまり大きくないように思われますが、これが1年、数年と続くと数万円もの電気料金節約につながります。

電気料金データベース【丸紅新電力】

電気プラン乗換コムでは、各電力会社の電気料金プランの数値情報等をデータベース化しております。それらのデータを下記にて一部出力し記載しておりますのでご参考ください。なお、上記記事の作成日とデータベース調査日が異なるケースがありますので、その点はご留意ください。また、電気料金プランの選択でお困りの方がおりましたら、当サイトでは収集データ等を軸にオススメの電力会社をご紹介しておりますので、宜しければご覧ください。

丸紅新電力による電気料金プランの提供エリアは?

各電力会社が提供する電気料金プランは全国どこでも利用できる訳ではなく、プランによって使える地域・エリアが分かれています。そのため、下記表にて丸紅新電力が提供する一般家庭用プランの提供エリアをご案内差し上げます。皆さまがお住いのエリアで下記電気料金プランを利用可能であるかご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 提供地域 電力エリア プラン分析ページ
四国電力管内 プランS(従量電灯B) 徳島県、高知県、香川県(一部を除きます。)、愛媛県(一部を除きます。) 四国電力管内管内 「四国電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
九州電力管内 プランS(従量電灯B) 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、一部離島を除く 九州電力管内管内 「九州電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
九州電力管内 プランS(従量電灯C) 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、一部離島を除く 九州電力管内管内 「九州電力管内 プランS(従量電灯C)」の分析ページへ
北陸電力管内 プランS(従量電灯C) 富山県、石川県、福井県(一部を除きます。)、岐阜県の一部、一部離島を除く 北陸電力管内管内 「北陸電力管内 プランS(従量電灯C)」の分析ページへ
関西電力管内 プランS(従量電灯A) 滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除きます。)、福井県の一部、岐阜県の一部、三重県の一部 関西電力管内管内 「関西電力管内 プランS(従量電灯A)」の分析ページへ
関西電力管内 プランS(従量電灯B) 滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除きます。)、福井県の一部、岐阜県の一部、三重県の一部 関西電力管内管内 「関西電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
中国電力管内 プランS(従量電灯A) 鳥取県、島根県(隠岐諸島〔島後、中ノ島、西ノ島、知夫里島〕を除きます。)、岡山県、広島県、山口県(離島を除きます。)、兵庫県の一部、香川県の一部、愛媛県の一部 中国電力管内管内 「中国電力管内 プランS(従量電灯A)」の分析ページへ
中国電力管内 プランS(従量電灯B) 鳥取県、島根県(隠岐諸島〔島後、中ノ島、西ノ島、知夫里島〕を除きます。)、岡山県、広島県、山口県(離島を除きます。)、兵庫県の一部、香川県の一部、愛媛県の一部 中国電力管内管内 「中国電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
四国電力管内 プランS(従量電灯A) 徳島県、高知県、香川県(一部を除きます。)、愛媛県(一部を除きます。) 四国電力管内管内 「四国電力管内 プランS(従量電灯A)」の分析ページへ
東京電力管内 プランS(従量電灯C) 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)、一部離島を除く 東京電力管内管内 「東京電力管内 プランS(従量電灯C)」の分析ページへ
東京電力管内ナイトおトクプラン( アンペア契約 ) 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)、一部離島を除く 東京電力管内管内 「東京電力管内ナイトおトクプラン( アンペア契約 )」の分析ページへ
東京電力管内ナイトおトクプラン( kVA契約 ) 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)、一部離島を除く 東京電力管内管内 「東京電力管内ナイトおトクプラン( kVA契約 )」の分析ページへ
中部電力管内 プランS(従量電灯B) 愛知県、岐阜県(一部を除く)、三重県(一部を除く)、静岡県(富士川以西)、長野県 中部電力管内管内 「中部電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
中部電力管内 プランS(従量電灯C) 愛知県、岐阜県(一部を除く)、三重県(一部を除く)、静岡県(富士川以西)、長野県 中部電力管内管内 「中部電力管内 プランS(従量電灯C)」の分析ページへ
北陸電力管内 プランS(従量電灯B) 富山県、石川県、福井県(一部を除きます。)、岐阜県の一部、一部離島を除く 北陸電力管内管内 「北陸電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
東京電力管内 プランS(従量電灯B) 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)、一部離島を除く 東京電力管内管内 「東京電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
北海道電力管内 プランS(従量電灯B) 北海道(ただし、礼文島、利尻島、天売島、焼尻島および奥尻島は除きます。) 北海道電力管内管内 「北海道電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ
北海道電力管内 プランS(従量電灯C) 北海道(ただし、礼文島、利尻島、天売島、焼尻島および奥尻島は除きます。) 北海道電力管内管内 「北海道電力管内 プランS(従量電灯C)」の分析ページへ
北海道電力管内 プランL(従量電灯C) 北海道(ただし、礼文島、利尻島、天売島、焼尻島および奥尻島は除きます。) 北海道電力管内管内 「北海道電力管内 プランL(従量電灯C)」の分析ページへ
東北電力管内 プランS(従量電灯B) 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県(ただし、山形県の飛島ならびに新潟県の佐渡島および粟島は除きます。) 東北電力管内管内 「東北電力管内 プランS(従量電灯B)」の分析ページへ

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

電気料金プランの想定年間電気代は?

電気料金は基本的に、月額固定の基本料金と、実際に使用した電気量に1kWhあたりの単価を乗じた「従量料金」を合計することで算出できます。これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と基本/従量単価を計算式に当てはめることで、電気料金の水準を算出できます。ただし「基本料金」や「従量料金」の他にも、燃料調整費や市場調整費、もしくは電源調整費等、電力会社によって細かくパラメータが設定されており、実態の電気代と大きく異なるケースもあるため、あくまで下記はご参考としてご参照ください。なお、世帯人数別の電気利用量については、総務省統計局による家計調査の数値をベースとして推計値を算出しています(ご参考))。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 一人暮らし 二人暮らし 三人暮らし 四人暮らし 五人暮らし 六人暮らし
四国電力管内 プランS(従量電灯B) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 141564円/年 169428円/年
九州電力管内 プランS(従量電灯B) 60386円/年 104863円/年 119755円/年 128251円/年 140311円/年 168631円/年
九州電力管内 プランS(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 136124円/年 164684円/年
北陸電力管内 プランS(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 127978円/年 153454円/年
関西電力管内 プランS(従量電灯A) 55555円/年 100004円/年 111932円/年 120878円/年 129824円/年 159644円/年
関西電力管内 プランS(従量電灯B) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 140683円/年 166363円/年
中国電力管内 プランS(従量電灯A) 56245円/年 102379円/年 115315円/年 125017円/年 134719円/年 167059円/年
中国電力管内 プランS(従量電灯B) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 148291円/年 177871円/年
四国電力管内 プランS(従量電灯A) 57681円/年 104830円/年 118414円/年 128602円/年 138790円/年 172750円/年
東京電力管内 プランS(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 157889円/年 190697円/年
東京電力管内ナイトおトクプラン( アンペア契約 ) 65817円/年 110830円/年 125491円/年 133913円/年 145767円/年 173840円/年
東京電力管内ナイトおトクプラン( kVA契約 ) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 145767円/年 173840円/年
中部電力管内 プランS(従量電灯B) 70866円/年 117223円/年 133207円/年 142621円/年 155467円/年 186847円/年
中部電力管内 プランS(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 154073円/年 186053円/年
北陸電力管内 プランS(従量電灯B) 55968円/年 96427円/年 109522円/年 117164円/年 127711円/年 153187円/年
東京電力管内 プランS(従量電灯B) 66610円/年 117526円/年 133620円/年 143117円/年 156046円/年 187702円/年
北海道電力管内 プランS(従量電灯B) 76520円/年 133615円/年 152386円/年 163394円/年 178495円/年 215191円/年
北海道電力管内 プランS(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 180240円/年 218100円/年
北海道電力管内 プランL(従量電灯C) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 173340円/年 209100円/年
東北電力管内 プランS(従量電灯B) 65317円/年 115930円/年 132754円/年 142402円/年 156010円/年 188170円/年

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。
※基本料金および電力量料金の合算値となります。
※年間電気代は、一人暮らし(30A相当、月間210kWh)、二人暮らし(40A相当、月間360kWh)、三人暮らし(50A相当、月間400kWh)、四人暮らし(50A相当、月間430kWh)、五人暮らし(60A相当、月間460kWh)、六人暮らし(60A相当、月間560kWh)を利用した場合の推計値です。

各電気料金プランのオプションは?

電気料金プランの利用によって、下記のオプションを利用できる可能性があります。それら内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、電気料金プランの削減メリットと併せて検討材料にして頂けますと幸いです。なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン オプション
四国電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
九州電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
九州電力管内 プランS(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
北陸電力管内 プランS(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
関西電力管内 プランS(従量電灯A)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
関西電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
中国電力管内 プランS(従量電灯A)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
中国電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
四国電力管内 プランS(従量電灯A)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
東京電力管内 プランS(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
東京電力管内ナイトおトクプラン( アンペア契約 )
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
東京電力管内ナイトおトクプラン( kVA契約 )
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
中部電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
中部電力管内 プランS(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
北陸電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
東京電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
北海道電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
北海道電力管内 プランS(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
北海道電力管内 プランL(従量電灯C)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。
東北電力管内 プランS(従量電灯B)
  • 丸紅新電力ひかり
    丸紅新電力の電気と光回線をセットで契約すると、電気代がお得になります。さらに、電話代がお得なオプション、TVチャンネルが豊富なオプション、リモートサポートのオプションがついています。

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

補足

  • 本ページの情報は推計値等も含まれているため、最新の正確な情報を把握したい方は、丸紅新電力の公式HPをご確認ください。
おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

ページトップへ