ミツウロコグリーンエネルギーはどのような電力会社?特徴をご紹介

  • 更新日:2024/04/22

電力自由化に伴い、消費者の方が自分で契約する会社を選べるようになったことで電力会社同士の競争が激化しています。そのため、電力会社を選ぶ際はさまざまな会社のサービスやメリット・デメリットを比較することが大切です。

この記事では、ミツウロコグリーンエネルギーの概要や料金プラン、メリット・注意点について口コミを参考にしながらご紹介します。また、ミツウロコグリーンエネルギーがおすすめの方の特徴についてまとめています。これを読めばミツウロコグリーンエネルギーがどのような電力会社なのか、契約するメリットは何かを知ることが可能です。

新生活や電力会社の乗り換えでミツウロコグリーンエネルギーとの契約を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ミツウロコグリーンエネルギーとは

出典:ミツウロコグリーンエネルギー公式HP

ミツウロコグリーンエネルギーとは、東京都に拠点を置く電力会社のひとつです。株式会社ミツウロコグループホールディングスの傘下にあり、東京のほか宮城県や大阪府、福岡県に支店が、北海道や茨城県、愛知県に事業所があります。国内7か所に発電施設を所有し、安定した電力を適切な価格で提供するよう心がけている会社です。

「地球にも人にもやさしいエネルギーを。」を標榜し、風力発電、木質バイオマス発電、太陽光発電など再生可能なエネルギーによる発電と生み出した電力の小売り事業をおこなっています。

風力発電とは、風の力を利用して風車を回転させ発電する方法です。ミツウロコグリーンエネルギーの場合は、神栖風力発電所、久美原風力発電所、的山大島風力発電所の3か所で発電しています。

木質バイオマス発電は、有機資源のうち比較的環境への負荷が少ない間伐材や建設廃材といった木材に由来する燃料を使用した発電方法です。ミツウロコグリーンエネルギーでは、ミツウロコ岩国発電所でこの木質バイオマスを取り扱っています。

太陽光発電は、ソーラーパネルに太陽光を当て、光の力で発電する方法です。ミツウロコグリーンエネルギーでは、株式会社水郷潮来ソーラーや株式会社富津ソーラーなどの関連事業者と提携し、水郷潮来ソーラー発電所と富津ソーラー発電所の2か所に大規模なメガソーラーを敷いて運用しています。

このように、化石燃料などいずれ尽きてしまう資源ではなく、自然由来の再生可能エネルギーでの発電にこだわっている電力会社です。今後もソーラーパネルの設置など発電所の規模拡大に意欲を燃やしており、消費者の方への安定した電力供給にも努めています。

平成12年3月1日に創立し、現在まで20年以上電力を取り扱っており実績も豊富です。再生可能エネルギーの創造を通して、二酸化炭素排出量の削減による地球環境改善や、国内でのエネルギー自給率の向上、地球環境との共生を目指しています。低コストな発電方法で供給量を安定させることで、現代社会に必要な電気エネルギーを安価に提供したいというのがミツウロコグリーンエネルギーの企業理念です。

また、電力のほか都市ガスも販売しており、多面的なエネルギー事業に乗り出しています。

ミツウロコグリーンエネルギーの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーには、法人向けの高圧電力のプランと個人向けの低圧電力のプランがあり、官公庁とも取引をおこなっています。料金単価は地域や季節によって異なり、公式サイトによって試算を受けられるため使用する電力量に応じて毎月の電気料金がいくらになりそうかチェックしてみると良いでしょう。

この記事では、主に関東エリアでの電気料金プランについて取り扱います。ミツウロコグリーンエネルギーで取り扱っているプランは以下のとおりです。

  • 従量電灯B
  • シングル応援プラン
  • 従量電灯C
  • とくとくナイト
  • とくとくナイト8
  • とくとくナイト12
  • 低圧電力
  • 動力プラン
  • まるまる再エネ(メニューH)
  • まるまる再エネ低圧電力(メニューH)
  • EVグリーンプラン(メニューC)
  • EVグリーンプラン2(メニューC)
  • まるまる脱炭素(メニューF)
  • まるまる脱炭素低圧電力(メニューF)

それぞれの電気料金プランにおける単価について、詳しく見ていきましょう。

従量電灯Bの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供する従量電灯Bの料金プランは、以下の表のとおりです。

電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 10A 295.24
15A 442.86
20A 590.48
30A 885.72
40A 1,180.96
50A 1,476.20
60A 1,771.44
電力量料金単価 最初の120kWhまで 32.11
120kWhを超え300kWhまで 33.33
300kWh超過分 35.99

シングル応援プランの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するシングル応援プランの料金プランは以下の表のとおりです。

電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 10A 295.24
15A 442.86
20A 590.48
30A 885.72
40A 1,180.96
50A 1,476.20
60A 1,771.44
電力量料金単価 最初の120kWhまで 30.00
120kWhを超え300kWhまで 36.36
300kWh超過分 39.23

なお、シングル応援プランに関しては料金シミュレーションを受けられないため注意が必要です。

従量電灯Cの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供する従量電灯Cの料金プランは以下の表のとおりです。

電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kVAあたり 295.24
電力量料金単価 最初の120kWhまで 32.11
120kWhを超え300kWhまで 33.33
300kWh超過分 35.99

とくとくナイトの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するとくとくナイトの料金プランは、以下の表のとおりです。

時間帯・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金 10Aあたり(1kVA) 295.24
電力量料金 デイ(午前6時~翌午前1時) 1kWhあたり 34.88
ナイト(午前1時~午前6時) 1kWhあたり 28.06

とくとくナイトは、夜間蓄熱式機器またはオフピーク蓄熱式電気温水器を所有しており東京電力エナジーパートナーのスマートライフプランS・Lに加入している方が対象のプランです。

とくとくナイト8の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するとくとくナイト8の料金プランは、以下の表の通りです。

時間帯・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金 10Aあたり(1kVA) 230.67
電力量料金 デイ(午前7時~午後11時) 1kWhあたり 41.52
ナイト(午後11時~翌午前7時) 1kWhあたり 31.84

とくとくナイト12の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するとくとくナイト12の料金プランは、以下の表のとおりです。

時間帯・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金 10Aあたり(1kVA) 230.67
電力量料金 デイ(午前9時~午後9時) 1kWhあたり 43.03
ナイト(午後9時~翌午前9時) 1kWhあたり 33.53

低圧電力の料金プラン

ツウロコグリーンエネルギーが提供する低圧電力の料金プランは、以下の表のとおりです。

季節・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kWあたり 1,081.54
従量料金 夏季 27.49
その他季 25.92

動力プランの料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供する動力プランの料金プランは、以下の表のとおりです。

季節・電力量 料金単価(円/税込)
最低基本料金 1kWあたり 1,047.88
電力量料金単価 夏季1段階(契約電力×110kwhまで) 27.47
夏季2段階(契約電力×110kwhを超えたもの) 29.04
その他季 1 段階(契約電力×110kwhまで) 25.91
その他季 2 段階(契約電力×110kwhを超えたもの) 28.92

なお、夏季料金が適用されるのは検針日が7、8、9月にある場合です。

まるまる再エネ(メニューH)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するまるまる再エネ(メニューH)の料金プランは、以下の表のとおりです。

電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kVAあたりまたは10Aあたり 295.24
電力量料金単価 最初の120kWhまで 33.54
120kWhを超え300kWhまで 34.76
300kwh超過分 37.42

まるまる再エネ低圧電力(メニューH)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するまるまる再エネ低圧電力(メニューH)の料金プランは、以下の表のとおりです。

季節・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kWあたり 1,081.54
電力量料金単価 夏季 28.92
その他季 27.35

EVグリーンプラン(メニューC)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するEVグリーンプラン(メニューC)の料金プランは、以下の表のとおりです。

時間・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金 0.00
電力量料金 午前5時~午前0時 39.78
午前0時~午前5時 最初の50kWhまで 0.00
50kWh超過分 39.78

ただし、EVグリーンプランは2022年12月6日以降新規加入を停止しており、現在再開の予定は不明です。

EVグリーンプラン2(メニューC)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するEVグリーンプラン2(メニューC)の料金プランは、以下の表のとおりです。

時間・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金 1kVAあたりまたは10Aあたり 295.24
電力量料金 午前5時~午前0時 38.38
午前0時~午前5時 最初の50kWhまで 0.00
50kWh超過分 38.38

まるまる脱炭素(メニューF)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するまるまる脱炭素(メニューF)の料金プランは、以下の表のとおりです。

電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kVAあたりまたは10Aあたり 295.24
電力量料金単価 最初の120kWhまで 33.21
120kWhを超え300kWhまで 34.43
300kWh超過分 37.09

まるまる脱炭素低圧電力(メニューF)の料金プラン

ミツウロコグリーンエネルギーが提供するまるまる脱炭素低圧電力(メニューF)の料金プランは、以下の表のとおりです。

季節・電力量 料金単価(円/税込)
基本料金単価 1kWあたり 1,081.54
電力量料金単価 夏季 28.59
その他季 27.02

ミツウロコグリーンエネルギーのメリットと良い口コミ・評判

続いて、ミツウロコグリーンエネルギーと契約するメリットと実際に契約者の方から寄せられた良い口コミについてご紹介します。実際に契約する前にこのような評判を知っておけば、自身が電力会社に求める条件と合致するかチェックして契約を検討できるでしょう。

ミツウロコグリーンエネルギーのメリットは、以下のとおりです。

  • 化石燃料など枯渇しやすい資源に頼らないクリーンな発電方法
  • 乗り換え時の工事要らずで気軽にコスト削減
  • 賃貸物件でも利用できる電力会社

それぞれのメリットや寄せられた口コミについて、より詳しく見ていきましょう。

発電方法がクリーン

ミツウロコグリーンエネルギーでは、再生可能な資源を用いた発電方法で電気を提供しています。風力や木質バイオマス、太陽光などは、枯渇することのないエネルギー資源であり環境への負荷があまり大きくありません。

石油や石炭などはいずれ枯渇してしまううえ、CO2排出量が多く今後も使い続けるのに向かない燃料です。再生可能エネルギーであれば長期的に運用できるため、資源の枯渇によって電力の供給が滞ることを不安に思う必要はなくなります。

また、毎日の電気使用で環境にかける負荷が少なくなるため、省エネルギー生活を心がけたい方にとって適した電力会社と言えるでしょう。

このメリットに対して、以下のような口コミが届いています。

  • ミツウロコグリーンエネルギーさんは価格の安さに惹かれて契約しましたが、毎日使用する電気だからこそクリーンな発電方法で安心して利用できています。自分が利用した電気で環境に負荷をかけているというのは気持ち良いものではないため、生活するうえでその懸念がないのはありがたいです。

他電力会社からの乗り換えが楽

ミツウロコグリーンエネルギーのメリットは、電力会社を乗り換える際の手続きが楽なことです。電気を供給している範囲が広く、工事なしで簡単に電気会社を乗り換えられます。

現在使用している電力会社側の廃止手続きは必要なく、インターネット上でミツウロコグリーンエネルギーに申し込みをおこなえばそのまま切り替え可能です。また、切り替え後のサポートが手厚くスピーディにトラブルを解決してくれる点も魅力的です。

このメリットに対し、以下のような口コミが寄せられています。

  • もともと電力自由化のことは知っていたものの、手続きが面倒なのではと乗り換えには消極的になっていました。しかし、ミツウロコグリーンエネルギーさんの手続きは非常に簡単で、工事なども必要なかったためもっと早く手続きすれば良かったなぁと思っています。
  • 停電などもほとんどなく、たまにトラブルが起きてもすぐにかけつけてくれるため安心して利用できています。

賃貸物件でも問題なく契約できる

ミツウロコグリーンエネルギーのメリットは、賃貸物件でも問題なく切り替えできることです。一戸建て住宅だけでなくマンションやアパートでも利用でき、単身者向けの料金プランもあるため自分に合った形で電気を購入できます。

また、WEB上のマイページで自分がどれだけ電力を使用したのかをチェックできるため、節電への意識を高めることが可能です。ファミリーから単身者の一人暮らしまで、幅広くカバーしてくれる点に魅力があります。

このメリットに対して、以下のような口コミが寄せられています。

  • 電力会社を切り替える際に賃貸物件だと利用できないのではないかと不安でしたが、ミツウロコグリーンエネルギーさんの担当者の方に確認すると丁寧に案内してもらえ、無事マンションの電力を切り替えられました。一人暮らしだったのでそれに合ったプランを提案してもらい、使用感に満足しています。
  • 使った電力量を自分でチェックできるため、今までよりも電気の使用量を気にするようになりました。

ミツウロコグリーンエネルギーの注意点と悪い口コミ・評判

続いて、ミツウロコグリーンエネルギーの注意点や寄せられた悪い口コミをご紹介します。どのような電力会社も良い点ばかりではなく、長所と短所が存在するためその両方を知って比較検討することが大切です。

ミツウロコグリーンエネルギーの注意点は、以下のようなものになります。

  • 一定の条件下では違約金が発生する
  • 電気代の支払い方法によっては手数料がかかる

それぞれの注意点について、寄せられた口コミとともに見ていきましょう。

解約する時期によっては違約金が発生する

ミツウロコグリーンエネルギーが定めている電気需給約款によれば、契約後更新を待たずに期間内に契約を解除する場合は、違約金として基本料金の150%の金額を請求するとされています。

平素の利用料が安くとも、解約の際に違約金が発生する場合、単身赴任など短期間の利用には向きません。ただし、ミツウロコグリーンエネルギーは契約更新後の解約であれば契約期間内であっても違約金や解約手数料を請求していない会社です。

つまり、契約した直後の1年間は解約に違約金がかかりますが、一度更新を挟んだらいつ解約しても違約金はかかりません。

この注意点に寄せられた口コミは以下のようなものです。

  • 仕事のために一時的に借りた賃貸物件の電気代をなるべく安く収めたいと考え、ミツウロコグリーンエネルギーさんを利用しました。最初は電気代が安くて助かっていたのですが、必要な期間が終わって解約する際に違約金を請求されました。
  • 違約金はかからないと聞いていたのですが、どうやら契約して1年経たないと解約が契約違反になってしまうようです。しっかり契約内容をチェックしておけば良かったと感じました。

電気代の支払い方法によっては手数料が必要

ミツウロコグリーンエネルギーの注意点は、電気代の支払い方法によっては手数料が発生する点です。クレジットカード払いや口座振替を利用すれば手数料は必要ありませんが、振込用紙を用いてコンビニなどで支払う場合は金額によって手数料が発生します。

一度に法外な値段を請求されるわけではないものの、長期間使用していると手数料代だけでもかなりの金額になるでしょう。そのためなるべく手数料がかからない支払い方法を選ぶのがおすすめです。

この注意点に対して、以下のような口コミが寄せられています。

ミツウロコグリーンエネルギーさんのサービスにはおおむね満足していますが、支払いを振込用紙にしていると手数料がかかる点だけ不満です。支払い方法を切り替えれば良いだけではありますが、最初の手続きの際に注意しておくべきだったなと思います。

ミツウロコグリーンエネルギーがおすすめの人

ここからは、ミツウロコグリーンエネルギーとの契約がおすすめの方の特徴をご紹介します。電力会社にもさまざまな特徴があるため、それぞれの会社にどのような方が向いているのかは異なるものです。

ミツウロコグリーンエネルギーとの契約がおすすめなのは、以下のような方になります。

  • 再生可能エネルギーに興味があり日常生活から環境に貢献したい方
  • 簡単な手続きですぐに電力会社を切り替えたい方
  • なるべく電気代を節約したい方

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

環境問題に興味がある方

ミツウロコグリーンエネルギーは、環境問題に深い関心を寄せ、行動に移したいと考えている方におすすめです。ミツウロコグリーンエネルギーで提供しているのは、風力や木質バイオマス、太陽光など再生可能なエネルギー資源で発電した電気になります。そのため、契約するだけで環境にやさしい電気エネルギーへの乗り換えが可能です。

また、WEB上で電気代の明細を確認でき、自分がどれだけの電力を使用したのかが可視化されるため、日常で節電を意識できるようになります。結果的に電力の消費を抑え、資源の無駄遣いを防げるようになるでしょう。

このように、ミツウロコグリーンエネルギーで電気供給の契約をすれば、日常生活を送りつつ環境に貢献できる可能性が高まります。

切り替え続きを簡単に済ませたい方

ミツウロコグリーンエネルギーへの切り替えでは、インターネットで手続きが可能なため大きな手間がかかりません。そのため、なるべく手間をかけずに電力会社を乗り換えたい方におすすめです。

現住所での切り替えであれば、自力で前の電力会社に解約手続きを申し込まずともミツウロコグリーンエネルギーのほうで手続きをしてくれます。そのため、今住んでいる家で手軽に電力会社を切り替えたい場合に適しているのです。

また、契約して一度でも更新を挟めばミツウロコグリーンエネルギーの解約に違約金が必要なくなるため、状況に応じて電力会社を切り替えたい場合に重宝します。契約も解約も簡単で手軽に切り替えられる電力会社を探している場合は、ミツウロコグリーンエネルギーを検討してみてください。

電気代を節約したい方

ミツウロコグリーンエネルギーがおすすめなのは、なるべく電気代を節約したい方です。ミツウロコグリーンエネルギーでは、無駄を省いた電力供給でコストをカットしているため、比較的安価で電力を提供しています。

たとえば、請求書や契約に必要な書類などを電子化することで、紙の購入や印刷にかかる費用を節約しており、その分のコストが電気料金から差し引かれるのです。また、自社での発電で不足する電源を他社からも調達しており、供給する電力が足りなくなる状況を避けているため需要と供給のバランスが崩れることがなく、安価で電力を供給できます。

したがって、電気代を節約して貯金や生活費に回したい方などは、ミツウロコグリーンエネルギーとの契約がおすすめです。

ミツウロコグリーンエネルギーのお申し込み方法

ここからは、実際にミツウロコグリーンエネルギーへ契約を申し込むための手続きについてご紹介します。ミツウロコグリーンエネルギーと契約する際は、現住所の契約を乗り換えるのか、新しく引っ越す住所で契約するのかによって細かい手続きや注意事項が異なるので、事前に確認しておくとスムーズです。

それぞれの契約方法について、詳しく解説します。

現住所で契約をお申し込みする方法

現在住んでいる建物の電力会社を乗り換えたい場合は、必要な情報を用意してインターネット上で会員登録をおこないます。登録に必要な情報は以下のとおりです。

  • もとの電力会社での契約名義
  • もとの電力会社での契約番号
  • 22桁で構成された電力の供給地点特定番号
  • 登録用メールアドレス

また、口座振替で電気代を支払う場合は銀行の口座情報も求められます。契約中の電力会社による検針票にほとんどの情報が載っているため、手元に用意して手続きをおこなうと良いでしょう。

ミツウロコグリーンエネルギーの公式WEBサイト内で「切り替えのお申し込み」を選択し、利用規約を確認して登録情報を入力します。登録用メールアドレスに確認用のURLが送信されるため、24時間以内にアクセスしてログインしましょう。ログインしたらあらためて契約区分を「切り替え」にしてお申し込み情報を入力し、支払い方法などを選択します。

登録が確定し、供給開始日が確定したら登録用メールアドレスに確認用のメールが届くため手続き完了です。現住所での切り替えの場合は、前の電力会社との解約手続きは不要になります。

引っ越し先で契約をお申し込みする方法

引っ越し先で新しくミツウロコグリーンエネルギーと契約を結ぶ場合は切り替え同様インターネットで登録しますが、必要な情報が異なります。引っ越しの場合、必要な情報は以下のとおりです。

  • 引っ越し先の供給地点特定番号
  • 登録用メールアドレス

また、口座振替の場合は銀行口座の情報も用意しましょう。供給地点特定番号は、引っ越し先管轄の一般送配電事業者に問い合わせるとわかります。

情報を用意したら、ミツウロコグリーンエネルギーの公式WEBサイトから「切り替えのお申し込み」を選択して登録情報を入力します。メールアドレスに確認用のURLが送信されるため、24時間以内にアクセスしてログインし、必要事項を入力して手続きを完了させましょう。契約区分は「再点」です。

なお、引っ越しに伴って契約を切り替える場合は前の電力会社に自分で契約解除を申し込まなければなりません。さらに、すでにミツウロコグリーンエネルギーと契約している場合でも、1つのメールアドレスにつき1住所しか登録できないため、引っ越す際は一度解約して契約しなおす必要があります。

電気プランの乗り換え時のよくある質問

  • 電気プランの切替で電気の品質は変わる?
  • 電気プランの切替で停電の頻度は変わる?
  • ミツウロコグリーンエネルギーが倒産した場合は電気がとまる?

電気プランの切替で電気の品質は変わる?

電気プランを切り替えても、電気の品質に違いは発生しません。電力自由化の議論においても、電力の品質については一切の変動がないよう、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるよう設計されており、経済産業省などのHPにも公開されているよう、これまでと全く同一の電気が届けられます。

電気プランの切替で停電の頻度は変わる?

電気プランを切り替えても、停電のリスクが変動することはありません。電力インフラの事故に関しては、短い期間であっても人命や社会インフラの存続に関わるものであり、その復旧に関しては、特定の電力会社や特定プランの顧客優先という視点は存在しません。

また、経済産業省や消費者庁(消費者保護、安全の確保、消費者啓発を目的とした団体)は、電力全面自由化の際、電力の消費者に対して、新電力は停電が増える、電気の品質が変わるといった誤解をしないよう情報発信しています(ご参考)。

ミツウロコグリーンエネルギーが倒産した場合は電気がとまる?

電力会社も企業ですので、日本にある多くの会社と同様、経営努力を怠れば特殊な例外事例を除き、通常は倒産します。ただ、電気の供給断絶は命に関わることもあるため、ミツウロコグリーンエネルギーが倒産等した場合でも、突然電気が止まることはないよう制度設計されています。ただし、倒産してますので、同一の電力会社から電気を購入することはできなくなりますので、その点は注意が必要です。

電気を購入している小売電気事業者が倒産等により事業を廃止する場合、小売電気事業者は契約相手である消費者に対してあらかじめその旨周知しなければなりません。つまり、電気の消費者(みなさま)としては、別の電力会社のプランへ切り替える必要があります。

なお、電気はセーフティネットがしっかりしており、最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が一般送配電事業者に義務づけられています。例えば、それまで供給していた小売電気事業者が倒産等により事業を廃止したような場合には、需要家は、他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることもできます。もちろん、別の新電力と契約することも可能です。

このように倒産した場合であっても、別の新電力との契約ができるほか、セーフティーネットも存在するため、倒産の周知があった際に電力切替の行動を起こせば停電することはありません。ただし、倒産した後も全く何もせず、他の電力会社の料金プランへお申込み等しなければ、電気の供給が止まるおそれがあります。このため、再度ご自身にあった電力会社を探すのは手間であることからも、倒産リスクは電気プラン切替のデメリットと捉えることができます。

まとめ

ここまで、ミツウロコグリーンエネルギーとはどのような電力会社か、料金プランやメリット、注意点などさまざまな特徴について紹介してきました。ミツウロコグリーンエネルギーは再生可能エネルギーでの発電にこだわっており、人や環境にやさしい電力供給を志す会社です。

環境問題に関心がある方、手続きを簡単に済ませたい方、なるべく安価な電気代に抑えたい方は、ミツウロコグリーンエネルギーとの契約を検討してみてください。料金プランはさまざまなものがあるため、自分のライフスタイルに合わせて適切なプランが見つかる可能性が高いです。

さまざまな電力会社を比較し、お得に電力供給を契約して電気代をやりくりすると良いでしょう。

電気料金データベース【ミツウロコグリーンエネルギー】

電気プラン乗換コムでは、各電力会社の電気料金プランの数値情報等をデータベース化しております。それらのデータを下記にて一部出力し記載しておりますのでご参考ください。なお、上記記事の作成日とデータベース調査日が異なるケースがありますので、その点はご留意ください。また、電気料金プランの選択でお困りの方がおりましたら、当サイトでは収集データ等を軸にオススメの電力会社をご紹介しておりますので、宜しければご覧ください。

ミツウロコグリーンエネルギーによる電気料金プランの提供エリアは?

各電力会社が提供する電気料金プランは全国どこでも利用できる訳ではなく、プランによって使える地域・エリアが分かれています。そのため、下記表にてミツウロコグリーンエネルギーが提供する一般家庭用プランの提供エリアをご案内差し上げます。皆さまがお住いのエリアで下記電気料金プランを利用可能であるかご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 提供地域 電力エリア プラン分析ページ
シングル応援プラン(九州エリア) 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、一部離島を除く 九州電力管内管内 「シングル応援プラン(九州エリア)」の分析ページへ
従量電灯C(九州エリア) 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、一部離島を除く 九州電力管内管内 「従量電灯C(九州エリア)」の分析ページへ
従量電灯A(四国エリア) 香川県(小豆郡、香川郡直島町を除く)、徳島県、愛媛県(新居浜市別子山、越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町・吉海町・関前)を除く)、高知県 四国電力管内管内 「従量電灯A(四国エリア)」の分析ページへ
シングル応援プラン(四国エリア) 香川県(小豆郡、香川郡直島町を除く)、徳島県、愛媛県(新居浜市別子山、越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町・吉海町・関前)を除く)、高知県 四国電力管内管内 「シングル応援プラン(四国エリア)」の分析ページへ
従量電灯B(四国エリア) 香川県(小豆郡、香川郡直島町を除く)、徳島県、愛媛県(新居浜市別子山、越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町・吉海町・関前)を除く)、高知県 四国電力管内管内 「従量電灯B(四国エリア)」の分析ページへ
とくとくナイト(四国エリア) 香川県(小豆郡、香川郡直島町を除く)、徳島県、愛媛県(新居浜市別子山、越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町・吉海町・関前)を除く)、高知県 四国電力管内管内 「とくとくナイト(四国エリア)」の分析ページへ
従量電灯B(九州エリア) 福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、一部離島を除く 九州電力管内管内 「従量電灯B(九州エリア)」の分析ページへ
とくとくナイト(中国エリア) 広島県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、兵庫県赤穂市(福浦)、香川県小豆郡、香川郡直島町、愛媛県越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町(四阪島を除く)・吉海町・関前) 中国電力管内管内 「とくとくナイト(中国エリア)」の分析ページへ
従量電灯B(関西エリア) 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部 関西電力管内管内 「従量電灯B(関西エリア)」の分析ページへ
とくとくナイト2(関西エリア) 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部 関西電力管内管内 「とくとくナイト2(関西エリア)」の分析ページへ
従量電灯A(中国エリア) 広島県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、兵庫県赤穂市(福浦)、香川県小豆郡、香川郡直島町、愛媛県越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町(四阪島を除く)・吉海町・関前) 中国電力管内管内 「従量電灯A(中国エリア)」の分析ページへ
シングル応援プラン(中国エリア) 広島県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、兵庫県赤穂市(福浦)、香川県小豆郡、香川郡直島町、愛媛県越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町(四阪島を除く)・吉海町・関前) 中国電力管内管内 「シングル応援プラン(中国エリア)」の分析ページへ
従量電灯B(中国エリア) 広島県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、兵庫県赤穂市(福浦)、香川県小豆郡、香川郡直島町、愛媛県越智郡上島町、今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町(四阪島を除く)・吉海町・関前) 中国電力管内管内 「従量電灯B(中国エリア)」の分析ページへ
とくとくナイト(中部エリア) 長野県、愛知県、岐阜県(飛騨市、郡上市、関ケ原町を除く)、三重県(熊野市(飛鳥町、有馬町、育生町、五郷町、井戸町、金山町、神川町、木本町、紀和町、久生屋町)以南の地区を除く)、静岡県の富士川以西 中部電力管内管内 「とくとくナイト(中部エリア)」の分析ページへ
従量電灯B(北陸エリア) 富山県、石川県、福井県嶺北地方および敦賀市、岐阜県飛騨市(旧神岡町全域、旧宮川村の一部のみ)および郡上市(旧白鳥町石徹白地区のみ)、一部離島を除く 北陸電力管内管内 「従量電灯B(北陸エリア)」の分析ページへ
シングル応援プラン(北陸エリア) 富山県、石川県、福井県嶺北地方および敦賀市、岐阜県飛騨市(旧神岡町全域、旧宮川村の一部のみ)および郡上市(旧白鳥町石徹白地区のみ)、一部離島を除く 北陸電力管内管内 「シングル応援プラン(北陸エリア)」の分析ページへ
従量電灯C(北陸エリア) 富山県、石川県、福井県嶺北地方および敦賀市、岐阜県飛騨市(旧神岡町全域、旧宮川村の一部のみ)および郡上市(旧白鳥町石徹白地区のみ)、一部離島を除く 北陸電力管内管内 「従量電灯C(北陸エリア)」の分析ページへ
従量電灯A(関西エリア) 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部 関西電力管内管内 「従量電灯A(関西エリア)」の分析ページへ
シングル応援プラン(関西エリア) 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(新鹿町、磯崎町、大泊町、須野町、二木島里町、二木島町、波田須町、甫母町、遊木町を除く熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部 関西電力管内管内 「シングル応援プラン(関西エリア)」の分析ページへ
とくとくナイト8(関東エリア) 群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県の富士川以東、一部離島を除く 東京電力管内管内 「とくとくナイト8(関東エリア)」の分析ページへ

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

電気料金プランの想定年間電気代は?

電気料金は基本的に、月額固定の基本料金と、実際に使用した電気量に1kWhあたりの単価を乗じた「従量料金」を合計することで算出できます。これら基本料金や従量料金の単価は各電力会社のHPに掲載されておりますので、電気利用量と基本/従量単価を計算式に当てはめることで、電気料金の水準を算出できます。ただし「基本料金」や「従量料金」の他にも、燃料調整費や市場調整費、もしくは電源調整費等、電力会社によって細かくパラメータが設定されており、実態の電気代と大きく異なるケースもあるため、あくまで下記はご参考としてご参照ください。なお、世帯人数別の電気利用量については、総務省統計局による家計調査の数値をベースとして推計値を算出しています(ご参考))。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン 一人暮らし 二人暮らし 三人暮らし 四人暮らし 五人暮らし 六人暮らし
シングル応援プラン(九州エリア) 60336円/年 106157円/年 121548円/年 130418円/年 142853円/年 172421円/年
従量電灯C(九州エリア) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 136586円/年 164582円/年
従量電灯A(四国エリア) 61217円/年 107365円/年 120152円/年 129743円/年 139333円/年 171301円/年
シングル応援プラン(四国エリア) 60298円/年 109766円/年 123599円/年 133974円/年 144350円/年 178934円/年
従量電灯B(四国エリア) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 142946円/年 170714円/年
とくとくナイト(四国エリア) 51572円/年 76885円/年 83636円/年 88698円/年 93761円/年 110637円/年
従量電灯B(九州エリア) 59922円/年 101462円/年 116225円/年 124624円/年 136586円/年 164582円/年
とくとくナイト(中国エリア) 85940円/年 133183円/年 145781円/年 155229円/年 164678円/年 196173円/年
従量電灯B(関西エリア) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 140702円/年 166442円/年
とくとくナイト2(関西エリア) 81903円/年 121548円/年 132120円/年 140049円/年 147978円/年 174408円/年
従量電灯A(中国エリア) 59329円/年 104769円/年 117364円/年 126810円/年 136257円/年 167745円/年
シングル応援プラン(中国エリア) 59425円/年 108759円/年 122166円/年 132220円/年 142275円/年 175791円/年
従量電灯B(中国エリア) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 150725円/年 179597円/年
とくとくナイト(中部エリア) 87674円/年 137552円/年 150852円/年 160828円/年 170804円/年 204056円/年
従量電灯B(北陸エリア) 57870円/年 98160円/年 111322円/年 119015円/年 129612円/年 155256円/年
シングル応援プラン(北陸エリア) 57503円/年 99449円/年 112980円/年 120950円/年 131825円/年 158393円/年
従量電灯C(北陸エリア) 契約不可 契約不可 契約不可 契約不可 129612円/年 155256円/年
従量電灯A(関西エリア) 58203円/年 102997円/年 115343円/年 124602円/年 133861円/年 164725円/年
シングル応援プラン(関西エリア) 57136円/年 104700円/年 118106円/年 128161円/年 138216円/年 171732円/年
とくとくナイト8(関東エリア) 79726円/年 133731円/年 150020円/年 160307円/年 173167円/年 207455円/年

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。
※基本料金および電力量料金の合算値となります。
※年間電気代は、一人暮らし(30A相当、月間210kWh)、二人暮らし(40A相当、月間360kWh)、三人暮らし(50A相当、月間400kWh)、四人暮らし(50A相当、月間430kWh)、五人暮らし(60A相当、月間460kWh)、六人暮らし(60A相当、月間560kWh)を利用した場合の推計値です。

各電気料金プランのオプションは?

電気料金プランの利用によって、下記のオプションを利用できる可能性があります。それら内容をご確認いただき、皆様のライフスタイルに沿ったオプション内容であれば、電気料金プランの削減メリットと併せて検討材料にして頂けますと幸いです。なお、オプションによっては適用等で費用が発生するケースもございますので、詳細は公式HPをご確認ください。

※横にスクロールで表全体を表示

プラン オプション
シングル応援プラン(九州エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯C(九州エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯A(四国エリア)

見つかりませんでした。

シングル応援プラン(四国エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯B(四国エリア)

見つかりませんでした。

とくとくナイト(四国エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯B(九州エリア)

見つかりませんでした。

とくとくナイト(中国エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯B(関西エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。
とくとくナイト2(関西エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。
従量電灯A(中国エリア)

見つかりませんでした。

シングル応援プラン(中国エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯B(中国エリア)

見つかりませんでした。

とくとくナイト(中部エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。
従量電灯B(北陸エリア)

見つかりませんでした。

シングル応援プラン(北陸エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯C(北陸エリア)

見つかりませんでした。

従量電灯A(関西エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。
シングル応援プラン(関西エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。
とくとくナイト8(関東エリア)
  • ミツウロコでんき安心サポート
    無料で、電気がつかないなどのトラブルに東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートなので、いざという時でも安心です。

※各電気料金プラン各々の調査時点での情報となりますので、最新の正確な情報を把握したい方は、各社のHPをご確認ください。

補足

  • 本ページの情報は推計値等も含まれているため、最新の正確な情報を把握したい方は、ミツウロコグリーンエネルギーの公式HPをご確認ください。
おすすめ電力会社用アイコン 編集部おすすめの電力会社
個人・ご家庭の方
Looopでんき用アイコン
基本料金0円でお得
Looopのプランは基本料金が0円となっており、電気を使った分だけ料金が発生することが最大の特徴です。ポイント等の付与がなくとも問題ない方、電気の利用方法で電気代を徹底的に安くしたい方に推奨できます。価格を追求しながらも、環境や日本社会への貢献にも目を向けた大手の新電力会社となり、特に基本料金のコストを削減したい方におススメです。
idemitsuでんき用アイコン
オール電化で最高峰
idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。特にオール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。
シン・エナジーでんき用アイコン
マイルが貯まる
シン・エナジーの電気料金プランは、JALのマイレージがどんどんと貯まることが特徴です。電気代をお得にしながら、マイルを貯めたい方にとって非常におススメの電気料金プランとなっています。
四つ葉電力用アイコン
完全固定単価で安心
四つ葉電力の「ほっと5.0安心プラン」は、[基本料金][再エネ賦課金][燃料調整費][容量拠出金][託送費]が0円の、電気を使った分だけ完全固定単価での支払いとなる安定性の高いプランです。原油高等による電気代変動の影響を受けたくない方に推奨できます。
法人(高圧)の方

電力会社の一括見積にて電気代削減のサポートをしております。皆様には電気料金明細をご用意いただくのみの簡単作業となります。複数社の見積りを一覧化、どの程度電気料金を削減できるか比較できます。

おすすめガス会社用アイコン 編集部おすすめのガス会社
個人・ご家庭の方
ENEOS都市ガス用アイコン
オススメ都市ガスプラン
石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、都市ガスプランが特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、ENEOS都市ガスに切り替えることで大幅なガス代削減が期待できます。
プロパンガス用アイコン
プロパンガス比較サービス
日本では2万社ほどのLPガス事業者が販売を行っており、価格差が極めて大きいのが業界の特徴となります。LPガス会社の見直しにより毎月のガス料金を大きく抑えられる可能性があり、おススメのプロパンガス比較サービスをご紹介しております。
ページトップへ