使わない家電をリサイクルショップに売ろう

家電は古い製品から、新しいものに買い替えると電気代を削減できます。例えばテレビ。2007年のものから2013年のものに買い替えると年間2375円の節約になり、およそ61%削減できます。

テレビの電気代削減率

出典:新電力ネット

お店に引き取ってもらう

しかし、買い替えた後の古い製品はどうすればいいのでしょうか。いくつかの方法があります。まずは使わなくなった製品を購入したお店に引き取ってもらいます。処分するだけなら、その製品を販売したお店に引き取る義務があります。通信販売や、ネット販売、テレビショッピングなどで買った場合も同じです。

お店に引き取ってもらえない場合もあります。例えば引越しをしてしまってお店から遠くなってしまったり、お店が廃業してしまったり住所が不明、プレゼントされたもので購入先が不明など。その場合は住んでいる自治体に処分方法を問い合わせます。もしくは、使わなくなった製品を一時保管する施設の指定引き取り場所へ自分で持っていく方法です。

家電製品協会

出典:家電製品協会

リサイクル料金がかかってしまう

また、新品を購入するお店に、使わなくなった家電を引き取ってもらうこともできます。こちらも通信販売、ネット販売、テレビショッピングでもできます。ただし、新品を購入する場合でも、引き取ってもらうだけの場合でもリサイクル料金がかかります。リサイクル料金はメーカーごとに異なり、収集・運搬料金は小売業者ごとに違います。

リサイクル料金

出典:経済産業省

買取でお得

使わなくなった家電を引き取ってもらうのにお金を払わなければいけないのは損した気分になりますよね。そこで、壊れていない家電の場合は、逆に買い取ってもらう方法があります。家電を買い取ってくれるお店なら、状態により価格は異なりますが、お金を払わずに済み、むしろお金がもらえて一石二鳥です。

お店によっては、重い家電を宅配で買い取りしてくれたり、送料が無料だったり、全国対応だったり、無料見積もりしてくれたり、家電以外も買い取ってくれたりと様々あります。お店によって対応家電も異なるので、事前にチェックし、自分に合ったお店を選んで買い取ってもらいましょう。

私自身、よくリサイクルショップは活用するのですが、【ecofa(エコファ)】はお勧めです。買取金額も高いことに加え、ほかのリサイクルショップでは買い取ってくれない家電なども良い値段をつけてくれます。ただ、そうしたメリットがある反面、電話ではなく、ウェブでの申込が必要なようです。電話対応にかかる人件費等を圧縮し、買取金額に上乗せしているのでしょうか。私にとっては買取金額が重要なので、よく利用します。

ゲームやCD、スマートフォンなどの小物はBUY王(バイキング)もお勧めです。BUY王のHPに掲載されているキャンペーンコードを入力すると、買取金額がアップします。キャンペーンコードがある理由は、恐らくですが、ウェブ経由の申し込みを促すことで、電話対応の人件費を圧縮したいのだと考えています。3000円以上買取金額がアップするときもあるので、個人的には文句はない仕組みです。

補足として、リサイクルではないのですが、レンタルサービスを展開している【ReReレンタル】があります。私の場合、旅行に行くとき、良いカメラをたまにレンタルします。年に一度くらいなので、レンタルの方がお得だと感じています。

親指でんきで2000円分クオカード

Looopでんきと同じ価格のプランです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。2018年10月31日までに申し込んだ方にはAmazonギフトカード2000円分が進呈されますので、合計で4000円分のメリットを受け取ることができます。

キャッシュバック用リンク

looopでんきで500円分クオカード

ポイント等のオプションを付けないことで、シンプルに価格が安いプランです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で500円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク

500円(クオカード)キャッシュバック!電気代の安さに特化しています!

楽天でんきで1000円分クオカード

楽天ユーザーはポイントが貯まるのでオススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で1000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

キャッシュバック用リンク