おすすめ家電

加湿器の電気代

加湿器とは室内気の加湿のために使う電化器具です。機器内部に収容されている水分を空気中に放出し、加湿します。加湿器は主に、スチーム式・超音波式・気化式・ハイブリット式に分類されます。

スチーム式(スチームファン式)は、電熱により水を沸騰させてそのスチームを送風機(ファン)によって放出・拡散させるものです。

ファンがないものは単にスチーム式といいます。市場価格が二千円前後の安価な加湿器はスチーム式が多いです。加湿能力が大きいですが常時煮沸状態のため消費電力も高めです。

消費電力は200〜300ワットと小型の電気ストーブほどあり、1時間あたり約9〜10円の電気代がかかる場合もあります。放出されるのは沸騰後の蒸気であり、比較的にカビや雑菌の繁殖が抑えられています。

使用時やスイッチ停止後もしばらくは高温の熱湯や蒸気が本体に貯まっているので注意する必要があります。超音波式は超音波によって水を微細な粒子にして放出するものです。

消費電力が小さく加熱した蒸気を放出しない安全性があり、本体サイズを小さくできるなど数々のメリットがあります。水に含まれるものすべてを空中に放出するのが特徴であり、アロマエキスを入れておくことで香りを楽しむことなどもできます。

しかし、水に含まれるミネラルや貯水タンク内の雑菌などもすべて放出するので、水道水のミネラルが析出して白粉が大量発生し電子機器の故障原因や部屋の汚染の原因となったり、繁殖したレジオネラ菌などの雑菌による肺炎や熱性疾患が発生するなど、加湿器病の原因になるとして注意が喚起されています。

気化式は送風機により水を含んだ目の粗いスポンジ状のフィルターや不織布などに空気を通して加湿するものです。消費電力は小さく加湿能力も小さいです。

そのため、製品としては本体が大きくなるか、ファン(インペラー)の騒音がうるさくなりやすいです。ファンを用いない自然気化式もあります。

フィルターにカビが発生したりしやすいため、タンクの水を除菌したり、フィルターに抗菌コートを施したりする製品が多いです。

また、水道水に含まれるミネラルにより目詰まりを起こすため、定期的なフィルター交換が必要となります。ハイブリッド式は、基本的には気化式ですが、湿度が低下した場合に他の方法に切り替えるものです。

気化フィルターに含ませる水をお湯にするものや、電熱により送風する空気を温めてフィルターを通すものなどがあります。装置が複雑になるため、他の方式に比べ高価です。

おすすめの加湿器をお探しの方は、下記の記事をご参考ください。

家電製品は高度経済成長期に入り、急速に一般家庭へ普及していき、生活を豊かにしてきました。今日では多様な企業が家電作りに参入、各々のメーカーにより開発が進められ、日進月歩で機能が洗練されております。当サイトでは、加湿器を購入するうえでチェックするべきポイントを年度ごとに整理し、おすすめの製品をご紹介しております。

加湿器の電気代について

年間の電気代(目安):3614円

※加湿器10製品から平均値を算出
※1日8時間、年間180日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

加湿器の省エネ方法

加湿器を利用するにあたり、少ない電気代で効率的に運用できる方法をご紹介いたしますので、宜しければご参考ください。

部屋に合った加湿器を使う スチーム式・ハイブリッド式の加湿力が高く広い部屋に向き、超音波式・気化式は加湿力が落ちますが消費電力も低くなるので、節電できます。
加湿器以外でも加湿する お湯を沸かしたり、ぬれたタオルを干したりすると湿度が上がり、加湿器を強く運転しなくて済むので節電になります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、大幅に電気代を削減できます。下図のように、2008年製(4344 円)から2018年製(1151 円)に買い替えると、-3193 円(-73.50 %)の電気代削減が期待できます。

年度 年間電気代の目安 削減額
2008年 4344 円 ーー
2018年 1151 円 -3193 円(-73.50 %)

※各年度毎に加湿器5製品から平均値を算出(2018年度の製品が製造されていない場合、直近年度の製品情報から算出)
、1日8時間、年間180日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

大きさによる電気代

一般的に、サイズが大きいものほど電気代は高くなります。

サイズ(幅×高さ×奥行mm) 電気代(円)
小~中(~200×~300×~100) 1357
大(201~×301~×101~) 3444

※各サイズ毎に加湿器5製品から平均値を算出
※1日8時間、年間180日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

システム・機能による電気代

一般的に、部屋の広さが大きいものほど電気代が高くなります。

部屋の広さ(畳) 電気代(円)
~10 1512
~20 4704
21~ 10080

※各システム・機能毎に加湿器5製品から平均値を算出
※1日8時間、年間180日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

【2019年最新版】おすすめ家電一覧をご紹介!!

電気プラン乗換コムでは、様々な家電のおススメ製品をご紹介しております。ご購入を検討している家電がありましたら、記事を読んでいただく事で、きっと良い製品に出会えるものと自負しております。

キッチン家電 電気コンロフードプロセッサーヨーグルトメーカー製麺機電気圧力鍋かき氷機ホットサンドメーカー製氷機電気ケトル電気蒸し器電気フライヤーノンフライヤーフィッシュロースターホットプレートIHクッキングヒーターオーブントースターミキサーコーヒーメーカーホームベーカリー整水器冷凍庫食器洗い乾燥機電気ポット電子レンジ炊飯器冷蔵庫
生活家電 電動歯ブラシマッサージチェアロボット掃除機布団乾燥機 ズボンプレッサーくつ乾燥機足湯器電動自転車電動シュレッダーアイロンミシン生ごみ処理機ワインセラー高圧洗浄機衣類乾燥機掃除機洗濯機
暖房・空調機器 扇風機アロマ加湿器電気毛布オイルヒーターハロゲンヒーターセラミックヒーターファンヒーター加湿器空気清浄機電気ストーブ石油ストーブガスストーブ床暖房電気こたつ電気カーペットエアコン
照明 LED電球白熱電球電球形蛍光ランプ
AV機器・カメラ デジタルカメラ浴室テレビコンポプロジェクターテレビ液晶テレビ4Kテレビ
PC・周辺機器 プリンター
給湯器・住宅設備 温水洗浄便座
美容・健康家電 レディースシェーバー家庭用脱毛器フェイススチーマーカールアイロンストレートアイロンカールドライヤーメンズシェーバードライヤー
その他 電子ピアノスマートフォンデジタルフォトフレームインターホン

looopでんきで4000円分クオカード

ポイント等のオプションがなく、シンプルに価格の安さに特化したプランです。looopのサイトでキャンペーンコード「1gjfit」を入力いただくことで、追加で4000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

looopでんきについて

出光昭和シェルでんきで5000円分クオカード

一人暮らしでもお得であり、特にオール電化において最高水準のプランです。出光昭和シェルのサイトでキャンペーンコード「84845」を入力いただくことで、追加で5000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

出光昭和シェルでんきについて

楽天でんきで1000円分クオカード

楽天ユーザーはポイントが貯まるのでオススメです。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で1000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

楽天でんきついて

ミツウロコでんきで10000円分クオカード

東京ガスエリア内において最高峰の料金プランとなります。ミツウロコのサイトでキャンペーンコード「raul05188」を入力いただくことで、追加で10000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

ミツウロコでんきについて

親指でんきで2000円分クオカード

ペットを飼っている方におススメの電力会社です。当サイト経由でお申込いただくことで、追加で2000円分のクオカードをキャッシュバックいたします。

親指でんきについて