秋における電気・ガス・水道の平均額

皆様は、毎月支払っている光熱費が平均と比較してどの程度の水準であるかご存知でしょうか。そうした光熱費の平均額に関するデータについては、総務省統計局による「家計調査」に推定値が記されており、高精度な統計情報として参考にできます。

ただし、「家計調査」は日本の全世帯に対する調査ではなく、ある一定の数のご家庭などから取得したデータを元に、日本全体の数値を推定したものであるため、厳密には正確な平均値ではありません。しかし、国内に存在するデータの中では最高水準の正確性と信頼性を持っていると考えられます。

このように厳密な平均値ではないものの、この「家計調査」より抽出したデータを参考に集計し、下記にておおよその光熱費の平均値や家計に占める割合を整理しております。この料金をご参考いただくことで、皆様がお支払いの光熱費がどの程度の水準であるかご確認いただくことができます。

なお、家計調査による2020年度のデータを参照すると、平均的な電気代は8500円、ガス代は3037円、その他光熱費(灯油・薪等)は545円、水道代は4225円という結果になりました。また、各光熱費におけるエリア・世帯人数・季節別データをご覧になりたい方は、下記リンクにて分かりやすく整理しておりますので、ぜひご参考ください。

[HISでんき]非常に安価な電気プラン

HISでんきは、HISグループの電力会社「HTBエナジー」が提供する電気料金プランです。シンプルに価格の安さに特化しており、安定して電気代を安くしたい方におススメのプランです。旅行事業を母体とした電力会社ではありますが、家庭向けの低圧料金プランは特筆すべき水準の料金となっています。主力のメニューとなる「PRIMEプラン」は、一人暮らしから大家族でも非常にお得になる料金構成です。

HISでんきについて

[idemitsuでんき]オール電化で最高峰

idemitsuでんきは、出光興産が提供する電気料金プランです。オール電化住宅において最高水準に安価な専用プランがあります。オール電化向けという観点では、一人暮らし~大家族まで国内で最高峰の料金構成となっている電気プランの一つと言えます。また、EVユーザーの方も深夜電気で蓄電できるためおススメです。

idemitsuでんきについて

[ENEOSでんき]都市ガスがお得

石油元売りとして国内最大の規模を持つENEOSは、電気/ガス料金プランのセットがおススメです。特に都市ガスが単体でも特筆すべき水準の価格構成となっています。ただし、東京ガス/京葉ガスエリア限定の部分がネックです。しかしそれらエリアにお住いの方であれば、電気とガスをENEOSにまとめることで大幅な光熱費削減が期待できます。

ENEOSでんきについて

LP(プロパン)ガスの料金が高いとお困りの方、簡単無料見積

ガス屋の窓口